パイロット・ウォッチ

ビッグ・パイロット・ウォッチ“トップガン”

共有:

Reference  5019

伝統を新しく解釈したタイムピース「ビッグ・パイロット・ウォッチ“トップガン”」は、クラシカルな「パイロット・ウォッチ」ならではの機能性と最先端技術が融合する、ハイテク素材と現代的なデザイン要素を兼ね備えたタイムピースです。直径48mmのコンパクトなケースはハイテクセラミック製、リューズはチタニウム製です。IWC最大のサイズを誇る自動巻きムーブメントが、7日間にわたってノンストップで作動し続けます。

特徴

  • ペラトン自動巻き機構
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):7日間
  • セラミック製ケース
  • パワーリザーブ表示
  • 直径 48mm

Price: $18200

コンシェルジュがご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

精密なコックピット計器

「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”」、「ビッグ・パイロット・ウォッチ“トップガン”」、「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ“トップガン”」は、黒と白を基調とする計器のようなクラッシックな「パイロット・ウォッチ」の外観と、「トップガン」シリーズのスポーティーなデザインが共存したタイムピースです。これらのモデルでは、黒の酸化ジルコニウム製ケースにチタニウム製のリューズとプッシュボタンが組み合わされています。時計製造業界のパイオニアとしての立場を表明するかのごとく、IWCシャフハウゼンはこれらの素材をいち早く時計製造に取り入れました。「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”」は7日間パワーリザーブを備えるIWC製キャリバー51614を搭載し、多彩な複雑機構の駆動に十分なエネルギーを供給します。永久カレンダーは日付、曜日、月、4桁の西暦表示と永久ムーンフェイズを表示し、グレゴリオ暦2100年までの閏年が考慮されています。「ビッグ・パイロット・ウォッチ“トップガン”」に搭載された自社製キャリバー51111も同様に、ローターが1960回転するか、手動で完全に巻き上げられた場合、7日間のパワー
リザーブが蓄えられます。秒単位の精度を有するクロノグラフがなければ、完璧な「パイロット・ウォッチ」コレクションとは言えません。伝統的なコックピットデザインの「トップガン」シリーズの中で、「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ“トップガン”」がその役割を担います。このモデルにふさわしいムーブメントとして、さらに改良されたIWC製キャリバー89365が採用されています。この精緻なムーブメントは、軟鉄製インナーケースによって磁場から保護されています。

バリエーション

詳細

  • Reference IW501901
  • ケース素材 セラミック/チタニウム
  • ブレスレット/ストラップ ブラックのソフトストラップ
  • 文字盤の色 ブラック
  • 石数 42
  • キャリバー 51111
  • Price $18200
  • 機械式ムーブメント
  • ペラトン自動巻き機構
  • IWC自社製キャリバー 51111(キャリバー 50000シリーズ)
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):7日間
  • パワーリザーブ表示
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きセンターセコンド
  • アームに超精密調整カムの付いたグリュシデュール® ベリリウム合金製テンプ
  • ブレゲひげゼンマイ
  • ねじ込み式リューズ
  • 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラスで急激な気圧変化にも対応
  • 6気圧防水
  • ケースの厚さ 15mm
  • 直径 48mm
  • *IWCシャフハウゼンは、商標「グリュシデュール®」の所有者ではありません。

ウォッチビューア

  • IW501901 時計前面
  • IW501901 時計裏面

拡大する

キャリバー 50000シリーズ

キャリバー50000シリーズは、多種多様の異なるムーブメント を揃えたシリーズですが、全てに共通するのは、その明らかに大きなサイズです。伝説的なペラトン自動巻き機構や、最高の精度を実現するブレゲひげゼンマイ付きテンプといった、自動巻きムーブメントにおける最も優れたアイデアのいくつかを特徴として備えています。これとは別に、キャリバー50000シリーズは、7日間のパワーリザーブによって自動巻きムーブメントの歴史を大きく前進させました。ローターが1,960回、回転することにより、ムーブメントは丸7日間動き続けるのです。

その他の情報

コレクション

ダ・ヴィンチ・パーペチュアル・
カレンダー・デジタル・デイト/マンス

IWC史上初めて製造された「デジタル時計」となったパルウェーバー式時計の誕生から125年を経て、IWCは永久カレンダーを搭載し、大型の数字で日付、そして初めて月をデジタル表示する「ダ・ヴィンチ」を発表。キャリバー89800は474個もの部品から構成され、68時間のパワーリザーブを備えています。

ニュース

設計はIWC - デザインは子供たち

上海で行なわれたローレウス・ワールド・スポーツ・アワードにて、IWCシャフハウゼンが、特徴的なローレウス・ブルーの文字盤を持つ特別限定モデル「インヂュニア・オートマティック “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」を発表しました。

エクスペリエンス

精度の調整

IWCの腕時計を正確に作動させるには、テンプの振動を入念に調整しなければなりません。