その他の記事
C. G. ユング

分析心理学の創始者として後世に名を残すC. G. ユング(1875年~1961年)。この高名な心理学者の功績は誰もが 知るところでしょうが、彼の結婚相手がシャフハウゼンに拠点をおく時計マニファクチュール、IWCの当時の オーナーの娘だったことや、それに伴い、IWCの共同経営者に就いていたことなどは、あまり知られていません。

インヂュニア:伝説のストーリー

1955年にIWCシャフハウゼンが発表した「インヂュニア」は、旋風を巻き起こしました。その「インヂュニア」誕生の裏には、それよりも遥か昔1888年まで遡るストーリーがあったのです。

コンプリケーションが
「グランド」の名を冠するとき

いまだ人々の記憶に名を刻む著名な英国人登山家にして、三度目のエベレスト遠征で命を落としたことでも知られるジョージ・マロリーは、1924年、なぜエベレストに登るのか?と問われて、こう答えています。「そこに山があるから」 ― この答えは、登山にまつわる最も有名な言葉となりました。

トップシークレット

フォーミュラ・ワン(F1)マシンの設計で最も重要な部分のひとつがエアロダイナミクス(空力)です。メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームの代表ロス・ブラウンは、空力こそがマシンのパフォーマンスの決め手となる最も重要な条件であると言います。風洞がマシンの開発プログラムの心臓部である理由も、まさにそこにあります。

スコットランド出身の偉才

多くの病気に対する新しい治療法を発見するため、献身的に努力する優秀な研究者でもあり、勤務先のロシュ社のサッカーチームを数年にわたり指導する熱心なコーチでもある。工学的な美しさと機械式ムーブメントの精度に惹かれる時計愛好家の顔をも持つアンドリュー・トーマスは、多種多様な事柄に情熱を注いでいる。

世代を超えて

一面にフレスコ画が描かれている壁。その傍のテーブルに座る父と息子。バロック様式の館を社屋とするベネトン本社は、北イタリアの都市トレヴィーゾの郊外にあります。

インスティチュート・オブ・スイス・
ウォッチメイキング(IOSW)

高級時計の需要がますます高まるにつれ、その製造に携わる有資格の時計職人に対する需要もさらに増加をたどる一方です。

89800 Calibre Movement
永遠のデジタル表示

2009年に発表されたIWC製キャリバー89800は、デジタル日付表示の定義を塗り替えました。永久カレンダーのトリプルディスク機構は大型の日付表示と月表示を備え、閏年の周期がやや控えめに表示されています。

エクスペリエンス

たゆみない進化がもたらす発展

テキスト — Manfred Fritz 日付 — 2014年1月17日

共有:

今年の主役は「アクアタイマー」。IWCの伝説のダイバーズ・ウォッチ・コレクションに、新しいタイムピースが加わります。全モデルにIWCのエンジニアが開発したセーフダイブ・システムが搭載され、ダイビングの安全性と利便性が向上しています。IWCは今日まで50年間、水中での使用のために設計された時計る技術革新を牽引し続けています。お気付きでしょうか。これらの新しいタイムピースは、IWCが誇るこの長い伝統の中でも特筆すべき位置にあるのです。

1967年のバーゼル時計見本市でIWCが初代「アクアタイマー」を発表した当時、ダイビングはまだそれほど一般的ではない上に、危険を伴うスポーツでした。「アクアタイマー」という秀逸な名称は、短くシンプルでありながら、200mもの防水性を備えるダイバーズ・ウォッチという製品の特色を端的に表現しています。フランス海軍将校であり、ダイビングのパイオニアでもあるジャック=イヴ・クストーが海中の世界に関する一連の書籍と映像作品を発表し、この知られざる最後の自然の楽園に世間の注目を集めたのもこの頃でした。

クストーが成し遂げた事は容易ではありませんでした。クストー自身も共同開発に参与したレギュレーター、大型の圧縮空気タンク、しばしば自らの手でも接着していたネオプレン製ダイビングスーツ、そして重い鉛製のベルトなど、この種の冒険には特殊な装備が必要だったからです。初期のダイビングは、どこか謎めいた潜水工作員や、大胆不敵な恐るべき奇襲部隊員による活動が主流でした。潜水時間と水深に基づいて減圧停止を計算するための潜水表が世界で初めて登場した頃は、しばしば軍事活動の潜水記録を使用して作成されたものでした。潜水表を無視したダイビングは健康に深刻な損害を及ぼすばかりか、多くの場合、死につながる危険がありました。そのため、ダイバーが手首に装着する水深計付きの時計は、背中に背負う圧縮空気タンクと同じように不可欠なものでした。

この点において、初代「アクアタイマー」は趣味としてダイビングを楽しむ時代の幕開けを後押ししたと言えるでしょう。厚い合成ガラスで保護されていたRef.812AD(後の1812)は、整然としたラインと回転式インナーベゼルを備えていました。このベゼルは専用リューズで設定し、潜水時間を計測することが可能でした。さらに、現在の素材の品質には遠く及ばないものの、ねじ込み式裏蓋とリューズの密封構造を備え、スプリング圧で補強されていました。こうした特徴をすべて組み込むと、ひとつひとつの時計が20気圧の防水テストを受けました。その外観は当時のIWCの主力モデルであった、極めて堅牢な「インヂュニア」を連想させるものでした。また、「インヂュニア」と同様に、ペラトン自動巻き機構を含む最高級のキャリバー8541を搭載していました。時計の所有者は、No.12ステンレススティール・リンクブレスレットか、防水性の人工ファイバー製トロピックストラップを選ぶことができました。

このモデルの発表から1982年までの間に、Ref.1816とRef.1822が登場しました。これらのモデルも同様に、潜水時間を示す回転式インナーベゼル、そして堅牢なクッションスタイルのステンレススティール製ケース、ミネラルおよびサファイアガラスを備え、防水性は30気圧へと向上しました。さらに、計時機能に関する大きな特徴として、ブルーとグリーン、またブラウンとレッドの配色が文字盤に採用されました。現在、これらのタイムピースはコレクターが求めてやまない希少アイテムとなっています。

—「アクアタイマー」 コレクションは、スキューバダイビングの人気の高まりつつあった1967年にデビューしました。現在のモデルと同様、オリジナルの「アクアタイマー」も潜水時間を計測できる回転式インナーベゼルを備えていました。

ダイバーが手首に装着する水深計付きの時計は、背中に背負う圧縮空気タンクと同じように不可欠なものでした。

History of Aquatimer
—1982年にデビューした「オーシャン 2000」は、ポルシェデザインとIWCが成し遂げた偉大な達成のひとつであり、200気圧(2000m)もの防水性を備えていました。

1982年以降、時計製造技術の革命とも例えるべき出来事が起こりました。すなわち、「水中に潜れる初のポルシェ」の誕生です。より正確に説明すると、軍からの要請を受け、特殊潜水員と地雷除去ダイバーのためのチタニウム製ケースに入ったダイバーズ・ウォッチが開発されたのです。このモデルは、ポルシェデザインとIWCのパートナーシップによる、未来的な素材を用いた時計の2作目でした。潜水部隊向けの軍用モデルにはクォーツムーブメントが搭載され、磁性体に反応する起爆装置を扱う地雷除去ダイバー向けのモデルには、耐磁性素材を用いた自動巻きムーブメントが採用されていました。

これらのタイムピースが基礎となり、「オーシャン  2000」と「オーシャン  500」という2点の一般向けモデルが開発されました。これら2つの大型腕時計はどちらも、初代「アクアタイマー」の10倍にあたる記録的な200気圧(約2000m相当)もの防水性を備えていました。それほどの水深になると、時計、そしてわずかに凸型を描くサファイアガラスには、1平方センチメートルあたり4ハンドレッドウェイトもの水圧がかかります。テストチャンバーでは、ひとつひとつの「オーシャン  2000」が、アマチュアのスキューバダイバーには決して到達することのできない水深での水圧に耐え抜くことが要求されます。

IWCシャフハウゼンはガラス製ガスケットの安全性確保のための新技術、そして特許を取得したトリプルプレッシャー・シールシステムの基礎の開発を続けました。未来のダイバーズ・ウォッチに向けた投資が実を結び、極限状態に耐え得るタイムピースの保護分野に新基準を打ち立てることとなりました。伝説の911の生みの親でもあるフェルディナント・アレクサンダー・ポルシェとIWCとの契約は、新世紀の始まりを目前にして終了しました。回転式アウターベゼルと、流体力学を応用した潜水艦を想起させるケースにより、「オーシャン  2000」は瞬く間にデザインアイコンとなりました。

1982年以降、時計製造技術の革命とも例えるべき出来事が起こりました。すなわち、「水中に潜れる初のポルシェ」の誕生です。

1998年には、同じくチタニウム製ケース、200気圧防水、回転式アウターベゼルを備える新しい「GST」スポーツウォッチ・コレクションが登場し、人気を博しました。1999年、新世代コレクションの主力モデルとして堂々たる存在感を放っていたのが、水深計と最大水深表示計を搭載した「GST・ディープ・ワン」でした。2本のセンター針のうち1本が最大45mまでの現在の水深を示し、もう一方の針が潜水中に到達した最大水深を指して留まります。この表示は後に手動でリセットすることができました。ダイビングに関する2種類の重要なパラメーターである時間と水深、そして独立したダイビング・コンピュータを活用することで、ダイバーがダイビング行程を計算し、さらにその結果を用いて水面への安全な上昇を算出することが可能でした。回転式インナーベゼルを使えば、潜水時間の経過も把握できました。

水深計が付いた後続モデルから現在の「ディープ・スリー」に至るまで、すべてのモデルが機械式の自律バックアップ・システムとしての機能を果たします。「ディープ・ワン」では、極小の穴が開いたリューズと付属計器(ブルドン管圧力計)を使用して水圧を計測し、レバーシステムにより表示計が動くという仕組みでした。技術的に言えばこれは興味深い方法ではありますが、水深計の針の軸がムーブメントの中央を通過する構造になってしまいます。そのため、時計にはスモールセコンドのためのスペースしか残されていませんでした。しかしエンジニアたちはこの問題が明らかになると、解決策を求めて研究を続けました。

まず、2004年に「アクアタタイマー」の新世代モデルが承認されました。クストー財団のダイビングチームがこれらを紅海遠征に携行し、特別なテストを実施しました。ジャック=イヴ・クストーによる初の紅海遠征からちょうど50年後、IWCはクストー財団の企業パートナーとして、「アルキュオネ号」の遠征調査に支援を提供したのです。この事業の目的は、同地域で保護に値するサンゴ礁の実態を記録することでした。

History of Aquatimer
—IWCが1998年に発表したスポーツウォッチ・シリーズ「アクアタイマー・GST」は、日常生活にふさわしく、優れた実用性を備える堅牢な時計のシンボルとして、
瞬く間に人気を博しました。

「ディープ・ワン」は、極小の穴が開いたリューズと付属計器を使用して水圧を計測しました。

History of Aquatimer
—IWCエンジニアたちの独創性が「GST・ディープ・ワン」を生み出しました。ケースにチタニウムを用いた人目を引くこのダイバーズ・ウォッチは、IWC初の機械式水深計付きモデルでした。

その後も次々と技術改革がなされ、ダイビングの安全性がますます向上しました。回転式インナーベゼルは、圧力がかかると自動的に密封されるリューズで操作する仕組みでした。視認性を高めるため、チタニウム製モデルにはシグナルイエロー、そして特別モデル「クストー」シリーズのダイバーズ・ウォッチにはブルーとコーラルレッドという海をイメージしたカラーのマークが採用されました。先駆的なテクノロジーを集結した「アクアタイマー・スプリットミニッツ・クロノグラフ」は、その名が示すように、スプリットミニッツ針を備えていました。これにより、水中での単独計時が容易に実行できるようになりました。2008年にIWCの創立140周年を記念して登場した「ヴィンテージ」コレクションは、1967年のオリジナルの「アクアタイマー」の復刻版でしたが、ケースサイズがやや拡大され、最先端のキャリバー80111が組み込まれていました。

そして、ダーウィン生誕200周年となった2009年、「アクアタイマー」がさらに大きな進化を遂げました。同年、ガラパゴス諸島にあるチャールズ・ダーウィン財団および同盟の研究所とIWCの間に、環境と生物多様性の保護に向けた新たなパートナーシップが結ばれました。ダーウィンの進化論における「適応」と「選択」という2つのキーワードが、新世代「アクアタイマー」の開発担当者とデザイナーを導く指標となったのです。これらのモデルでは、現代のトレンドに合わせて直径が44mmおよび46mmとかなり大きめになっています。また、潜水時間の最適な記録方法という昔からの課題に対する解決策として、鮮やかな蛍光色を配し、耐傷性サファイアガラスを嵌め込んだ回転式アウターベゼルが開発されました。文字盤には、「アクアタイマー」の定番カラー(ブラックとイエロー、ブルーとコーラルレッド)に新しい配色と素材が加わりました。加硫ステンレススティール製ケースにブラックとホワイトの文字盤を備える「アクアタイマー・クロノグラフ“ガラパゴス・アイランド”」は、太平洋沖に位置する半水生火山と進化の実験室が生み出すユニークな自然を連想させる魅力的なデザインとなっています。

ダーウィンの進化論における「適応」と「選択」という2つのキーワードが、
2009年の新世代「アクアタイマー」の開発担当者とデザイナーを導く指標となったのです。

「ディープ・ワン」の登場からちょうど10年後、最先端技術を駆使した「アクアタイマー・ディープ・ツー」が誕生し、再び大きな話題を呼びました。このモデルでは、機械式水深計、そして何よりも圧力伝達システムに抜本的な改良が施されました。これにより、保護された水深計リューズを通じて圧力が伝わり、ケース左側にある圧力コンバーターの膜に作用する仕組みに変わりました。時計を着用して水中に潜ると、その動きがレバーシステムに直接伝達され、裏蓋の内部に取り付けられた2つの表示計を動かします。文字盤の左半分で弧を描くスリットの上を2本の表示針(青と赤)の先端が移動し、現在の水深およびダイビング中の最大到達水深を50mまで示します。これによって水深計の軸がムーブメントの中央を貫通する必要がなくなり、大型の秒針用のスペースを確保できるようになりました。ダイビング完了後は、スモールプッシュボタンで最大到達水深表示をゼロにリセットすることができます。新しいIWC自社製キャリバー89360を内蔵したレッドゴールド製の「アクアタイマー・クロノグラフ」は、ダイビングがもたらす総合的な体験のすばらしさをエレガントに表現したタイムピースです。

2014年のコレクションのために、IWCのエンジニアたちは最新の革新技術を余すところなく活用しました。新開発のIWCセーフダイブ・システムでは、さらにシンプルな操作性を実現した回転式アウターベゼルと、より分針に近づくことで読み取りやすさが向上した潜水時間目盛を備える回転式インナーベゼルの、それぞれの利点が完璧に融合しています。密封されたスライディング・クラッチシステムを通して重厚なアウターリングの動きが伝達され、回転式インナーベゼルを1分刻みで動かします。安全上の理由から、インナーベゼルは反時計回りにしか回転しません。下部に歯が付いたアウターベゼルは、初期の「アクアタイマー」モデルに搭載されていた第2リューズに代わって採用されたものです。弓形の部品は、あたかも時計の操作に必要なパーツのようにも見えますが、実際は水に触れる外部機構を衝突や衝撃から保護する役目を果たします。

History of Aquatimer
—クロノグラフから独立して作動するフライバック機能により、水面への上昇や減圧時間の長さなどの単独計時を実行できます。

新開発のIWCセーフダイブ・システムでは、さらにシンプルな操作性を実現した回転式アウターベゼルと、
より分針に近づくことで読み取りやすさが向上した潜水時間目盛を備えるインナーベゼルの利点が融合しています。

History of Aquatimer
—「ディープ・スリー」は、機械式水深計を備えるIWCダイバーズ・ウォッチの3代目です。ケース左側に位置する弓形プロテクターで保護された大型の第2リューズには、圧力計測機構が搭載されています。

「アクアタイマー」コレクションの進化は随所にあらわれています。新しいチタニウム製「アクアタイマー・ディープ・スリー」や「アクアタイマー  2000」には、優れた革新技術が搭載されています。そして、アウターベゼルの丸みのある魅力的なシェイプとグリップの溝は、伝説の「オーシャン  2000」からインスピレーションを得ています。また、全モデルの防水機能の気圧数表示は、防水性を魚のマークと共に裏蓋に示す伝統的なスタイルに回帰しています。

ラバーコーティングのチタニウムにレッドゴールドを組み合わせた「アクアタイマー・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス」もまた、複雑さと洗練を兼ね備える卓越したダイバーズ・ウォッチです。そして、予想を上回る出来栄えの「アクアタイマー・クロノグラフ  “エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”」には、IWC初のブロンズ製ケースが採用されています。このコレクションには、その他の魅力的な特別モデルや、直径42mmという小さめのケースを採用したモデルも揃っています。また、全モデルに共通する特長に、特許を取得した新開発のブレスレット  クイック交換システムがあります。このシステムにより、ステンレススティール・ブレスレットとラバー・ストラップを迅速かつ簡単に交換することができます。これほどまでに優れた機能とスポーティな個性を備えながらも、落ち着いたカラーが醸し出すフォーマルなエレガンスを湛え、スマートなジャケットの下に着用しても全く違和感のないスタイルが完成しています。

その他の記事
C. G. ユング

分析心理学の創始者として後世に名を残すC. G. ユング(1875年~1961年)。この高名な心理学者の功績は誰もが 知るところでしょうが、彼の結婚相手がシャフハウゼンに拠点をおく時計マニファクチュール、IWCの当時の オーナーの娘だったことや、それに伴い、IWCの共同経営者に就いていたことなどは、あまり知られていません。

インヂュニア:伝説のストーリー

1955年にIWCシャフハウゼンが発表した「インヂュニア」は、旋風を巻き起こしました。その「インヂュニア」誕生の裏には、それよりも遥か昔1888年まで遡るストーリーがあったのです。

コンプリケーションが
「グランド」の名を冠するとき

いまだ人々の記憶に名を刻む著名な英国人登山家にして、三度目のエベレスト遠征で命を落としたことでも知られるジョージ・マロリーは、1924年、なぜエベレストに登るのか?と問われて、こう答えています。「そこに山があるから」 ― この答えは、登山にまつわる最も有名な言葉となりました。

トップシークレット

フォーミュラ・ワン(F1)マシンの設計で最も重要な部分のひとつがエアロダイナミクス(空力)です。メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームの代表ロス・ブラウンは、空力こそがマシンのパフォーマンスの決め手となる最も重要な条件であると言います。風洞がマシンの開発プログラムの心臓部である理由も、まさにそこにあります。

スコットランド出身の偉才

多くの病気に対する新しい治療法を発見するため、献身的に努力する優秀な研究者でもあり、勤務先のロシュ社のサッカーチームを数年にわたり指導する熱心なコーチでもある。工学的な美しさと機械式ムーブメントの精度に惹かれる時計愛好家の顔をも持つアンドリュー・トーマスは、多種多様な事柄に情熱を注いでいる。

世代を超えて

一面にフレスコ画が描かれている壁。その傍のテーブルに座る父と息子。バロック様式の館を社屋とするベネトン本社は、北イタリアの都市トレヴィーゾの郊外にあります。

インスティチュート・オブ・スイス・
ウォッチメイキング(IOSW)

高級時計の需要がますます高まるにつれ、その製造に携わる有資格の時計職人に対する需要もさらに増加をたどる一方です。

89800 Calibre Movement
永遠のデジタル表示

2009年に発表されたIWC製キャリバー89800は、デジタル日付表示の定義を塗り替えました。永久カレンダーのトリプルディスク機構は大型の日付表示と月表示を備え、閏年の周期がやや控えめに表示されています。