アクアタイマー

アクアタイマー・ディープ・スリー

共有:

Reference  3557

チタニウム製の「アクアタイマー・ディープ・スリー」は、機械式水深計を備えるIWCダイバーズ・ウォッチの3代目です。時計製造技術の進化を示す好例として多彩な機能を搭載しながらも、安全性の向上とシンプルな操作が実現しています。10気圧防水のこの時計は、ダイビングコンピュータの完全なバックアップ・システムとして機能します。

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • 自動巻き
  • パワーリザーブ:42時間
  • 最大50mまで表示可能なフライバック針付き水深計
  • 10気圧防水
  • 直径 46MM

Price: $19100

コンシェルジュがご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

最大限の安全性を確保する水深計

チタニウム製ケースの「アクアタイマー・ディープ・スリー」は、IWCの機械式水深計付きダイバーズ・ウォッチの第三世代です。安全性、機能性、そして使いやすさがかつてないほどに向上し、時計製造技術の進化を見事に体現するモデルです。ダイバーは潜水経過時間、潜水中の最大到達水深、そして秒針という3種類のパラメーターを活用して、ダイビング中の安全性の確保と思い通りのダイビングをするために、必要に応じて減圧停止や、適切な水深に留まるといった計画を立てることができます。10気圧防水の「アクアタイマー・ディープ・スリー」は、ダイビングコンピュータの完全なバックアップ・システムとして機能します。潜水中、ブルーの表示針がホワイトの目盛りの上を移動し、水深の変化を示します。レッドの最大水深表示針は、最大50mまで測定可能です。また、回転式アウターリングが誤って動いてしまうのを防ぐために開発された、セーフダイブ・システムも搭載されています。ケース素材にチタニウムを採用したことで、ステンレススティール製であった以前のモデルよりも軽量となっています時計の裏蓋には、ダイバーのヘルメットをモチーフとする精巧なエングレーヴィングが刻まれています。波形のラバー・ストラップは、着用者の手首サイズの変化に素早く適応します。

バリエーション

詳細

  • Reference IW355701
  • ケース素材 チタニウム製
  • ブレスレット/ストラップ ブラックのラバー・ストラップ
  • 文字盤の色 ブラック
  • 石数 21
  • キャリバー 30120
  • Price $19100
  • 機械式ムーブメント
  • 自動巻き
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):42時間
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きセンターセコンド
  • セーフダイブ・システム付き機械式回転式アウター/インナーベゼル
  • 最大50mまで表示可能なフライバック針付き水深計
  • 夜光塗料が塗布された針、文字盤、および回転式インナーベゼル
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 裏蓋に特別なエングレーヴィング
  • 10気圧防水
  • IWC特許取得のブレスレットクイック交換システム
  • ケース厚さ 16.5mm
  • 直径 46mm

ウォッチビューア

  • IW355701 時計前面
  • IW355701 時計裏面

拡大する

水深計

さらに開発が進んだ水深計機構の圧力計測システムは、ケースの左側にある圧力コンバーターに収められています。水圧がリューズのカバーのごく小さな穴を通って、このシステムに伝わります。ここで水圧がスプリング付きの膜に作用し、ケース内部の方向に軸を押します。この動作がレバーのシステムを通じて伝達され、時計中央にある2つの水深表示を動かします。青色の表示針は常時動いて現在の水深を示す一方で、赤色の表示針はダイビング中に到達した最大水深を記録します。最大水深を示す表示計は、爪により元の位置に戻らないようになっていますが、水深計のリューズの横にあるボタンを押すことでゼロに戻すことができます。

その他の情報

コレクション

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ“トップガン”

このモデルはフライバック機能付きクロノグラフであり、耐磁性軟鉄製インナーケースで保護されたIWC製キャリバー89365を備えています。高度計を模した日付表示など、クラシックなコックピットデザインが各所に反映されています。中央のクロノグラフ針は秒単位で計測時間を表示し、“12時”位置のサブダイヤルの針は経過時間を分単位で表示します。

ニュース

IWCシャフハウゼンの「インヂュニア」コレクションに
2つの新モデルが登場

IWCシャフハウゼンの「インヂュニア」コレクションに、2つの新しいタイムピースが加わります。

エクスペリエンス

規則正しく時を刻むために

どの程度の重圧や負荷にさらされてきたかによって、ムーブメントの内部機構の約50カ所に、腕時計に特化して開発されたオイルやグリースが施されます。