ダ・ヴィンチ

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・
カレンダー・デジタル・デイト/マンス

共有:

Reference  3761

IWC史上初めて製造された「デジタル時計」となったパルウェーバー式時計の誕生から125年を経て、IWCは永久カレンダーを搭載し、大型の数字で日付、そして初めて月をデジタル表示する「ダ・ヴィンチ」を発表。キャリバー89800は474個もの部品から構成され、68時間のパワーリザーブを備えています。

特徴

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 永久カレンダー
  • 月日のデジタル表示
  • フライバック機能
  • ケースサイズ 44 x 52.8mm

Price: $44300

コンシェルジュによる有料アドバイスをご利用いただけます

永久カレンダーのビッグデイト

1884年、IWCはパルウェーバー・システムを用いて、IWCとして初めてとなる「デジタル」時計を製造しました。これらは、針で時刻を示すアナログ表示ではなく、時と分を個別の窓に数字でデジタル表示するものでした。そして125年後、IWCは大型の数字で日付と、そして初めて月もデジタル表示する「ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス」を発表しました。月末に月と日のディスクを切り替えるために必要な動力は、1 ヶ月を通じて少しずつゼンマイに蓄積されます。この切り替えには、専用に開発されたクイックアクション・スイッチが使用されます。月末になると、蓄積された動力が解放され、表示が進みます。同時に閏年表示が進む際でも問題なく切り替えが行われます。フライバック機能により、リセットボタンを押すと計測中のストップウォッチ針がゼロ位置に戻り、直ちに次の計測を開始することができます。IWC製キャリバー89800は、474個もの部品から構成され、68時間のパワーリザーブを備えています。

バリエーション

詳細

  • Reference IW376107
  • ケース素材 18Kローズゴールド
  • ブレスレット/ストラップ ダークブラウンのアリゲーター・ストラップ
  • 文字盤の色 シルバーメッキ
  • 石数 52
  • キャリバー 89800
  • Price $44300
  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):68時間
  • リューズ操作で行える永久カレンダーの早送り機能
  • 大型の2桁による月日表示
  • 閏年表示
  • ストップウォッチ機能(時、分、秒)
  • 12時位置に同軸上に組み合わされたアワー・カウンターとミニッツ・カウンター
  • フライバック機能
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 3気圧防水
  • ケース厚さ 16.3mm
  • ケースサイズ 44 x 52.8mm

ウォッチビューア

  • IW376107 時計前面
  • IW376107 時計裏面

拡大する

デジタル
日付表示

IWCは、その歴史において早くも1884年に初の「デジタル」時計を製造しました。 「パルウェーバー式時計」として知られていたこの時計は、時、分を数字で表示し、秒は針でアナログ表示していました。IWCは2009年に、新開発の永久カレンダームーブメント(208ページ参照)を搭載したモデルを発表し、時計愛好者を驚かせました。この永久カレンダーは日付だけではなく月も表示する大型の2桁デジタル表示を備えていました。「インヂュニア」の年となる2013年、「インヂュニア・パーぺチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス」の文字盤には薄く色のついたガラスインレイが備えられ、動くディスクを眺めることができます。月表示ディスクを進めるために必要なエネルギーは、クイックアクション・スイッチにより、1 ヵ月にわたって絶えず蓄積されます。クイックアクション・スイッチ上にあるゼンマイを搭載したレバーが、カムによって毎日少しずつ押し上げられます。月末には、ゼンマイの緊張が最大限に達し、蓄えられた全エネルギーが放出されます。クイックアクション・スイッチがジャンプして瞬時に最初の位置に戻り、その月により、2つの月表示ディスクのうち1つだけ、あるいは2つを同時に1月分進めます。12月31日には、閏年ディスクも同様に進みます。

その他の情報

コレクション

アクアタイマー・クロノグラフ
“エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”

30気圧防水を備えるブロンズ製の「アクアタイマー・クロノグラフ “エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”」は、偉大な自然科学者ダーウィンに捧げるタイムピースです。彼はガラパゴス島で、生物多様性に関する基本的な理論をまとめました。この魅力的なケースの素材にはブロンズが採用されており、ダーウィンを乗せてガラパゴス諸島まで航海した有名なHMS ビーグル号を思い起こさせます。

ニュース

IWCとシルク・ドゥ・ソレイユが
皆さまを海中の世界にご招待

ジュネーブ、2014年1月21日 – 新しい「アクアタイマー」コレクションの発表を記念して、IWCシャフハウゼンは世界各国から集った約800人のゲストと共に、国際高級時計見本市(SIHH)にて特別な一夜を過ごしました。スイスの高級時計メーカーであるIWCシャフハウゼンは、ケヴィン・スペイシー、マーク・フォースター、ユアン・マクレガー、ルイス・フィーゴ、ファビアン・カンチェラーラ、ルイス・ハミルトン ...

エクスペリエンス

ドラゴンの棲む島 - ガラパゴス諸島

半世紀以上にわたり、チャールズ・ダーウィン財団は、有名なガラパゴス諸島に生息する動植物相を調査研究すると共に、このユニークな自然の楽園を保全する活動に取り組むエクアドル政府のアドバイザーも務めています。今回は、そうした進化を守る人々のもとを訪れたときの模様をご紹介します。