エクスペリエンス

共有:

コンペティション

IWC 「GOODWOODへの旅」 ご招待

2016-06-21T17:53:11

イギリスにてかの伝説の戦闘機スピットファイアに乗機しての飛行体験、そしてグッドウッドのクラシックカーレースの魅力を発見

IWCの裏舞台

オリジナルに出会う - IWC 「パイロット・ ウォッチ」コレクション

2016-01-18T08:29:05

動画を見る

テクノロジー

巻き上げひげによる精度の向上

2015-09-23T06:58:35

IWCのキャリバーの中には、テン輪の縁がブレゲひげゼンマイ上で往復運動をするものがあります。手作業で丁寧に成形されたターミナルコイルは、テンプが完璧に規則正しく振動する上で重要な役割を担っています。これにより、時計の精度が向上するのです。

さらにお読みになりたい方に

Library Tout W Line 85

IWCライブラリー

IWCのエクスペリエンス

オート・オルロジュリ―、ライフスタイル、テクノロジー、社会貢献などの
幅広いトピックに関する記事をはじめ、企業としてのIWCの姿、
社員のプロフィール、熱心な時計コレクター、IWCと深い親交のある
スターにまつわるストーリーをご紹介します。

最新ニュースを受け取る

Probus W Line 85

最新記事

  1. IWC Da Vinci Perpetual Calendar Sketch

    永遠を手首の上に

    クルト・クラウスは、IWCで時計技師のリーダーを務めていた頃、様々な変則性を含むグレゴリオ暦を解釈し、外部からの修正をほとんど必要とせずに2499年まで完璧に作動する、機械的なプログラムを開発しました。

    2016-09-27T14:28:34

  2. 選択が人生を決める

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、女優でIWCシャフハウゼンのブランドアンバサダーを務めるロザムンド・パイクへのインタビューをお届けします。

    2016-08-10T08:03:46

  3. 常に上を目指して

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、F1ドライバーでIWCシャフハウゼンのブランドアンバサダーを務めるニコ・ロズベルグへのインタビューをお届けします。

    2016-06-23T14:19:43

  4. IWC 「GOODWOODへの旅」 ご招待

    イギリスにてかの伝説の戦闘機スピットファイアに乗機しての飛行体験、そしてグッドウッドのクラシックカーレースの魅力を発見

    2016-06-21T17:53:11

  5. IWC Karolina Kurkova

    人生とは記憶を積み重ねること

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、チェコ出身のモデルでIWCシャフハウゼンのブランドアンバサダーを務めるカロリナ・クルコヴァへのインタビューをお届けします。この#IWCTalksToでは、キンヴァラ・バルフォーが司会を担当します。

    2016-05-03T15:13:05

  6. 自分らしくあれ

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、モデルでIWCシャフハウゼンのブランドアンバサダーを務めるアドリアナ・リマへのインタビューをお届けします。

    2016-04-25T14:15:29

  7. 強くあれ

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、俳優でIWCシャフハウゼンのブランドアンバサダーを務めるクリス・エヴァンスへのインタビューをお届けします。

    2016-04-20T15:52:53

  8. 自分の行動を信じろ

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、フランス人サッカー監督でありプロサッカー選手であったアーセン・ベンゲルへのインタビューをお届けします。

    2016-03-16T16:40:52

  9. 人生とは生き方そのもの

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、米国人俳優でモデルのスコット・イーストウッドへのインタビューをお届けします。

    2016-03-16T16:20:05

  10. 演奏を止めないで

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、アメリカのジャズドラマー、エリック・ハーランドへのインタビューをお届けします。

    2016-03-16T08:39:37

  11. Ingenieur Constant-Force Tourbillon

    不変は力

    IWCのコンスタントフォース機構により脱進機が一定の力を供給し、最高の精度が保障されます。

    2016-03-07T10:45:07

  12. IWC Pilot's Watches

    オリジナルに出会う - IWC 「パイロット・ ウォッチ」コレクション

    動画を見る

    2016-01-18T08:29:05

  13. IWC Dev Patel

    演技は嘘をつかない

    IWCのブランドアンバサダーを務めるデーヴ・パテールは、「フォー・ザ・ラブ・オブ・シネマ(For the Love of Cinema)」をテーマとするガラディナーの席で、アラブ首長国の映画制作者レイラ・ケイリフにIWCフィルムメーカー・アワード2015を授与しました。彼は、#IWCTalksToのゲストとしても登場しています。

    2015-12-18T14:29:48

  14. IWC Lewis Hamilton

    クールな走り

    #IWCTalksToシリーズでは引き続き、2015年にF1ワールドチャンピオンの座に輝いたIWCシャフハウゼンのブランドアンバサダーを務めるルイス・ハミルトンへのインタビューをお届けします。

    2015-12-04T14:40:02

  15. IWC 52000 Calibre Movement

    耐久性を高める極上の美

    高級時計製造の世界では、腕時計のムーブメントを構成するブリッジ、受け、プレート、ハンマーなどの様々な部品に手作業による入念な装飾や特別な表面加工を施し、より高級感のある印象に仕上げます。

    2015-10-16T08:20:59

  16. IWC Marc Forster

    自分が望むものを知れ

    IWCシャフハウゼンは、この映画祭の期間中に「IWC Schaffhausen Talks To」と題した非常に特別なイベントを用意しました。このイベントでは、チューリッヒ映画祭で選ばれた招待客が映画界の世界2大スター、マーク・フォスターとクリストフ・ヴァルツへの綿密なインタビューを聞くチャンスに恵まれました。

    2015-09-27T14:29:35

  17. breguet_spring

    巻き上げひげによる精度の向上

    IWCのキャリバーの中には、テン輪の縁がブレゲひげゼンマイ上で往復運動をするものがあります。手作業で丁寧に成形されたターミナルコイルは、テンプが完璧に規則正しく振動する上で重要な役割を担っています。これにより、時計の精度が向上するのです。

    2015-09-23T06:58:35

  18. IWC Portugieser Annual Calendar

    IWCのアニュアルカレンダー
    新しく誕生した小さな永遠

    自社製キャリバー52850の新しいIWCのアニュアル・カレンダーは、永久カレンダー付きの「ポルトギーゼ」と日付表示付きの「ポルトギーゼ」のギャップを埋めるだけではありません。カレンダーの調整が簡単になり、2月の最終日に手動で調整するだけです。

    2015-07-24T10:13:21

  19. IWC Portugieser Tourbillon Mystère Rétrograde

    浮遊するように時を刻む機構

    多くの時計職人が、彼らの最も好きな複雑機構はトゥールビヨンであると言うでしょう。

    2015-06-24T15:34:52

  20. Saint_Exupery

    飛ぶことを夢みて

    2015-06-19T08:22:40

  21. 精度の調整

    IWCの腕時計を正確に作動させるには、テンプの振動を入念に調整しなければなりません。

    2015-04-09T08:52:55

  22. IWC Portugieser Annual Calendar

    新作「ポルトギーゼ」コレクションのご紹介

    IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが、新作「ポルトギーゼ」を詳しくご紹介します。

    2015-01-26T14:50:57

  23. IWC Portofino Midsize Moon Phase

    時の流れを魅せる美しい舞台

    IWCのコレクションには100種類以上の文字盤が存在

    2015-01-19T11:06:06

  24. IWC Schaffhausen

    IWC「ポルトギーゼ」 - 伝説のアイコンウォッチ

    2015年「ポルトギーゼ」コレクションのムービーを見る

    2015-01-19T08:25:08

  25. IWCはアイコンウォッチの
    75周年を祝します

    2015年、IWCシャフハウゼンは、時計作りの伝統を受け継ぐアイコンウォッチ、「ポルトギーゼ」の75周年を祝います。

    2015-01-19T05:30:00

  26. IWC 52000 Calibre Movement

    IWC新自社製
    キャリバー52000シリーズ

    自社で開発・製造された新しいキャリバー52000シリーズは、多くの技術的な改善を特色としています。

    2014-11-19T05:30:00

  27. IWC London Film Festival

    IWCシャフハウゼンがBFIに敬意を表明

    第58回BFIロンドン映画祭は、アメリカン・エキスプレス®とのパートナーシップのもと、2014年10月8日から10月18日まで開催されます。IWCシャフハウゼンは、オフィシャル・タイム・パートナーとしてこの栄えあるイベントを支援します。

    2014-09-03T11:42:22

  28. IWC Oils

    規則正しく時を刻むために

    どの程度の重圧や負荷にさらされてきたかによって、ムーブメントの内部機構の約50カ所に、腕時計に特化して開発されたオイルやグリースが施されます。

    2014-07-03T10:00:13

  29. ガラパゴス諸島に明るい未来を

    「1835年9月17日。散歩の途中で2頭の大きなリクガメに出会った。どちらも、少なくとも体重200ポンドはあるだろう。1頭はサボテンを食べており、私が近づくとこちらを見つめ、不機嫌な様子でゆっくりと立ち去った。もう片方は低い唸り声を発し、甲羅に頭を引っ込めた。」

    2014-06-02T14:38:08

  30. Kurt Klaus

    物語と夢を紡ぐ芸術

    どの腕時計も、その由来、歴史、特徴、個性、伝統、文化、そして特に所有者にまつわる物語を伝えます。

    2014-04-25T15:47:17

  31. 研究所でのテスト

    IWCシャフハウゼンでは、タイムピースの新モデルに厳しいテストを課しています。この一連のテストは、温かい塩水槽に長期間浸したり、過酷な環境を再現した試験室に隔離したりと、最大で50段階もの独立したステップで構成されています。こうしたすべての工程を経てこそ、時計が最終的にお客様のお手元に届いた後、日常生活やさらに厳しい条件下での使用に適した機能が確保されるのです。

    2014-04-23T17:38:19

  32. Dragonland

    ドラゴンの棲む島 - ガラパゴス諸島

    半世紀以上にわたり、チャールズ・ダーウィン財団は、有名なガラパゴス諸島に生息する動植物相を調査研究すると共に、このユニークな自然の楽園を保全する活動に取り組むエクアドル政府のアドバイザーも務めています。今回は、そうした進化を守る人々のもとを訪れたときの模様をご紹介します。

    2014-02-06T09:00:00

  33. Aquatimer

    新しい「アクアタイマー」コレクションの世界

    IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが、「アクアタイマー」コレクションの新モデルのデザインをご紹介します。

    2014-01-23T10:00:00

  34. SIHH 2014 Booth

    SIHH 2014:IWCブースの舞台裏

    波はジュネーブへと向かいます。IWCは、第24回国際高級時計見本市(SIHH)にご来場の皆様を、新しい「アクアタイマー」コレクションの魅惑のモデルをご堪能いただける深海の世界へと誘います。

    2014-01-21T06:00:00

  35. Aquatimer video Screenshot

    IT'S AQUA TIME
    新しい「アクアタイマー」のビデオ

    IWCのダイバーズ・ウォッチは進化し続けています。

    2014-01-20T10:00:00

  36. たゆみない進化がもたらす発展

    今年の主役は「アクアタイマー」。IWCの伝説のダイバーズ・ウォッチ・コレクションに、新しいタイムピースが加わります。全モデルにIWCのエンジニアが開発したセーフダイブ・システムが搭載され、ダイビングの安全性と利便性が向上しています。IWCは今日まで50年間、水中での使用のために設計された時計る技術革新を牽引し続けています。

    2014-01-17T12:52:07

  37. Sound_check_engine_AMG_972x426

    音の追求

    高い技術力を誇るメルセデス・ベンツの子会社が製造した、轟音を放つ大型のエンジン。力強く荒々しい音を立てて始動し、その数秒後には低く唸るような音が迫力のある爆音に変わります。

    2013-11-29T09:13:12

  38. 男のためのオート・オルロジュリー・ガイド

    ムーブメント、機能や表示、ケースなどの開発や改良こそ、1868年の創設以来、IWCの哲学としてその中核を成してきました。永久カレンダー、トゥールビヨン、 ミニッツ・リピーターといった複雑機構は、時計製造の歴史における重要な功績であるだけでなく、IWC自社における設計と開発の努力が結実したものです。 アイコニックなコレクションに捧げる7つのエピソードから構成される「男のためのオート・オルロジュリー・ガイド」では、IWCシャフハウゼンのオート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)の世界をご紹介いたします。

    2013-11-22T12:10:34

  39. HALF_WAY_TO_THE_MOON_Trucks_972x426

    その距離、実に地球から月までの半分

    メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームにとって、フォーミュラ1(F1)グランプリへの参戦は、1万個ものパーツで構成される30トンに及ぶ資材と60名は下らない従業員を五大陸にまたがる世界各国のサーキットに送り込むことを意味しています。各目的地においてすべてが予定どおりに到着することを確実なものとしなければならないのは勿論のこと、そのために、システマティックであると同時に、臨機応変に状況に対処することも求められます。

    2013-11-15T07:00:00

  40. Grande Complication Dial Explained

    小さな世界

    世界は時間とともに動いています。IWCの「ポルトギーゼ・グランド・コンプリケーション」は、そのような時間をあらゆる尺度に集約したようなデザインで、控えめながらも美しく設計されたこのタイムピースの文字盤には、傾いた地球が彫り込まれています。

    2013-09-13T10:37:27

  41. 次世代のIWCエンジニアたち

    60年以上もの間、IWCは自社工房で研修を実施し、世代を超えて時計職人の育成に取り組んできました。 研修生には、手先の器用さと技術的な才能が要求されます。研修の終了後も、大半の研修生がスイス北東部にあるIWCに残って仕事を続けています。

    2013-08-27T12:57:57

  42. Swiss National Day

    8月1日、スイス ナショナルデー

    IWCの時計職人の隠れた技術を見る

    2013-07-24T12:42:15

  43. 89800 Calibre Movement

    永遠のデジタル表示

    2009年に発表されたIWC製キャリバー89800は、デジタル日付表示の定義を塗り替えました。永久カレンダーのトリプルディスク機構は大型の日付表示と月表示を備え、閏年の周期がやや控えめに表示されています。

    2013-07-22T15:56:00

  44. 最高のドライバーに最高のヘルメットを

    ドイツのマクデブルクに拠点を構え、長い伝統を受け継いできたヘルメットメーカーのシューベルトは、2000年からフォーミュラ・ワン(F1)の公式サプライヤーを務めています。「最高のドライバーに最高のヘルメットを」が同社のモットーです。事実、シューベルトのヘルメットを選んだドライバーたちは、計5回も世界チャンピオンに輝いています。

    2013-07-01T08:01:47

  45. トップシークレット

    フォーミュラ・ワン(F1)マシンの設計で最も重要な部分のひとつがエアロダイナミクス(空力)です。メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームの代表ロス・ブラウンは、空力こそがマシンのパフォーマンスの決め手となる最も重要な条件であると言います。風洞がマシンの開発プログラムの心臓部である理由も、まさにそこにあります。

    2013-06-11T13:58:33

  46. Ingenieur Automatic

    彫刻家・デザイナー

    彫刻家でありデザイナーでもある彼は、非凡な才能を備えた人物であり、たとえあなたがデザインの分野に精通していなくとも、評判は耳にしたことがあるに違いありません。彼の名前は厳格さの代名詞でもあるのです。

    2013-02-26T09:39:54

  47. エンジニアであることの真髄

    ガタガタと不安定な音を立ててエンジンが止まると、ベンツは手の甲で額の汗を拭いながら、我が子のように大切な金属製の機械を覗きこみました。

    2013-02-18T09:18:25

  48. Ingenieur 2013 Collection

    新作「インヂュニア」コレクションのご紹介

    IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが「インヂュニア」コレクションの新モデルを詳しくご紹介します。

    2013-01-24T16:26:32

  49. IWC's SIHH Booth 2013

    SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

    「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。

    2013-01-24T16:22:29

  50. インヂュニア - ポールポジションからのスタート

    発売に先駆け、新しいコレクションを皆様にご紹介いたします。こちらのビデオをご覧になり、間もなく登場する新コレクションをご堪能ください。

    2013-01-16T17:54:53

  51. インヂュニア:伝説のストーリー

    1955年にIWCシャフハウゼンが発表した「インヂュニア」は、旋風を巻き起こしました。その「インヂュニア」誕生の裏には、それよりも遥か昔1888年まで遡るストーリーがあったのです。

    2013-01-14T17:18:04

  52. 第五章:時計のメンテナンス方法

    IWCの時計をお買い上げの皆様は、至高の技術の賜物である卓越した品質を堪能されていることでしょう。

    2012-12-28T07:58:59

  53. 第四章:長い歴史の中で誕生したIWCのアイコンウォッチの数々

    IWCの歴史は、その揺ぎないブランドバリューの基盤となっています。このビデオは、“男のための時計購入ガイド”と名付けられた IWC ビデオシリーズの第四作目です。

    2012-12-20T09:31:52

  54. ライン川畔のアトリエ

    オート・オルロジュリ―(英語ではHigh Horology)とは、その名の通り”高度な時計製造技術”を意味します。高級複雑時計製造は、ある意味において全て高水準を追求し、IWCシャフハウゼンで製造される高級時計は、技巧、技術、そして非常に細やかな手作業を要します。

    2012-12-19T13:55:52

  55. スコットランド出身の偉才

    多くの病気に対する新しい治療法を発見するため、献身的に努力する優秀な研究者でもあり、勤務先のロシュ社のサッカーチームを数年にわたり指導する熱心なコーチでもある。工学的な美しさと機械式ムーブメントの精度に惹かれる時計愛好家の顔をも持つアンドリュー・トーマスは、多種多様な事柄に情熱を注いでいる。

    2012-12-03T07:48:18

  56. 第三章:スタイルと時計との関わりとは?

    時計は、男性が自身のスタイルを主張する際に用いる最も重要なアイテムです。

    2012-11-30T05:29:22

  57. 第二章:複雑機構とは?

    時計の文字盤上に並ぶ小さなダイヤルは何なのだろうと不思議に思ったことはありませんか?多くの場合、それらは単なる装飾ではなく、機械式時計の卓越した性能をさらに高める複雑機構や特別な機能のために付属しています。

    2012-11-16T13:02:45

  58. 第一章:ムーブメントとは?

    時計が時を告げることは誰もが知るところですが、それだけではありません。IWCの機械式時計は芸術品であり、スタイルの表現であり、さらには技術的な感動でもあります。

    2012-10-26T12:56:42

  59. 世代を超えて

    一面にフレスコ画が描かれている壁。その傍のテーブルに座る父と息子。バロック様式の館を社屋とするベネトン本社は、北イタリアの都市トレヴィーゾの郊外にあります。

    2012-10-04T14:37:51

  60. 090902-White-Mike-0112v_header

    SHARKS

    マイケル・ミュラーはこれまで、夢を創造するアメリカのハリウッドを舞台に、数多くの美しい人々、セレブ、才能豊かな有名人を撮影してきました。

    2012-08-14T15:05:15

  61. 雄飛する男たち

    IWCの「パイロット・ウォッチ」のアイコン的地位は、決して空想の産物などではありません。IWCの価値観を体現するこれらの時計は極めて高い人気を博し、スイス時計業界においてパイロット・ウォッチというひとつのジャンルを打ち立てました。

    2012-01-13T10:57:56

  62. コンプリケーションが
    「グランド」の名を冠するとき

    いまだ人々の記憶に名を刻む著名な英国人登山家にして、三度目のエベレスト遠征で命を落としたことでも知られるジョージ・マロリーは、1924年、なぜエベレストに登るのか?と問われて、こう答えています。「そこに山があるから」 ― この答えは、登山にまつわる最も有名な言葉となりました。

    2011-12-20T09:13:09

  63. ケース製造の芸術と科学

    スイス北部の街シャフハウゼンの郊外 ― 名高いライン滝を臨む小さな町ノイハウゼンに、スイスの時計メーカーIWCの工場がひっそりと佇んでいます。

    2011-11-29T12:53:06

  64. インスティチュート・オブ・スイス・
    ウォッチメイキング(IOSW)

    高級時計の需要がますます高まるにつれ、その製造に携わる有資格の時計職人に対する需要もさらに増加をたどる一方です。

    2011-10-04T11:30:00

  65. 星空を仰ぐ時

    「ポルトギーゼ・シデラーレ・スカフージア」は、IWCシャフハウゼンが高級時計業界という星空に送り出した ひときわ煌めく新星です。この見事な傑作時計には、10年にもおよぶ徹底的な研究開発が費やされ、 完成までに様々な分野における外部専門家たちの協力を得ました。

    2011-08-29T09:16:12

  66. 生涯を懸けた情熱

    ハンスイェルク・キトラス、ミニッツ・リピーターへの生涯を懸けた情熱を語る

    2011-08-24T14:30:58

  67. C. G. ユング

    分析心理学の創始者として後世に名を残すC. G. ユング(1875年~1961年)。この高名な心理学者の功績は誰もが 知るところでしょうが、彼の結婚相手がシャフハウゼンに拠点をおく時計マニファクチュール、IWCの当時の オーナーの娘だったことや、それに伴い、IWCの共同経営者に就いていたことなどは、あまり知られていません。

    2011-08-19T11:04:58