ポルトギーゼ

ポルトギーゼ・ミニッツ・リピーター

共有:

Reference  5449

ポルトガルの船乗りたちにとって、抽象的な時の概念を音色に変換したものが船鐘でした。「ポルトギーゼ・ミニッツ・リピーター」は、リピーター・スライドを押し下げると、ゴングの音色によって、1時間、15分、1分単位で時間を告げてくれます。この時計は、初期のF. A. ジョーンズ・キャリバーのスタイリッシュな要素を継承するハンタースタイルのキャリバー98950 ポケットウォッチ・ムーブメントを搭載しています。

特徴

  • プラチナ製500本限定生産
  • 18Kレッドゴールド製500本限定生産
  • 手巻き
  • ミニッツ・リピーター
  • 3/4輪列受
  • 直径 44mm

Price: $93200 — $116000

コンシェルジュがご案内させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

時を告げる時計の音色

大海原に船出するポルトガル人探検家たちにとって、時間の計測は極めて重要な作業でした。測程器および特殊な砂時計(測程砂時計)を使って、船の速度を測定していたためです。一方、船鐘は船乗りたちの当直の開始と終了時刻を告げるために使われました。30分毎に1回、そして1時間毎に2回打ち鳴らされ、当直の終わりには連続した2つの鐘の音が4回打ち鳴らされました。すなわち、当時すでに時間という抽象的な概念を音で表現していたのです。「ポルトギーゼ・ミニッツ・リピーター」は、リピーター・スライドを押し下げると、ゴングの優雅な音色によって、1時間、15分、1分単位で時間を告げてくれます。つまり、ハンマーが低音のゴングを打つ回数で1時間単位の時を、高低音の和音で15分単位の時を、そして高音で1分単位の時を告げるのです。このリピート機構は200以上もの部品からなり、まるで機械的なオーケストラのように調和して作動します。「オール・オア・ナッシング」と呼ばれる仕組みにより、リピーター・スライドが完全に押し下げられた時にのみチャイムがなるように制御されています。この時計は、初期のF. A.ジョーンズ・キャリバーのスタイリッシュな要素を継承するハンタースタイルのキャリバー98950ポケットウォッチ・ムーブメントを搭載しています。どちらのバージョンも、それぞれ500本限定生産です。

バリエーション

詳細

  • Reference IW544906
  • ケース素材 プラチナ
  • ブレスレット/ストラップ ブラックのアリゲーター・ストラップ
  • 文字盤の色 シルバーメッキ
  • 石数 52
  • キャリバー 98950
  • Price $116000
  • プラチナ製500本限定生産、18Kレッドゴールド製500本限定生産
  • 機械式ムーブメント
  • 手巻き
  • IWC自社製キャリバー 98950(キャリバー 98000シリーズ)
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):46時間
  • 1時間、15分、1分単位のミニッツ・リピーター
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • アームに超精密調整カムの付いたグリュシデュール®*ベリリウム合金製テンプ
  • ブレゲひげゼンマイ
  • 3/4輪列受
  • 両面反射防止加工を施したサファイアガラス(アーチ型の縁)
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • ケース厚さ 14mm
  • 直径 44mm
  • *IWCシャフハウゼンは、グリュシデュール®の商標所有者ではありません。

  • Reference IW544907
  • ケース素材 18Kレッドゴールド
  • ブレスレット/ストラップ ブラウンのアリゲーター・ストラップ
  • 文字盤の色 シルバーメッキ
  • 石数 52
  • キャリバー 98950
  • Price $93200
  • プラチナ製500本限定生産、18Kレッドゴールド製500本限定生産
  • 機械式ムーブメント
  • 手巻き
  • IWC自社製キャリバー 98950(キャリバー 98000シリーズ)
  • パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):46時間
  • 1時間、15分、1分単位のミニッツ・リピーター
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • アームに超精密調整カムの付いたグリュシデュール®*ベリリウム合金製テンプ
  • ブレゲひげゼンマイ
  • 3/4輪列受
  • 両面反射防止加工を施したサファイアガラス(アーチ型の縁)
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • ケース厚さ 14mm
  • 直径 44mm
  • *IWCシャフハウゼンは、グリュシデュール®の商標所有者ではありません。

ウォッチビューア

  • IW544906 時計前面
  • IW544906 時計裏面
  • IW544907 時計前面
  • IW544907 時計裏面

拡大する

ミニッツ・リピーター

「グランド・コンプリケーション」や「ポルトギーゼ・ミニッツ・リピーター」に搭載されている極めて複雑なリピーター機構の開発には、50,000時間が費やされました。 この巧妙な機構は、ケース左側にある独特の形をしたリピーター用スライドレバーを操作することで、澄んだ音色で時間を知らせてくれます。ハンマーが低音のゴングを打つ回数で時間数を、次に高低音2つのゴングを組み合わせた2打で15分単位の分数を、最後に高音のゴングの打数で1分単位の分数を知らせます。ゴングはすべて手作りで、音の調子や澄み具合に注意を払いながら1つずつ入念に仕上げられたものです。「オール・オア・ナッシング」として知られている法則による制御で、リピーター用スライドレバーが早く解除されてしまっても、誤った時間を知らせてしまうことのないようになっています。

その他の情報

コレクション

ポルトギーゼ・オートマティック

日付表示を備えた「ポルトギーゼ・オートマティック」のケースでは、レイルウェイ分目盛り、リーフ針、アップライトのアラビア数字が配置され、1930年代に初めて製作された「ポルトギーゼ」のクラシックな魅力を文字盤に加えています。IWC製のキャリバー51011には、高性能のペラトン自動巻き機構や7日間パワーリザーブといった、最高の機能の数々が組み込まれています。

ニュース

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンがIWC特別モデルを発表

数々の入賞歴を誇るF1ドライバーのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、IWCのブランドアンバサダーです。スイスの高級時計メーカーであるIWCシャフハウゼンが、彼らとそれぞれ250本限定の2種類の限定モデルを開発しました。F1シンガポールグランプリまでわずか数日前のこと、シルバー・アローを操縦するこの2人のドライバーが、自らの名を冠した「インヂュニア・クロノグラフ」モデルを披露しました。

エクスペリエンス

規則正しく時を刻むために

どの程度の重圧や負荷にさらされてきたかによって、ムーブメントの内部機構の約50カ所に、腕時計に特化して開発されたオイルやグリースが施されます。