パイロット・ウォッチ

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ“トップガン”

共有:

Reference  3880

このモデルはフライバック機能付きクロノグラフであり、耐磁性軟鉄製インナーケースで保護されたIWC製キャリバー89365を備えています。高度計を模した日付表示など、クラシックなコックピットデザインが各所に反映されています。中央のクロノグラフ針は秒単位で計測時間を表示し、“12時”位置のサブダイヤルの針は経過時間を分単位で表示します。

特徴

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 68時間パワーリザーブ
  • フライバック機能
  • 軟鉄製インナーケース
  • 直径 46mm

Price: $12700

コンシェルジュによる有料アドバイスをご利用いただけます

精密なコックピット計器

「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”」、「ビッグ・パイロット・ウォッチ“トップガン”」、「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ“トップガン”」は、黒と白を基調とする計器のようなクラッシックな「パイロット・ウォッチ」の外観と、「トップガン」シリーズのスポーティーなデザインが共存したタイムピースです。これらのモデルでは、黒の酸化ジルコニウム製ケースにチタニウム製のリューズとプッシュボタンが組み合わされています。時計製造業界のパイオニアとしての立場を表明するかのごとく、IWCシャフハウゼンはこれらの素材をいち早く時計製造に取り入れました。「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”」は7日間パワーリザーブを備えるIWC製キャリバー51614を搭載し、多彩な複雑機構の駆動に十分なエネルギーを供給します。永久カレンダーは日付、曜日、月、4桁の西暦表示と永久ムーンフェイズを表示し、グレゴリオ暦2100年までの閏年が考慮されています。「ビッグ・パイロット・ウォッチ“トップガン”」に搭載された自社製キャリバー51111も同様に、ローターが1960回転するか、手動で完全に巻き上げられた場合、7日間のパワー
リザーブが蓄えられます。秒単位の精度を有するクロノグラフがなければ、完璧な「パイロット・ウォッチ」コレクションとは言えません。伝統的なコックピットデザインの「トップガン」シリーズの中で、「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ“トップガン”」がその役割を担います。このモデルにふさわしいムーブメントとして、さらに改良されたIWC製キャリバー89365が採用されています。この精緻なムーブメントは、軟鉄製インナーケースによって磁場から保護されています。

バリエーション

詳細

  • Reference IW388001
  • ケース素材 セラミック/チタニウム
  • ブレスレット/ストラップ ブラックのソフトストラップ
  • 文字盤の色 ブラック
  • 石数 35
  • キャリバー 89365
  • Price $12700
  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • IWC自社製キャリバー 89365(キャリバー 89000シリーズ)
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):68時間
  • 日付表示
  • ストップウォッチ機能(分・秒)
  • フライバック機能
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • 耐磁性軟鉄製インナーケース
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラスで急激な気圧変化にも対応
  • 6気圧防水
  • ケースの厚さ 16.5mm
  • 直径 46mm

ウォッチビューア

  • IW388001 時計前面
  • IW388001 時計裏面

拡大する

その他の情報

コレクション

ダ・ヴィンチ・オートマティック

大型の日付表示を備える「ダ・ヴィンチ・オートマティック」は、この有名なシリーズの中で比較的小型のモデルを求める人々に最適なタイムピースです。キャリバー30130の自動巻きムーブメントを搭載したこの「ダ・ヴィンチ・オートマティック」は、あらゆる場面に欠かせない信頼できるパートナーです。

ニュース

IWCとシルク・ドゥ・ソレイユが
皆さまを海中の世界にご招待

ジュネーブ、2014年1月21日 – 新しい「アクアタイマー」コレクションの発表を記念して、IWCシャフハウゼンは世界各国から集った約800人のゲストと共に、国際高級時計見本市(SIHH)にて特別な一夜を過ごしました。スイスの高級時計メーカーであるIWCシャフハウゼンは、ケヴィン・スペイシー、マーク・フォースター、ユアン・マクレガー、ルイス・フィーゴ、ファビアン・カンチェラーラ、ルイス・ハミルトン ...

エクスペリエンス

ドラゴンの棲む島 - ガラパゴス諸島

半世紀以上にわたり、チャールズ・ダーウィン財団は、有名なガラパゴス諸島に生息する動植物相を調査研究すると共に、このユニークな自然の楽園を保全する活動に取り組むエクアドル政府のアドバイザーも務めています。今回は、そうした進化を守る人々のもとを訪れたときの模様をご紹介します。