その他の記事
ガラパゴス諸島に明るい未来を

「1835年9月17日。散歩の途中で2頭の大きなリクガメに出会った。どちらも、少なくとも体重200ポンドはあるだろう。1頭はサボテンを食べており、私が近づくとこちらを見つめ、不機嫌な様子でゆっくりと立ち去った。もう片方は低い唸り声を発し、甲羅に頭を引っ込めた。」

Aquatimer
新しい「アクアタイマー」コレクションの世界

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが、「アクアタイマー」コレクションの新モデルのデザインをご紹介します。

SIHH 2014 Booth
SIHH 2014:IWCブースの舞台裏

波はジュネーブへと向かいます。IWCは、第24回国際高級時計見本市(SIHH)にご来場の皆様を、新しい「アクアタイマー」コレクションの魅惑のモデルをご堪能いただける深海の世界へと誘います。

Ingenieur 2013 Collection
新作「インヂュニア」コレクションのご紹介

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが「インヂュニア」コレクションの新モデルを詳しくご紹介します。

雄飛する男たち

IWCの「パイロット・ウォッチ」のアイコン的地位は、決して空想の産物などではありません。IWCの価値観を体現するこれらの時計は極めて高い人気を博し、スイス時計業界においてパイロット・ウォッチというひとつのジャンルを打ち立てました。

生涯を懸けた情熱

ハンスイェルク・キトラス、ミニッツ・リピーターへの生涯を懸けた情熱を語る

インヂュニア:伝説のストーリー

1955年にIWCシャフハウゼンが発表した「インヂュニア」は、旋風を巻き起こしました。その「インヂュニア」誕生の裏には、それよりも遥か昔1888年まで遡るストーリーがあったのです。

男のためのオート・オルロジュリー・ガイド

ムーブメント、機能や表示、ケースなどの開発や改良こそ、1868年の創設以来、IWCの哲学としてその中核を成してきました。永久カレンダー、トゥールビヨン、 ミニッツ・リピーターといった複雑機構は、時計製造の歴史における重要な功績であるだけでなく、IWC自社における設計と開発の努力が結実したものです。 アイコニックなコレクションに捧げる7つのエピソードから構成される「男のためのオート・オルロジュリー・ガイド」では、IWCシャフハウゼンのオート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)の世界をご紹介いたします。

エクスペリエンス

SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

日付 — 2013年1月24日

共有:

「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。 この最新コレクションには、時計マニュファクチュールIWC シャフハウゼンと、メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™チームの新たなパートナーシップの精神が明確に反映されています。

その他の記事
ガラパゴス諸島に明るい未来を

「1835年9月17日。散歩の途中で2頭の大きなリクガメに出会った。どちらも、少なくとも体重200ポンドはあるだろう。1頭はサボテンを食べており、私が近づくとこちらを見つめ、不機嫌な様子でゆっくりと立ち去った。もう片方は低い唸り声を発し、甲羅に頭を引っ込めた。」

Aquatimer
新しい「アクアタイマー」コレクションの世界

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが、「アクアタイマー」コレクションの新モデルのデザインをご紹介します。

SIHH 2014 Booth
SIHH 2014:IWCブースの舞台裏

波はジュネーブへと向かいます。IWCは、第24回国際高級時計見本市(SIHH)にご来場の皆様を、新しい「アクアタイマー」コレクションの魅惑のモデルをご堪能いただける深海の世界へと誘います。

Ingenieur 2013 Collection
新作「インヂュニア」コレクションのご紹介

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが「インヂュニア」コレクションの新モデルを詳しくご紹介します。

雄飛する男たち

IWCの「パイロット・ウォッチ」のアイコン的地位は、決して空想の産物などではありません。IWCの価値観を体現するこれらの時計は極めて高い人気を博し、スイス時計業界においてパイロット・ウォッチというひとつのジャンルを打ち立てました。

生涯を懸けた情熱

ハンスイェルク・キトラス、ミニッツ・リピーターへの生涯を懸けた情熱を語る

インヂュニア:伝説のストーリー

1955年にIWCシャフハウゼンが発表した「インヂュニア」は、旋風を巻き起こしました。その「インヂュニア」誕生の裏には、それよりも遥か昔1888年まで遡るストーリーがあったのです。

男のためのオート・オルロジュリー・ガイド

ムーブメント、機能や表示、ケースなどの開発や改良こそ、1868年の創設以来、IWCの哲学としてその中核を成してきました。永久カレンダー、トゥールビヨン、 ミニッツ・リピーターといった複雑機構は、時計製造の歴史における重要な功績であるだけでなく、IWC自社における設計と開発の努力が結実したものです。 アイコニックなコレクションに捧げる7つのエピソードから構成される「男のためのオート・オルロジュリー・ガイド」では、IWCシャフハウゼンのオート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)の世界をご紹介いたします。