その他の記事
ガラパゴス諸島に明るい未来を

「1835年9月17日。散歩の途中で2頭の大きなリクガメに出会った。どちらも、少なくとも体重200ポンドはあるだろう。1頭はサボテンを食べており、私が近づくとこちらを見つめ、不機嫌な様子でゆっくりと立ち去った。もう片方は低い唸り声を発し、甲羅に頭を引っ込めた。」

Aquatimer
新しい「アクアタイマー」コレクションの世界

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが、「アクアタイマー」コレクションの新モデルのデザインをご紹介します。

SIHH 2014 Booth
SIHH 2014:IWCブースの舞台裏

波はジュネーブへと向かいます。IWCは、第24回国際高級時計見本市(SIHH)にご来場の皆様を、新しい「アクアタイマー」コレクションの魅惑のモデルをご堪能いただける深海の世界へと誘います。

Ingenieur 2013 Collection
新作「インヂュニア」コレクションのご紹介

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが「インヂュニア」コレクションの新モデルを詳しくご紹介します。

IWC's SIHH Booth 2013
SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。

雄飛する男たち

IWCの「パイロット・ウォッチ」のアイコン的地位は、決して空想の産物などではありません。IWCの価値観を体現するこれらの時計は極めて高い人気を博し、スイス時計業界においてパイロット・ウォッチというひとつのジャンルを打ち立てました。

トップシークレット

フォーミュラ・ワン(F1)マシンの設計で最も重要な部分のひとつがエアロダイナミクス(空力)です。メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームの代表ロス・ブラウンは、空力こそがマシンのパフォーマンスの決め手となる最も重要な条件であると言います。風洞がマシンの開発プログラムの心臓部である理由も、まさにそこにあります。

Kurt Klaus
物語と夢を紡ぐ芸術

どの腕時計も、その由来、歴史、特徴、個性、伝統、文化、そして特に所有者にまつわる物語を伝えます。

エクスペリエンス

生涯を懸けた情熱

ハンスイェルク・キトラス、ミニッツ・リピーターへの生涯を懸けた情熱を語る

テキスト — メダルド・マイヤー 写真 — デビッド・ウィレン 日付 — 2011年8月24日

共有:
—特別時計部門責任者であるハンスイェルク・キトラスは、ミニッツ・リピーターを「生涯を懸けた情熱」と称します

ベルリンの壁が崩壊した後、IWCシャフハウゼンがザクセンにおける時計製造業の復興に多大な貢献を果たしたという事実は公然の秘密となっています。A.ランゲ&ゾーネの成功が、その何よりの証拠でしょう。現在は、一流の時計職人である36歳のハンスイェルク・キトラスが、驚くべき複雑さと高度な機構を持つ「ポルトギーゼ・ミニッツ・リピーター」を筆頭とした、IWCの特別なタイムピースの責任者を務めています。

事の始まりはこうでした。ドイツにおける時計製造の中心地、グラスヒュッテの学校を卒業したキトラスは、機械式時計に惹かれ、見習い職人として修業を積むことを決意しました。

研修で見事な成績を収めた彼は、最終試験の日、当時A. ランゲ&ゾーネのCEOであったハルトムート・クノーテの目に留まりました。「当初はクノーテのもとで仕事を始め、その後に一年間シャフハウゼンで働こうと考えていました」と、キトラスは当時を振り返ります。「当時は自分のことを門外漢だと感じていたからです。高級時計とは全く縁がなかったものですから。」

結局、彼はドレスデンに移住すると、自社工房を持つ時計のアウトレット販売会社に就職しました。しかし、クノーテはあきらめませんでした。1年後、キトラスはクノーテのもとで働くことに同意しました。「私は、期が熟するのを待っていたのです。」若きキトラスは、すぐに600キロ離れたシャフハウゼンに移るように伝えられました。

それ以来、彼はこの地で暮らしています。当初はあまり気乗りしなかったと、キトラスは振り返ります。しかし、母国をとりまく経済状態が悪化していたことや、後にキトラスの妻となる女性(同じくグラスヒュッテ出身の時計職人)との出会いもあり、スイスに定住する覚悟を決めたのです。

—「グランド・コンプリケーション」と「ポルトギーゼ・ミニッツ・リピーター」の高度に複雑なミニッツ・リピーター機構は、透明感のある澄んだ音色のチャイムで時を告げる

2児をもうけ家族をもったキトラスは、ライン滝のほとりで幸せな生活を送っています。3年前にIWCの特別時計部門の責任者に任命されてからは、ミニッツ・リピーターに精力をつぎ込んでいます。彼はこの機構を「生涯を懸けた情熱」と呼びます。キトラスが手掛けるミニッツ・リピーター機構は350個におよぶ細かな部品で構成され、最も小さな軸などは厚さ0.40mm、長さ0.75mm、窪みは正確に0.28mmしかありません。調整作業、複雑機構の組み立て、多数の小さな歯車と輪が様々なレベルで正しく噛み合っているかどうかの確認はもとより、2つの小さなハンマーが、美しく深い音色で「時」を告げ、可憐な高い音色で「分」を知らせるように仕上げることは極めて厳しい仕事です。キトラスがこのすべての工程を終えるには、3週間を要します。すべての機能が完璧に作動していることが確認されると、ムーブメントはもう一度、個々の部品に分解されます。

その後、丸1日を費やして再研磨とクリーニング、そしてふたたび組み立てを行ない、さらに潤滑油をさし、テストを実施します。キトラス曰く、この工程では「とにかく徹底的にクリーニングが行われます。」専門家の意見を簡潔に要約するなら、ミニッツ・リピーターを所有する幸運なオーナーの皆様には、5年毎の点検をお勧めするということです。

冷静沈着な人柄のキトラスは、まさに時計職人の鑑です。余暇にドラムを演奏したり、シャフハウゼン北部に至る曲がりくねった峠道をバイクで疾走したりしている彼の姿など、とても想像できないでしょう。
ことによると、この対照性は、卓越した時計職人が仕事と私生活の調和を保つために、あらゆる意味で重要な要素なのかもしれません。

その他の記事
ガラパゴス諸島に明るい未来を

「1835年9月17日。散歩の途中で2頭の大きなリクガメに出会った。どちらも、少なくとも体重200ポンドはあるだろう。1頭はサボテンを食べており、私が近づくとこちらを見つめ、不機嫌な様子でゆっくりと立ち去った。もう片方は低い唸り声を発し、甲羅に頭を引っ込めた。」

Aquatimer
新しい「アクアタイマー」コレクションの世界

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが、「アクアタイマー」コレクションの新モデルのデザインをご紹介します。

SIHH 2014 Booth
SIHH 2014:IWCブースの舞台裏

波はジュネーブへと向かいます。IWCは、第24回国際高級時計見本市(SIHH)にご来場の皆様を、新しい「アクアタイマー」コレクションの魅惑のモデルをご堪能いただける深海の世界へと誘います。

Ingenieur 2013 Collection
新作「インヂュニア」コレクションのご紹介

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが「インヂュニア」コレクションの新モデルを詳しくご紹介します。

IWC's SIHH Booth 2013
SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。

雄飛する男たち

IWCの「パイロット・ウォッチ」のアイコン的地位は、決して空想の産物などではありません。IWCの価値観を体現するこれらの時計は極めて高い人気を博し、スイス時計業界においてパイロット・ウォッチというひとつのジャンルを打ち立てました。

トップシークレット

フォーミュラ・ワン(F1)マシンの設計で最も重要な部分のひとつがエアロダイナミクス(空力)です。メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームの代表ロス・ブラウンは、空力こそがマシンのパフォーマンスの決め手となる最も重要な条件であると言います。風洞がマシンの開発プログラムの心臓部である理由も、まさにそこにあります。

Kurt Klaus
物語と夢を紡ぐ芸術

どの腕時計も、その由来、歴史、特徴、個性、伝統、文化、そして特に所有者にまつわる物語を伝えます。