IWCは、「クストー財団」のパートナーです

共有:
—ジャック=イヴ・クストーがかつて使用していた調査船「カリプソ」号は、世界の海洋保護のシンボルとしてよく知られている。現在、IWCの支援の下、この船の修復作業が続けられている

ジャック=イヴ・クストーは伝説の人物として語り継がれています。 地球というこの美しく青く、そして壊れやすくもある惑星が、この上なく愛すべき対象なのだと人々に啓蒙することが彼の冒険の目的のひとつでした。もうひとつの目的は、もちろん科学調査です。彼が生涯を懸けて取り組んだ研究のおかげで、海洋生物に対する深い敬意と、それを積極的に保護しようとする気運が生まれたのです。今日ほど絶滅危惧種の保護が必要とされている時代はありません。IWCはそのために惜しみない支援を続けています。

ジャック=イヴ・クストーは、情熱的なエンジニア、発明家、研究者、そして映画プロデューサーとして情熱的に活躍した人物でした。彼はその全生涯を“深海”という魅惑の世界に捧げました。主要な潜水調査のリーダーであり、また政治的にも熱心に働きかけた彼にとって、海洋探査のおもな目的は、崩れやすい海洋生態系のバランスを保護し維持することにありました。ごく普通の人々が、掛け替えのないこの青い惑星の素晴らしさに気づき、それを理解し、ひいては慈しめるように、ジャック=イヴ・クストーは、その手助けとなるあらゆることに力を尽くしました。事実、彼は120本を超える映画を製作し、多数の本を執筆し、何百本もの記事を雑誌に寄稿し、様々な科学機器の発明や改良に取り組みました。赤いキャップとスレンダーな体つきがトレードマークだったクストーは、「アクアラング」の共同発明者としても知られています。ダイバーに、長時間にわたる深海調査の手段を与えたこの装置の登場によって、人類は未知なる世界への扉を開いたのです。

クストー財団、ならびにIWCシャフハウゼンが、次に照準を合わせる大望は、世界で最も有名な調査船の修復です。

—深海のパイオニアであるジャック=イヴ・クストーが
製作した映画は、何百万人という人々の心に
自然環境に対する敬意を呼び覚ました

今なお息づくクストーの志

1973年、ジャック=イヴ・クストーは、海洋環境の保護を目的とする非営利団体「クストー財団」を設立しました。現在の会長はジャック=イヴ・クストーの妻、フランシーヌ・クストー夫人で、全世界に5万人を超える会員を有しています。7割以上を水に覆われた地球というこの惑星にかろうじて生きる生命のはかなさ――その事実を何百万という人々に理解し認識してもらうために、同財団は今でも、世界中の生態系を対象にユニークな調査と観察を続けています。半世紀におよぶ海洋保護活動の結果、同財団は「クストーレーベル」を始めとする多種多様なプログラムを運営できるほど拡充、自然環境との持続可能な調和を目指すコミュニティ作りを支えています。

クストー財団とIWCシャフハウゼン

2004年、IWCはクストー財団が実施した紅海での遠征調査に同行しました。これは同財団にとって企業との初の共同事業となりました。初遠征から50年後となるこの記念すべき航海は、サンゴ礁の状態に関する詳細な調査を目的としていました。その結果は様々な出版物として公開され、科学的に大きな貢献を果たしています。クストー財団ならびにIWCシャフハウゼンには、次に照準を合わせる大望があります。それは世界で最も有名な調査船「カリプソ号」の修復です。「カリプソ号」はジャック=イヴ・クストーが40年以上もの間、7つの海を旅するのに使用した伝説の海洋調査船にほかなりません。掃海艇を改造した立派な船でしたが、1996年にシンガポール港で衝突事故に遭遇、多大な損傷を受けて沈没しました。そして何年も放置された後、ようやくフランスのコンカルノーにある特別な埠頭に移送され、現在はそこで極めて複雑な修復作業が進められています。クストー船長の名声を継ぎ、その名を記す旗を掲げる「カリプソ」号は、世界の海を守るアンバサダーとして再び世界の海を巡ることでしょう。IWCシャフハウゼンは、共同スポンサーとして「カリプソ」号の修復費用の一部を負担しています。IWCはこの遠洋航行のパイオニアを讃えて、これまで4点の特別限定モデルを発表しています。そして、5作目となるのが 「アクアタイマー・クロノグラフ “ジャック=イヴ・クストー”」 です。著名な研究者にして映画制作者であった故クストーの、2010年6月11日、彼の生誕100周年を記念するモデルです。

クストー財団の世界をお楽しみください: www.cousteau.org