アクアタイマー

アクアタイマー・クロノグラフ
“エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”

共有:

Reference  3795

30気圧防水を備えるブロンズ製の「アクアタイマー・クロノグラフ “エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”」は、偉大な自然科学者ダーウィンに捧げるタイムピースです。彼はガラパゴス島で、生物多様性に関する基本的な理論をまとめました。この魅力的なケースの素材にはブロンズが採用されており、ダーウィンを乗せてガラパゴス諸島まで航海した有名なHMS ビーグル号を思い起こさせます。

特徴

  • ブラックのラバー・ストラップ
  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • パワーリザーブ:68時間
  • 30気圧防水
  • 直径 44MM

Price: $11100

コンシェルジュによる有料アドバイスをご利用いただけます

進化論の父に敬意を表して

「1時間を無駄に費やす人は、人生の価値を理解していない」と、不屈の自然科学者ダーウィンは述べました。進化論の父・ダーウィンへの賛辞として、IWCがその言葉に見合う、彼の名を冠するタイムピースを開発したのは当然のことと言えるでしょう。ダーウィンを乗せてガラパゴス諸島まで航海した有名なHMSビーグル号にオマージュを捧げ、ケース素材にはブロンズが採用されています。当時、舷窓、接続金具、航海計器には耐腐食性の高いブロンズが使用されていました。「変化ほど不変なことはない」というダーウィンの認識の通り、ブロンズは使いこむうちに趣のある古艶を生じ、深い色合いに変わっていきます。そのため、このタイムピースにもまたとない独自の個性が醸し出されるでしょう。針、インデックス、そして回転式インナーベゼルの15分目盛りの夜光塗料もブロンズカラーで統一されています。この特別エディションは、IWC自社製ムーブメント89365、ラバーコーティングのプッシュボタン、セーフダイブ・システム、30気圧防水を備え、陸海を問わず、現代の冒険にふさわしい理想的なタイムピースです。裏蓋には、進化論を発表した当時のダーウィンのポートレートがエングレーヴィングされています。この時、彼が唱えた革命的な進化論は、人々の考え方を永遠に変えることとなりました。

ダウンロード

バリエーション

詳細

  • Reference IW379503
  • ケース素材 ブロンズ製
  • ブレスレット/ストラップ ブラックのラバー・ストラップ
  • 文字盤の色 ブラック
  • 石数 35
  • キャリバー 89365
  • Price $11100
  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • IWC自社製キャリバー89365(キャリバー89000シリーズ)
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):68時間
  • IWCセーフダイブ・システム付き機械式回転式アウター/インナーベゼル
  • 日付表示
  • ストップウォッチ機能(分・秒)
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • 夜光塗料が塗布された針、文字盤、および回転式インナーベゼル
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 30気圧防水
  • IWC特許取得のブレスレットクイック交換システム
  • ケース厚さ 17mm
  • 直径 44mm

ウォッチビューア

  • IW379503 時計前面
  • IW379503 時計裏面

拡大する

その他の情報

コレクション

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー “クルト・クラウス”

「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー“クルト・クラウス”」は、一人の卓越したIWCの時計職人に賛辞を捧げるにふさわしい時計です。日付、曜日、月、4桁の西暦、ムーンフェイズなどの表示は、リューズを使って必要な時にいつでも同時に早送りすることができます。裏蓋にはクルト・クラウスの肖像画がエングレーヴィングされています。

ニュース

IWCとシルク・ドゥ・ソレイユが
皆さまを海中の世界にご招待

ジュネーブ、2014年1月21日 – 新しい「アクアタイマー」コレクションの発表を記念して、IWCシャフハウゼンは世界各国から集った約800人のゲストと共に、国際高級時計見本市(SIHH)にて特別な一夜を過ごしました。スイスの高級時計メーカーであるIWCシャフハウゼンは、ケヴィン・スペイシー、マーク・フォースター、ユアン・マクレガー、ルイス・フィーゴ、ファビアン・カンチェラーラ、ルイス・ハミルトン ...

エクスペリエンス

ドラゴンの棲む島 - ガラパゴス諸島

半世紀以上にわたり、チャールズ・ダーウィン財団は、有名なガラパゴス諸島に生息する動植物相を調査研究すると共に、このユニークな自然の楽園を保全する活動に取り組むエクアドル政府のアドバイザーも務めています。今回は、そうした進化を守る人々のもとを訪れたときの模様をご紹介します。