その他の記事
Ingenieur Constant-Force Tourbillon
不変は力

IWCのコンスタントフォース機構により脱進機が一定の力を供給し、最高の精度が保障されます。

breguet_spring
巻き上げひげによる精度の向上

IWCのキャリバーの中には、テン輪の縁がブレゲひげゼンマイ上で往復運動をするものがあります。手作業で丁寧に成形されたターミナルコイルは、テンプが完璧に規則正しく振動する上で重要な役割を担っています。これにより、時計の精度が向上するのです。

IWC Portugieser Annual Calendar
IWCのアニュアルカレンダー
新しく誕生した小さな永遠

自社製キャリバー52850の新しいIWCのアニュアル・カレンダーは、永久カレンダー付きの「ポルトギーゼ」と日付表示付きの「ポルトギーゼ」のギャップを埋めるだけではありません。カレンダーの調整が簡単になり、2月の最終日に手動で調整するだけです。

IWC Portugieser Tourbillon Mystère Rétrograde
浮遊するように時を刻む機構

多くの時計職人が、彼らの最も好きな複雑機構はトゥールビヨンであると言うでしょう。

精度の調整

IWCの腕時計を正確に作動させるには、テンプの振動を入念に調整しなければなりません。

IWC 52000 Calibre Movement
IWC新自社製
キャリバー52000シリーズ

自社で開発・製造された新しいキャリバー52000シリーズは、多くの技術的な改善を特色としています。

IWC Oils
規則正しく時を刻むために

どの程度の重圧や負荷にさらされてきたかによって、ムーブメントの内部機構の約50カ所に、腕時計に特化して開発されたオイルやグリースが施されます。

研究所でのテスト

IWCシャフハウゼンでは、タイムピースの新モデルに厳しいテストを課しています。この一連のテストは、温かい塩水槽に長期間浸したり、過酷な環境を再現した試験室に隔離したりと、最大で50段階もの独立したステップで構成されています。こうしたすべての工程を経てこそ、時計が最終的にお客様のお手元に届いた後、日常生活やさらに厳しい条件下での使用に適した機能が確保されるのです。

エクスペリエンス

インスティチュート・オブ・スイス・
ウォッチメイキング(IOSW)

日付 — 2011年10月4日

共有:

高級時計の需要がますます高まるにつれ、その製造に携わる有資格の時計職人に対する需要もさらに増加をたどる一方です。 このニーズに応えるため、2008年にリシュモングループはインスティチュート・オブ・スイス・ウォッチメイキング(以下IOSW)を設立し、向上心とプロ意識を持つ人材を集め、時計技術者育成に特化した教育と研修を提供しています。

IOSWは、ダラスを拠点とするノース・アメリカン・インスティチュート・オブ・スイス・ウォッチメイキング(NAIOSW)と香港のホンコン・インスティチュート・オブ・ウォッチメイキング(HKIOSW)、上海のチャイナ・インスティチュート・オブ・ウォッチメイキング(CNIOSW)の3校を、2009年から2011年にかけて開校し、「スイス製」ならではの卓越した技術と品質の証として国際的にも認められているウォステップ(WOSTEP: Watchmakers of Switzerland Training and Educational Program)の認定取得に向けた教育プログラムを実践しています。

IWCはIOSWと提携し、同機関のトレーニングプログラムに大きく貢献しています。その目標は、高級時計製造におけるノウハウと専門性を併せ持つ人材を世界規模で育成することであり、こうした取り組みが、世界各国にいるIWCのお客様に質の高いサービスをお届けすることにつながると信じています。

IOSWに関する詳細情報はこちらをご覧ください:www.iosw.com

その他の記事
Ingenieur Constant-Force Tourbillon
不変は力

IWCのコンスタントフォース機構により脱進機が一定の力を供給し、最高の精度が保障されます。

breguet_spring
巻き上げひげによる精度の向上

IWCのキャリバーの中には、テン輪の縁がブレゲひげゼンマイ上で往復運動をするものがあります。手作業で丁寧に成形されたターミナルコイルは、テンプが完璧に規則正しく振動する上で重要な役割を担っています。これにより、時計の精度が向上するのです。

IWC Portugieser Annual Calendar
IWCのアニュアルカレンダー
新しく誕生した小さな永遠

自社製キャリバー52850の新しいIWCのアニュアル・カレンダーは、永久カレンダー付きの「ポルトギーゼ」と日付表示付きの「ポルトギーゼ」のギャップを埋めるだけではありません。カレンダーの調整が簡単になり、2月の最終日に手動で調整するだけです。

IWC Portugieser Tourbillon Mystère Rétrograde
浮遊するように時を刻む機構

多くの時計職人が、彼らの最も好きな複雑機構はトゥールビヨンであると言うでしょう。

精度の調整

IWCの腕時計を正確に作動させるには、テンプの振動を入念に調整しなければなりません。

IWC 52000 Calibre Movement
IWC新自社製
キャリバー52000シリーズ

自社で開発・製造された新しいキャリバー52000シリーズは、多くの技術的な改善を特色としています。

IWC Oils
規則正しく時を刻むために

どの程度の重圧や負荷にさらされてきたかによって、ムーブメントの内部機構の約50カ所に、腕時計に特化して開発されたオイルやグリースが施されます。

研究所でのテスト

IWCシャフハウゼンでは、タイムピースの新モデルに厳しいテストを課しています。この一連のテストは、温かい塩水槽に長期間浸したり、過酷な環境を再現した試験室に隔離したりと、最大で50段階もの独立したステップで構成されています。こうしたすべての工程を経てこそ、時計が最終的にお客様のお手元に届いた後、日常生活やさらに厳しい条件下での使用に適した機能が確保されるのです。