その他の記事
IWC's SIHH Booth 2013
SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。

Ingenieur 2013 Collection
新作「インヂュニア」コレクションのご紹介

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが「インヂュニア」コレクションの新モデルを詳しくご紹介します。

エンジニアであることの真髄

ガタガタと不安定な音を立ててエンジンが止まると、ベンツは手の甲で額の汗を拭いながら、我が子のように大切な金属製の機械を覗きこみました。

ボルボ・オーシャンレース・トラッカー

こちらのインタラクティブツールで、白熱するボルボ・オーシャンレースの進展を追跡していただくことができます。

ケース製造の芸術と科学

スイス北部の街シャフハウゼンの郊外 ― 名高いライン滝を臨む小さな町ノイハウゼンに、スイスの時計メーカーIWCの工場がひっそりと佇んでいます。

男のためのオート・オルロジュリー・ガイド

ムーブメント、機能や表示、ケースなどの開発や改良こそ、1868年の創設以来、IWCの哲学としてその中核を成してきました。永久カレンダー、トゥールビヨン、 ミニッツ・リピーターといった複雑機構は、時計製造の歴史における重要な功績であるだけでなく、IWC自社における設計と開発の努力が結実したものです。 アイコニックなコレクションに捧げる7つのエピソードから構成される「男のためのオート・オルロジュリー・ガイド」では、IWCシャフハウゼンのオート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)の世界をご紹介いたします。

090902-White-Mike-0112v_header
SHARKS

マイケル・ミュラーはこれまで、夢を創造するアメリカのハリウッドを舞台に、数多くの美しい人々、セレブ、才能豊かな有名人を撮影してきました。

Aquatimer
新しい「アクアタイマー」コレクションの世界

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが、「アクアタイマー」コレクションの新モデルのデザインをご紹介します。

エクスペリエンス

パトリック・デンプシー:
天性のレーサー

テキスト — Dirk C. Rheker 日付 — 2013年4月29日

共有:

ボリュームを出してセットされたヘアスタイル、レザーパンツ、ゆったりとしたベージュのスポーツジャケット。1980年代、パトリック・デンプシーは時代の典型のようなアイドルでした。

同世代の俳優たちの中でも抜群の輝きを放っていたとはいえ、若かりし頃のデンプシーは確かに洗練されているとは言い難いルックスでした。幸いなことに、現在の彼には当時の片鱗は全くありません。それどころか、テレビドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』で「色男先生(マックドリーミー)」と呼ばれる人気キャラクター、デレク・シェパード医師を演じたことがきっかけで、彼のキャリアは大きく開花しました。今や、年齢を重ねるごとにますます魅力を増す理想の男性像として、女性たちの憧れの的となっています。

メイン州で育ったデンプシーは、幼い頃から大舞台に立つことを夢見ていました。15歳の時、ピエロとしてスポットライトを浴びようと、独学でジャグリングと一輪車を修得。全米ジャグリング大会では3位に入賞しました。サーカスで活躍するという夢は叶いませんでしたが、同じように華やかな世界であるハリウッドで頭角を現すようになりました。1987年にコメディ映画『キャント・バイ・ミー・ラブ』で主演を演じ、女性の胸をときめかせるスターとしての素質を早くも明らかにしました。その後、『モブスターズ/青春の群像』や『アウトブレイク』などの映画、そして人気テレビドラマ『ふたりは友達? ウィル&グレイス』でも注目を集めました。『メラニーは行く!』では、リース・ウィザースプーンの婚約者を演じ、実話に基づく『フリーダム・ライターズ』では、ヒラリー・スワンクの相手役を務めました。また、ディズニーのヒット映画『魔法にかけられて』でも好演しています。最近では『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』に出演したほか、クライムコメディ『フライペーパー! 史上最低の銀行強盗』でアシュレイ・ジャッドと共演しました。

パイロット・ウォッチ・クロノグラフ
“トップガン”

—Ref. 3880

詳細を見る

レース場では、勝者が明らかになります。

—パトリック・デンプシー

しかし何と言っても彼のイメージに最大の影響をもたらしているのは、デレク・シェパード医師の役柄です。おそらく、病院を舞台とするテレビ作品に登場した最も有名な医師として、ジョージ・クルーニーが『ER 救急救命室』で演じたダグラス・ロス医師と肩を並べる存在でしょう。「実は、スターになろうと思ったことはまったくありません」と眩しい笑顔で語るデンプシー。「俳優として生計を立てようと、懸命に仕事をしてきただけです」と彼が言えば、誰もがその言葉を信じたくなってしまいます。

何百万人という女性たちがスクリーンに映るデンプシーの姿に熱い視線を注いでいますが、最も熱心なファンといえば、妻のジリアン・フィンクとの間に生まれた娘のタルーラ・ファイフでしょう。デンプシーは「ある日、娘が『パパって、けっこうかっこいいのね』と言ってくれました」と語り、「これまでに言われた中で最高の褒め言葉でしたよ!」と、特別な瞬間を思い出しながら微笑みを浮かべます。そんな彼が最もくつろげる場所が、妻と共に築いてきた家庭であることは当然でしょう。2007年2月に双子のダービー・ギャレンとサリバン・パトリックが誕生し、ますます幸せな家庭となりました。デンプシーとその愛する家族は、メイン州の大きな農場で過ごす静かな安らぎの時間を大切にしています。そのすぐ隣には彼の母親の家があります。

だからといって、デンプシーの人生はここでゴールを迎えたわけではありません。実を言えば、1秒に満たない一瞬の時間が大きな意味を持つ、モーターレースにも情熱を傾けているのです。事の発端は、数年前に妻のジリアンが彼に3日間のドライバー訓練コースをプレゼントしたことでした。それからというもの、デンプシーはすっかりレースの虜になっています。彼は「レース場では、勝者が明らかになります」と、サーキットを支配するスピードの過酷さに魅了された表情で語ります。

2009年に自らの名を冠したチーム「デンプシー・レーシング」を設立し、それ以来レースドライバーとしても活躍しています。伝説のル・マン 24時間レースでは、30位という成績を収めました。これまでは先を行くライバルたちの排気管を眺めてばかりだったデンプシーですが、「こんな僕でも、だんだん速く走れるようになってきているのです」といたずらっぽく付け加えます。現在は、ディスカバリー・チャンネルの企画で、有名なカーレースを特集するドキュメンタリーシリーズ『Road to Le Mans (ル・マンへの道)』を撮影中です。これは、彼が心から惹かれる話です。「もちろん、ポール・ニューマンやスティーブ・マックイーンのような俳優たちは、僕のアイドルです。同じ俳優として、生涯にわたりモータースポーツに情熱を傾けた仲間でもあります」と、語ります。デンプシーは今年、再びル・マンに挑戦しようと考えています。いつか、彼が表彰台に上る日が来るかもしれません。何事であれ、本気で望んだものは必ず手に入れる男、それがパトリック・デンプシーなのです。

その他の記事
IWC's SIHH Booth 2013
SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。

Ingenieur 2013 Collection
新作「インヂュニア」コレクションのご紹介

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが「インヂュニア」コレクションの新モデルを詳しくご紹介します。

エンジニアであることの真髄

ガタガタと不安定な音を立ててエンジンが止まると、ベンツは手の甲で額の汗を拭いながら、我が子のように大切な金属製の機械を覗きこみました。

ボルボ・オーシャンレース・トラッカー

こちらのインタラクティブツールで、白熱するボルボ・オーシャンレースの進展を追跡していただくことができます。

ケース製造の芸術と科学

スイス北部の街シャフハウゼンの郊外 ― 名高いライン滝を臨む小さな町ノイハウゼンに、スイスの時計メーカーIWCの工場がひっそりと佇んでいます。

男のためのオート・オルロジュリー・ガイド

ムーブメント、機能や表示、ケースなどの開発や改良こそ、1868年の創設以来、IWCの哲学としてその中核を成してきました。永久カレンダー、トゥールビヨン、 ミニッツ・リピーターといった複雑機構は、時計製造の歴史における重要な功績であるだけでなく、IWC自社における設計と開発の努力が結実したものです。 アイコニックなコレクションに捧げる7つのエピソードから構成される「男のためのオート・オルロジュリー・ガイド」では、IWCシャフハウゼンのオート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)の世界をご紹介いたします。

090902-White-Mike-0112v_header
SHARKS

マイケル・ミュラーはこれまで、夢を創造するアメリカのハリウッドを舞台に、数多くの美しい人々、セレブ、才能豊かな有名人を撮影してきました。

Aquatimer
新しい「アクアタイマー」コレクションの世界

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが、「アクアタイマー」コレクションの新モデルのデザインをご紹介します。