マニュファクチュール

共有:
IWC Watches

Watches From Schaffhausen

— IWCのタイムピースが秀逸な理由

IWCの哲学

スイスの大半の時計マニュファクチュールはフランス語圏に本拠地を置いているため、シャフハウゼンは時計産業における陸の孤島のような存在です。しかし、このような特異な地理的条件があったが故に、1868年以来、IWC独自の哲学が培われてきました。IWCは技術と製品開発に焦点を当て、永遠の価値をもつ精密なタイムピースを、ライン川のほとりで製造し続けています。革新性あふれるソリューション、技術的な創意工夫への情熱をもって、IWCは世界的に認められる高級時計のマニュファクチュールとなったのです。当社は高級時計の分野における世界屈指のブランドとして、究極の精度と独創的なデザインを融合させて、高級時計のマスターピースを製造しています。シャフハウゼンから生まれたこのブランドの名声の一番の基盤は、高い資質を持つ時計師たちが、ミニッツ・リピーター、トゥールビヨン、永久カレンダーといった自社製ムーブメントや複雑機構の製造工程をすべて習得しているという事実の上に成り立っています。IWCが謳う卓越性、“Probus Scafusia”(プローブス・スカフージア)、すなわち1903年に誕生した「シャフハウゼンの優秀な、そして徹底したクラフツマンシップ」という卓越性を追求するモットーは、IWCで働く時計デザイナーや製造技術者にとって、大きな挑戦であると同時に、より良いものを製作するための情熱が込められた原動力でもあります。

IWCの理念は、時計製作への熱き情熱と、
弛まぬ起業家精神、
完璧なクラフツマンシップに基づいています

—トゥールビヨンは、81個の非常に小さなパーツからできている。パーツの組み立てには大変な集中力が求められる

IWCの時計はすべて熟練した時計職人の手により仕上げられます。彼らは経験を積んだ鋭い目と優れた工具を活かしながら、手を巧みに動かして、1つ1つのパーツを丹念に組み立て時計を作り上げていきます。IWCの時計は、その正確さ、機能、デザインのどれ1つをとっても緻密な技の見事な手本であり、時計職人の頂点を極める芸術なのです。

開発

IWCの時計が初めて時を刻むまで

—新しい時計の開発には、デザイナーとエンジニアが密接に連携する

設計とデザイン

新しいモデルの開発が開始されるとき、初めに時計デザイナーや製造技術者が本当に目指しているものは何か、その時計が複雑機構の新たな基準を打ち出すものとなることを求めているのか、一番強化したいポイントはパワーリザーブなのか防水性なのか、といった問題に答えを出さなければなりません。最初の段階で、まずコンピューター支援設計(Computer-Aided Design)により、構成部品が「モデル化」されます。この際、エンジニアとデザイナーの協力、そして最先端製造技術の統合が非常に重視されます。時計デザイナーは、製造技術者と密に対話を重ね、形状と機能を最もよく調和させる方法の決定において重要な役割を果たします。文字盤、ストラップ、ブレスレット、表示の配置、素材と色彩の選定、表面の仕上げは、常に建設的なチームワークによって必然的に決定されます。技術的偉業や魅力的なデザインに加え、実際に時計を着けたときの感触といった、より感情に訴える面も重要な部分です。それゆえ、ケースの縁の感触やプッシュボタンの作動の仕方、リューズの音まで十分に配慮されます。製造技術者と時計デザイナーが、古い設計図からインスピレーションを得ることも珍しくはありません。それは、IWC独自のスタイルを継承し続けてきた過去の時計製造のパイオニア達への尊敬の念があるからです。

共有:

それはIWCの歴代の先駆者、
すなわち時計製造のパイオニアに対する
敬意の念なのです

—三次元測定機で地板の精度を点検する
—エンジニアと共に、時計デザイナーは
外観と機能性の理想的な調和を決定する

品質管理

厳しい検査やテストプログラムに支えられた高度な開発と品質管理のシステムによって、IWCは最高級の品質を保証します。使用される高度な科学的方法には、三次元モデルを利用したコンピューター・シミュレーションやX線を用いた材料分析、着用および耐衝撃テストなどが含まれ、極限の状況下や日常生活の使用条件下における時計の実用性をテストします。高速カメラやレーザー測定機器を利用することで、極めて小さな動きも検査することができ、パーツがどれだけの圧力に耐えられるかを精密なソフトウェアが厳密に計算します。

歯車、レバー、軸、歯の形状やゼンマイの寸法などの細かな部分については、開発の初期段階から、予想される誤差要因を調べます。IWCは、この工程を「誤差要因分析」と呼んでいます。また、開発者は、IWCの腕時計がいつまでも動き続け、何年先でも修理ができるように、信頼性が高く、アフターサービスが容易にできるデザインを設計します。

テスト

プロトタイプから製品化に至るまでの長く険しい道のり

—水漏れがないことを確認するため、密封された時計のケースを水中に沈め、数分間様々な圧力をかけて防水性を検査する

クオリフィケーションと承認プロセス

「クオリフィケーション」という言葉は、新製品のプロトタイプ、あるいは試作段階のモデルが承認を受ける工程の一部として設計された、数ヶ月かけて行われるおよそ30の過酷なテストのプログラムを意味します。これらのテストでは、時計に想定される長い寿命において、日常生活および極限の使用状況下で起こり得る様々な現象を凝縮してシミュレーションします。厳しいテストに合格したいくつかのプロトタイプに基づいて試作品の製造を行い、それらにまったく問題が生じないことが確認されてはじめて製品化へ移ります。こうしてIWCの伝説にまた素晴らしい章が書き加えられるのです。

衝撃テスト

衝撃テストでは、時計に様々な加速度を加えます。通常の重力加速度は1G=9.81m/s²です。ケースに入った重さ100グラムの時計に100Gの重力がかかった場合、時計の構成部品が短時間に受ける力は10キログラムに相当します。IWCの「パイロット・ウォッチ」は、遠心加速器において、数分間30Gの力を加える試験にも合格しています。振り子型衝撃試験機でのテストでは、コンマ数秒間、5,000Gの力が時計に加えられます。このテストは、硬い木のフローリングの上に1mの高さから時計を落下させた場合の衝撃をシミュレートしたものです。最も過酷なテストの一つが「耐衝撃テスト」です。このテストにおいて、時計は小さな箱の中で何時間も揺すられ(加速度25Gのシミュレーションで140,000回、加速度100Gで94,000回、加速度500Gで960回)、あらゆる角度から衝撃が加えられます。

—全自動検査装置で疲労テストを受ける
プッシュボタンとリューズ
—気候テストの間、時計はマイナス20度からプラス70度までの温度変化に耐え抜かなければならない

摩耗テスト

摩耗や破損が起こりやすい構成部品については、最低限の要件をテストで確認するため、設計段階のできるかぎり早い時期に製造されます。例えば、「アクアタイマー」の回転式ベゼルの場合、1日4回の潜水を10年間行うのに相当する疲労試験を行います。IWC製ダイバーズ・ウォッチの回転式ベゼルは、汚れた水の中でも高い性能を維持しなければなりません。リューズとボタンのテストでは、クロノグラフのプッシュボタンを10,000回、時には20,000回も操作し、摩耗と破損への耐久性を検査します。

気候テスト

気候テストでは、時計が使用される可能性のあるあらゆる温度条件の下で、体系的に試験が行われます。地理的条件で言うと、北のアラスカから南のサハラ砂漠、ブラジルの熱帯雨林にまで及びます。このテストでは、数日から数週間の間、時計を試験室に置いて、摂氏–20度から+70度にまでおよぶ気温差と湿度95パーセントという極端な温度変化にさらします。次に、時計の歩度を長期に渡り測定します。自動式多重レベルマイクロホンを利用して、時計の鼓動の規則性を調べます。

腐食・紫外線テスト

摂氏37度の塩水電解槽に2週間漬け込むテストは、日常使用だけでなく濃度の高い塩水中でも腐食しない素材だけが選ばれていることを保証するものです。また、文字盤は数日間強力な紫外線にさらされ、色の変化がないことを確認します。

実地テスト

定例のテストは研究所で行われますが、もちろん、時計が使用される実際の生活環境をすべてシミュレーションできるわけではありません。そこで、あらゆる新製品は発表前に社内外の人が実際に着け、日常生活で普通に使用して試します。モデルによって異なりますが、実際にIWCの時計を着用した状態で薪を割ったり、ダイビングをしたり、ゴルフをしたり、マウンテンバイクに乗ったり、高度3,000mに登ったりして、性能を確認しています。

共有:
—「アクアタイマー」ダイバーズ・ウォッチは、
耐腐食性テストとして摂氏37度の塩水槽に
2週間浸され続ける

組み立て

IWCにとって、ハイテク技術とクラフツマンシップは相反するものではありません

—CNC旋盤の上で、地板は数百分の1ミリという精度で加工される

製造技術

ムーブメントのパーツ製造においては、CNC(Computer Numerical Control:コンピューター数値)制御のフライス盤を用いてさまざまな素材が加工されます。表面加工を終えたパーツの一般的な許容差はわずか+/-0.02mmですが、場合によっては+/-0.002mmまでとなります。加工を終えたパーツは、手作業または放電加工機で仕上げられます。CNC放電加工機は主としてムーブメントのパーツ製造に利用されます。パーツの表面の荒さは、0.005mmの許容差まで制御することができます。さらに、精密なEDMマシンでは、許容差を0.001mmまで高めることができます。

ムーブメントの組み立て

ムーブメントの組み立てでは、巻き上げ機構、輪列、脱進機を組み合わせ、次に「レグラージュ」、すなわち時計の精度調整が行われます。モデルによっては、自動巻き機構やクロノグラフ機構、あるいはカレンダー機構や積算計などがさらに加わります。とりわけ複雑な作業が、脱進機の調整とテンプを水平に保ち正確に作動させるための調整です。これは手作業でしか実現できない極めて精密なプロセスであり、いかなる機械もそのレベルの高さには遠く及びません。機能や精度調整は、組み立ての各段階で継続的に点検と修正が行われます。この後、複雑機構部門の卓越した技術を持つ時計職人により、永久カレンダーやスプリット・セコンド機構などの複雑機構が、ベースとなるムーブメントに組み込まれます。さらに特殊機構部門では、トゥールビヨンやミニッツ・リピーター機構が組み込まれます。このようにして、いくつかの組み立てと調整段階を経て、ムーブメントがケースの中に搭載されるのです。

—ローターやテンプ、脱進機を配置するには、
鍛え抜かれた目と鋭い直感が求められる
—フライス盤の上で、ケースのラグが仕上げられていく

機能調整の後、熟練の職人技によって
IWCの規格に合うよう、パーツ表面に
仕上げ加工が施されていきます

ケースの製造と組み立て

精度と費やす労力という点においては、ケースの製造も、時計製造における他の段階に勝るとも劣りません。貴金属製の時計の場合、ケース部品は鋳造された状態で納品されます。ステンレススティール製やチタニウム製のケースの場合、棒状で納品された後、CNC旋盤やフライス盤によって加工されます。部品の真円度公差は、0.01mmに値する正確さが要求されます。フライス盤は、ストラップやブレスレットのためのラグのカットや、リューズやプッシュボタンのためのケーシングリングへの穴開け、また、「インヂュニア」モデルなどの複雑なオープン・フェイス製造のために使用されます。機能の検査後、緻密な職人技により、パーツの表面がIWCの基準に合うように仕上げられます。パーツの縁は面取りによって滑らかに仕上げられ、必要な部分には小面が作られ、旋盤加工、フライス盤加工など製造工程でできた跡はすべて取り除かれます。表面には、ポリッシュ、サテン、ブラスト仕上げが施されます。また、ケースの一部に、外観からは見えない所まで施されるペルラージュなどの装飾仕上げは、それぞれの専門部門で行われます。最後に、防水性や外観など一連の複雑な検査を経て、ケースの製造工程は終了となります。

—文字盤、針、ケーシング部門では、すべての工程が手作業で行なわれる

文字盤、針、ケーシング

これらの部門では、すべての作業が手作業で行われます。モデルによって異なりますが、職人たちは、手作業や特殊な工具を使って文字盤を完璧に時刻調整されたムーブメントに取り付けます。針も同様です。針は、軸に対して正確な高さで強度をもってしっかり固定されなくてはなりません。クロノグラフの場合は、針が元のゼロ位置に正しく戻らなくてはなりません。ムーブメントはネジと小さなプレートで、ケーシングリングを介してケースに固定されるか、直接ケースに固定されます。ムーブメントをケーシングリングで固定する場合、ケーシングリングは裏蓋のジグザグスプリングによって保持されます。巻き真は1本ずつ調整されます。リューズを巻き真に留めるには、特殊な接着剤が用いられます。

最終検査

10日間にわたって、自動巻きムーブメントは常にローターが回転する状態に保たれ、手巻きムーブメントは1日おきに完全に巻き上げられます。この検査中に歯車とカナが完璧に噛み合うか、必要な箇所にすべて注油が施されているか点検されます。

品質保証工程は、厳しい最終検査をもってすべてが終了します。最後に、ムーブメントを完全に巻き上げてから、日常生活での実用性検査が行われます。この状態で精度を計測し、機能と外観を検査し、一連の特殊検査で耐空性および防水性能を確認します。ライン川のほとりにあるIWCから出荷されるすべての製品の品質はまったく疑う余地がありません。この一貫した品質保証工程による厳格な品質基準の保持を、IWC製品の未来のオーナーとなる方々にお約束します。

共有:
—品質保証のプロセスは、広範にわたる
厳しい最終検査をもってすべてが終了する

カスタマイズ

エングレーヴィング:違いを際立たせる芸術的な装飾

—エングレーヴィングによって
時計に新たな個性を授ける

IWCの時計は、個々に独特な個性を備えています。しかし、ご自身のポケットウォッチや腕時計に更なるオリジナリティを与えてほしいとお客様のご要望をいただくことがあります。最先端の技術のおかげで、IWCが提供するエングレーヴィングの選択肢は限りなく広がっています。実際に、自分だけのオリジナルの時計にするために、いかなる特別なご要望も叶えることができます。「Engraving(エングレーヴィング)」という言葉は、フランス語の「graver(グラヴェール)」に由来し、元々「溝を刻む」という意味をもっています。木材や石、象牙、金属などに絵や模様、あるいは装飾や文字を彫り込むことは、時計に味わい深い陰影を与え、一個人の特別な想いを永遠に残すための有効な手段です。「アクアタイマー・クロノグラフ “エクスペディション・ジャック=イヴ・クストー”」や「インヂュニア・クロノグラフ・ジルバープファイル」の裏蓋に刻まれた芸術的なエングレーヴィングは、こうして後世に受け継がれていきます。さらには、イニシャル、日付、家紋、会社のロゴ、個人的な献辞などのエングレーヴィングを施すことによって、世界でたった1つしか存在しないIWCの時計へと姿を変えるのです。

アフターサービス

世代を超えて愛されるIWCの時計

—IWC正規サービスセンターやシャフハウゼンのIWC本社では、お客様に時計を高い精度のまま末永くご愛用していただくために、アフターサービスを提供している

アフターサービスと修理

「世界25カ国の200人に及ぶ時計師と技術者が、1868年の創業以来に製造されたどんな時代の時計でも、修理やオーバーホールを受け賜ります。また、IWCでは、どんなに詳細な情報でも確認できるように、1885年以降市場に送り出された製品の1つ1つについての詳細な記録を保管しています。

修理部門の中心部に部品倉庫があります。膨大な量の部品は、きちんと分類整理されています。IWCの時計が世代を超えて受け継がれ、愛され続けることを考えると、オリジナルのスペアパーツの保存は非常に大切な要素となります。動く部品の摩耗や、オイルとグリースの経年劣化を防ぐため、時計は2年ごとに点検を受けることをお勧めいたします。また、5年に1度を目安にコンプリートサービスをお受けください。時計の使用方法や使用環境により、サービスの間隔は個々の製品で大きく異なります。

高性能機械式時計は、原則的に
4~5年に一度、コンプリートサービスを
ご利用していただくようお勧めします

—ムーブメントを完全に分解し、各部品の摩耗や損傷を入念に検査、必要に応じて修理や交換を行う
共有:

アフターサービスの終了後、時計は
5日間におよぶ一連の厳しい最終テストに
かけられます

アフターサービス

メンテナンスサービスでは、ケースからムーブメントを取り出し、脱進機とテンプの洗浄と注油を実施します。また機械式ムーブメントの場合は磁気を除去し、クォーツ式ムーブメントはバッテリーを交換します。また、ケースとブレスレットおよびスクラプのクリーニングも行います。これに加えて、ムーブメントの再調整、パッキン交換、防水性や各機能の最終点検も行います。

コンプリートサービス

コンプリートサービスでは、ムーブメントを完全に分解し、各パーツの洗浄を実施します。その後専門家が一つ一つの構成部品を丹念に点検し、必要に応じて修理や消耗部品の交換を施します。次に時計を組み立て直し、必要箇所に潤滑油を注油します。最後に、時計の精度を検査し、ムーブメントを再調整します。

ケースも完全に分解され、必要に応じて傷の研磨を行い、ケースとブレスレットは、研磨やポリッシュ仕上げ、角磨きが施された後、洗浄されます。時計をお客様にお返しする前には、数日間に及ぶ徹底的な検査を行います。これほどまでに長い時間を費やすからこそ、IWCは長期にわたり時計の精度や防水性を保証することができるのです。

IWC時計のオーナーである皆様は、こうしたサービスを利用することでご愛用いただいている時計の寿命を長く保つことができます。IWCの公式ウェブサイトIWC.comまたはパンフレット「IWC service」でお手入れ方法やアドバイスをご覧いただけます。パンフレットは、IWCブティック、IWCサービスセンター、または正規取扱販売店で配布しております。

—1885年以降に製作されたすべての時計を追跡できるIWCの台帳。台帳はIWCミュージアムに展示されている

IWC証明書

IWCが築き上げた一つ一つの時計の歴史は、熟練の時計職人たちが長い時間を費やして時計の細部まで完璧に仕上げた工房に始まります。製品の足跡を完全にたどれるように、IWCは1885年より全製品の詳細なデータを当社の台帳に記録してきました。出荷日、キャリバー、素材、ケース番号、そして後のモデルではレファレンス番号が記録されています。時計を受け継がれた方や次にご購入された方は、お持ちの時計についての正確な情報を有償にて入手でき、時計の真贋を確認することができます。時計の詳細は、証明書に記載されます。

証明書の発行には、時計を最寄りのIWCブティック、正規取扱販売店もしくはIWCテクニカルサービスセンターまでお持ちいただくかご送付ください。シャフハウゼン本社で、熟練した時計師による入念な検証作業が行われます。

コレクターが所有する特定モデルの市場価値に関しては、IWCより情報をご提供することはできません。市場価値は、需要と供給の関係のみでなく、ムーブメントやケースの状態にも影響を受けるためです。

万が一、紛失や盗難に遭われた場合は、警察およびIWCへ書面にて詳細のご連絡をいただきますようお願い申し上げます。時計がIWCサービスセンターに持ち込まれた場合に認識できるよう、当社にて当該製品のケース番号、または近年のモデルの場合は商品番号を特別な台帳に記録いたします。この方法により、紛失した時計が正当な所有者の元に戻ってきた例が多数あります。

時計を引き継いだ後の所有者や
購入者であっても、時計の詳細や当時の
納品先であった正規取扱販売店について
正確な情報を得ることができるのです