IWCは「ローレウス・スポーツ・
フォー・グッド財団」の
グローバルパートナーです

共有:
—「マジックバス」は、レクリエーションやスポーツ活動を通じて、社会の底辺で暮らす子供たちに、より良好な生活を追い求める機会を提供しています

企業としての社会的な責任を果たすべく、IWCは2005年から「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」の主要スポンサーを務めています。同財団は、トップレベルのスポーツ活動と社会貢献を提供する団体です。

ローレウスは「ローレウス・ワールド・スポーツ・アカデミー」「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード」の3つから構成されています。ローレウスの理想を映すこれら3部門を柱に、スポーツの力を利用しながら、社会的な改善を推し進め、スポーツの素晴らしさを世に広めています。

ローレウスの核となるコンセプトはシンプルで素晴らしく、しかも大胆です。実際、スポーツ界で今まさに活躍しているヒーローたちに、彼らの功績を讃える国際的な賞を設けたり、ローカルルールによって乱立する異なる記録や成績を束ねて、スポーツを愛する人々をひとつに団結させたりしています。そうしてできたコミュニティで「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」は支援者や後援者に協力や支援、投資機会を提供しています。ローレウスはシンプルながら有意義なプロジェクトを実施し、社会に変化をもたらす手段としてスポーツを活用、世界各国の社会的なプロジェクトに貢献しているのです。こうした姿勢こそ、「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」が伝えようとしているメッセージそのものです。

IWCメンバーシップ
登録

Probus
メンバーの無料特典
  • 特別コンテンツへのアクセス
  • IWCコミュニティ
  • Eメール ニュースレターの講読
—サッカーの試合前に「オペレーション・ブレークスルー」に参加する香港の少年たち。中央は彼らと交流する「ローレウス・ワールド・スポーツ・アカデミー」のエドウィン・モーゼス会長

ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団

「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」は、人と人とを隔てる障壁を打ち砕き、心をひとつにして世界をより良く変革するために、スポーツの力を信じる人々を集結させています。同財団はスポーツを介して社会貢献を行い、世界中の子供たちに希望と前向きな姿勢を与えるべく努力を続けています。「ローレウス・ワールド・スポーツ・アカデミー」は、サッカー、テニス、陸上競技、スケートボードやモーターレースなど、様々なスポーツ分野から「生ける伝説」と呼ばれる一流選手46人が参加するユニークな組織です。同アカデミーのメンバーは皆、世界中の若者の生活を向上させる力が、スポーツにはあると信じています。エドウィン・モーゼス(陸上競技)やタニ・ グレイ・トンプソン(パラリンピック陸上競技)、ロビー・ナッシュ(ウインドサーフィン)、マルチナ・ナブラチロワ(テニス)に代表されるアカデミーのメンバーが、ローレウスのサポートする数多くのプロジェクトに定期的に参加しています。このような機会を通して、若者たちはスポーツ界のヒーローと直接顔を合わせることができるのです。また、模範となる英雄たちとの触れあいは子供たちにとって大きな喜びとなるに違いありません。同団体は設立以来、世界各地で140を超えるプロジェクトを実施し、すでに150万人を超える子供たちや青少年が参加しています。

共有:

このプログラムにより、子供たちは落ち着きを
取り戻し、活動を楽しみながら社会性を
身に付けることができます

—スリランカのゴールで展開されている「シーニガマ・スポーツ・フォー・ライフ」プロジェクトは、スポーツが持つ力と
癒しの効果を利用して、津波の被災者に新しく生きる希望を与えることを目標にしています

「シーニガマ・スポーツ・フォー・ライフ」プロジェクト

2004年12月、インド洋スマトラ島沖を震源とする海底地震によって巨大津波が発生、東南アジアの沿岸地域一帯に壊滅的な被害をもたらし、数十万人にのぼる被災者を出しました。大惨事から4ヶ月後、「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」の代表団がスリランカに到着、被災に苦しむ南部州の都市、ゴール周辺を初めて訪れました。シーニガマは、なかでも甚大な被害を被った沿岸地区の町であり、住民の実に3分の2が命を落としています。後には何百人もの孤児が残されました。心にトラウマを負った子供たちや青少年が、恐ろしく苦しい経験を乗り越え、人生に再び希望と喜びを見出せるように、同財団のチームはスポーツを通じた支援の提供を決定しました。

こうして、同財団は地元の関係当局の協力を得て「シーニガマ・スポーツ・フォー・ライフ」プロジェクトを設立しました。発足以来、このプロジェクトはスリランカの若者たちにレジャー活動を提供する中心的な存在となっています。このプログラムにより、子供たちは落ち着きを取り戻し、活動を楽しみながら社会性を身に付けることができます。毎月1,000人を超える子供たちと若者が、クリケット、バレーボール、バドミントン、水泳、クロスカントリー、卓球などの様々なスポーツに参加しています。

IWCはまた、豊富な図版がページを飾る豪華本『Let the Children Play』も出版しています。
この本には、「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」が支援する10件のプロジェクトについて、
著名な作家や写真家の興味深い記事が収録されています。

「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド」特別モデル

2006年以降、IWCシャフハウゼンは「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」を支援する特別限定モデルを発表しています。コレクターズ・アイテムとして運命づけられたと言っても過言ではないタイムピースです。IWCは、ローレウスの各プロジェクトに参加する子供たちを対象とする絵画コンクールを実施しており、最優秀作品は「ローレウス」特別モデルの裏蓋にエングレーヴィングされます。絵画コンクールでは毎回テーマが与えられ、参加者はそのテーマに沿った作品を制作します。子供たちが描く作品を見れば、ローレウスのプロジェクトが彼らに望ましい影響をもたらし、希望を与えていることがよくわかります。このシリーズのタイムピースはすべて限定生産であり、その売上の一部は「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」に寄付されます。IWCはまた、豊富な図版がページを飾る豪華本『Let the Children Play』も出版しています。この本には、「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」が支援する10件のプロジェクトに関する、著名な作家や写真家の興味深い記事が収録されています。IWCは、「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団」のスイス支部設立にあたり、同国で非常に重要な役割を果たしました。ローレウスの各プロジェクトに関する詳細は、こちらをご覧ください: www.laureus.com.

ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”

—最新の特別限定モデル

詳細を見る