ダ・ヴィンチ

ダ・ヴィンチ・クロノグラフ

共有:

Reference  3764

IWC製キャリバー89361を搭載した「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ」の誕生により、計測の新時代の幕が開きました。このモデルでは、計測された時・分が、一つのサブダイヤル上にアナログ表示されます。つまり、計測時間を時刻のように簡単に読み取ることができます。

特徴

  • プラチナ製500本限定生産
  • フライバック機能
  • パワーリザーブ:68時間
  • 日付表示
  • ケースサイズ 43.1 x 51mm

Price: $13000 — $47000

コンシェルジュによる有料アドバイスをご利用いただけます

計時の新しい試み

1985年、他に類のない「ダ・ヴィンチ」のカレンダーとクロノグラフ・ムーブメントを携え、IWCは、機械技術の新たな時代の幕開けを告げました。そして2007年、IWCはまた新たな出発を告げました。裏蓋がサファイアガラス製の美しくデザインされたトノー型ケースにIWC製キャリバー89000シリーズのムーブメントを収めた「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ」を発表したのです。このモデルでは、これまでと同様に、中央の大きなクロノグラフ針で秒を記録しますが、1分以上の計測時間は一つのサブダイヤル上にある2本のアナログ針で表示され、時刻のように簡単に読み取ることができます。時・分を別々のカウンターで読み取り、積算する必要はもうありません。極めて洗練されたムーブメントのデザインが核となるこの技術革新により、クロノグラフの実用性が間違いなく高められました。

バリエーション

詳細

  • Reference IW376416
  • ケース素材 プラチナ
  • ブレスレット/ストラップ ブラックのアリゲーター・ストラップ
  • 文字盤の色 シルバーメッキ
  • 石数 40
  • Price $47000

— 89360
キャリバー

詳しく見る

  • プラチナ製500本限定生産
  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):68時間
  • ストップウォッチ機能(時、分、秒)
  • 12時位置に同軸上に組み合わされたアワー・カウンターとミニッツ・カウンター
  • フライバック機能
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 3気圧防水
  • ケース厚さ 14.4mm
  • ケースサイズ 43.1 x 51mm
  • Reference IW376417
  • ケース素材 18Kホワイトゴールド
  • ブレスレット/ストラップ ダークブラウンのアリゲーター・ストラップ
  • 文字盤の色 スレートカラー
  • 石数 40
  • Price $26000

— 89360
キャリバー

詳しく見る

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):68時間
  • ストップウォッチ機能(時、分、秒)
  • 12時位置に同軸上に組み合わされたアワー・カウンターとミニッツ・カウンター
  • フライバック機能
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 3気圧防水
  • ケース厚さ 14.4mm
  • ケースサイズ 43.1 x 51mm
  • Reference IW376420
  • ケース素材 18Kローズゴールド
  • ブレスレット/ストラップ ダークブラウンのアリゲーター・ストラップ
  • 文字盤の色 シルバーメッキ
  • 石数 38
  • Price $23000

— 89361
キャリバー

詳しく見る

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):68時間
  • ストップウォッチ機能(時、分、秒)
  • 12時位置に同軸上に組み合わされたアワー・カウンターとミニッツ・カウンター
  • フライバック機能
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 3気圧防水
  • ケース厚さ 14.4mm
  • ケースサイズ 43.1 x 51mm
  • Reference IW376421
  • ケース素材 ステンレススティール
  • ブレスレット/ストラップ ブラックのアリゲーター・ストラップ
  • 文字盤の色 ブラック
  • 石数 38
  • Price $13000

— 89361
キャリバー

詳しく見る

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):68時間
  • ストップウォッチ機能(時、分、秒)
  • 12時位置に同軸上に組み合わされたアワー・カウンターとミニッツ・カウンター
  • フライバック機能
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 3気圧防水
  • ケース厚さ 14.4mm
  • ケースサイズ 43.1 x 51mm
  • Reference IW376422
  • ケース素材 ステンレススティール
  • ブレスレット/ストラップ ステンレススティール・ブレスレット
  • 文字盤の色 ブラック
  • 石数 38
  • Price $14500

— 89361
キャリバー

詳しく見る

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):68時間
  • ストップウォッチ機能(時、分、秒)
  • 12時位置に同軸上に組み合わされたアワー・カウンターとミニッツ・カウンター
  • フライバック機能
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 3気圧防水
  • ケース厚さ 14.4mm
  • ケースサイズ 43.1 x 51mm

ウォッチビューア

  • IW376416 時計前面
  • IW376416 時計裏面
  • IW376417 時計前面
  • IW376420 時計前面
  • IW376420 時計裏面
  • IW376421 時計前面
  • IW376422 時計前面
  • IW376422 時計裏面

拡大する

キャリバー 89000シリーズ

設計から製造までの全てがIWCによって行われたクロノグラフ・ムーブメント、キャリバー89360とその後継キャリバーである89361は、 大幅に改良された自動巻き機構を特徴とし、時計製造における新しい基準を確立します。IWCの開発チームが丸4年の年月をかけて取り組んだ新しいデザインは、例えば8時間52分といった比較的長い計測時間でさえ一目で読み取ることができる革新的なクロノグラフ表示に対する要望から生まれたものです。一つのサブダイヤルに組み込まれたアワー・カウンターとミニッツ・カウンターは、まるで時計の中に時計があるかのように思わせます。ストップウォッチ機能(分・秒)のみならず、フライバック機能も搭載された新開発の89365クロノグラフ・ムーブメントが2012年に加わりました。さらに開発を進め、キャリバー89800として知られるようになったこのムーブメントは、Ref. 3761ならびに3791の大型デジタル表示(日付・月)に使用されています。新たな「インヂュニア・パーぺチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス」では、さらに開発されたキャリパー89802が搭載されています。

その他の情報

コレクション

ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック

IWC自社製キャリバー89361は、サブダイヤル上に表示される12時間までの計測時間を、時刻と同じように簡単に読み取りやすく表示します。アーチ型エッジを施したフロントガラスとレイルウェイ分目盛が、デザインにクラシカルな落ち着きを与えています。18Kレッドゴールド製、またはステンレススティール製のモデルのご用意がございます。両モデルともサントーニ社製のアリゲーター・ストラップが付きます。

ニュース

IWCとシルク・ドゥ・ソレイユが
皆さまを海中の世界にご招待

ジュネーブ、2014年1月21日 – 新しい「アクアタイマー」コレクションの発表を記念して、IWCシャフハウゼンは世界各国から集った約800人のゲストと共に、国際高級時計見本市(SIHH)にて特別な一夜を過ごしました。スイスの高級時計メーカーであるIWCシャフハウゼンは、ケヴィン・スペイシー、マーク・フォースター、ユアン・マクレガー、ルイス・フィーゴ、ファビアン・カンチェラーラ、ルイス・ハミルトン ...

エクスペリエンス

ドラゴンの棲む島 - ガラパゴス諸島

半世紀以上にわたり、チャールズ・ダーウィン財団は、有名なガラパゴス諸島に生息する動植物相を調査研究すると共に、このユニークな自然の楽園を保全する活動に取り組むエクアドル政府のアドバイザーも務めています。今回は、そうした進化を守る人々のもとを訪れたときの模様をご紹介します。