その他の記事
IWC Oils
規則正しく時を刻むために

どの程度の重圧や負荷にさらされてきたかによって、ムーブメントの内部機構の約50カ所に、腕時計に特化して開発されたオイルやグリースが施されます。

Sound_check_engine_AMG_972x426
音の追求

高い技術力を誇るメルセデス・ベンツの子会社が製造した、轟音を放つ大型のエンジン。力強く荒々しい音を立てて始動し、その数秒後には低く唸るような音が迫力のある爆音に変わります。

HALF_WAY_TO_THE_MOON_Trucks_972x426
その距離、実に地球から月までの半分

メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームにとって、フォーミュラ1(F1)グランプリへの参戦は、1万個ものパーツで構成される30トンに及ぶ資材と60名は下らない従業員を五大陸にまたがる世界各国のサーキットに送り込むことを意味しています。各目的地においてすべてが予定どおりに到着することを確実なものとしなければならないのは勿論のこと、そのために、システマティックであると同時に、臨機応変に状況に対処することも求められます。

Grande Complication Dial Explained
小さな世界

世界は時間とともに動いています。IWCの「ポルトギーゼ・グランド・コンプリケーション」は、そのような時間をあらゆる尺度に集約したようなデザインで、控えめながらも美しく設計されたこのタイムピースの文字盤には、傾いた地球が彫り込まれています。

89800 Calibre Movement
永遠のデジタル表示

2009年に発表されたIWC製キャリバー89800は、デジタル日付表示の定義を塗り替えました。永久カレンダーのトリプルディスク機構は大型の日付表示と月表示を備え、閏年の周期がやや控えめに表示されています。

トップシークレット

フォーミュラ・ワン(F1)マシンの設計で最も重要な部分のひとつがエアロダイナミクス(空力)です。メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームの代表ロス・ブラウンは、空力こそがマシンのパフォーマンスの決め手となる最も重要な条件であると言います。風洞がマシンの開発プログラムの心臓部である理由も、まさにそこにあります。

インヂュニア:伝説のストーリー

1955年にIWCシャフハウゼンが発表した「インヂュニア」は、旋風を巻き起こしました。その「インヂュニア」誕生の裏には、それよりも遥か昔1888年まで遡るストーリーがあったのです。

インスティチュート・オブ・スイス・
ウォッチメイキング(IOSW)

高級時計の需要がますます高まるにつれ、その製造に携わる有資格の時計職人に対する需要もさらに増加をたどる一方です。

エクスペリエンス

研究所でのテスト

テキスト — ボリス・シュナイダー 写真 — デヴィッド・ウィレン 日付 — 2014年4月23日

共有:
—プッシュボタンのテストでは、空気圧で動くピンでリューズを20,000回(スタート10,000回、再スタート10,000回)も押し、10,000回の計時サイクルをシミュレートします。

ドミニク・フォースターの仕事場に入り、まるで頭のおかしな教授の研究室のようだと感じたとしても無理はありません。フォースターと彼が率いるチームは、ケーブル、テスト装置、各種計器が秩序を保ちつつも雑然と並ぶこの場所で、IWCシャフハウゼンで開発されるすべての新モデルの性能を試しています。腐食や時計の精度低下の原因となるケースへの浸水の確認など、様々な項目にわたるテストが開発されています。

フォースターは常に、テストと検査に情熱を注いできました。彼はかつて、材料技術者としてガスタービンを点検し、素材の損傷を調べる仕事をしていました。現在はIWCシャフハウゼンにある研究所の所長として、以前よりもかなり小さな製品を扱っています。「実生活で時計に起こり得るあらゆる状況を想定し、テストを設計することは簡単ではありません」と、フォースターは説明します。テストの担当者は、極限の条件下でも時計が機能し続け、精緻なメカニズムが損なわれないように、まだ開発段階の時点からできる限り多くの場面を考慮に入れなければなりません。製品のデザインや物理的な負担の種類により、様々な箇所に不備が生じる可能性があるのです。

1週間にわたって、気温70℃、湿度90%の人工気候室に時計を格納したり、時計を70℃まで数回熱した後にわずか10℃の冷水に浸す温度サイクル試験を実施したりするのは、こうした理由からです。また、時計を数年間着用した状況を再現するため、回転するプラスチック製の箱に設置し、3日間にわたって 134,000回も前後に揺すり続けます。他には、テニスやマウンテンバイクなどの活動時に起こり得るような、瞬間的な負荷をかける実験も行なわれます。この加重は、最大で時計の重量の100倍にも達します。それぞれのテスト後に計測機器を用いて時計の精度と振幅を測定し、ケースの防水性を点検します。

—時計のケース内部に湿度検知センサーを取り付け、2週間にわたって37℃の塩水電解槽に漬け込むテストもあります。

ダイバーズ・ウォッチに求められる性能は特に厳格です。こうした理由から、「アクアタイマー」コレクションの全モデルが、研究所を離れる前に16,000回ものダイビングに相当するテストを受けることになります。そのために、コンピューター制御の圧力室で一定間隔で様々な度合いの高圧をかけます。さらに、ケースを37℃の塩水電解槽に2週間浸すテストも行なわれます。この間、内部のセンサーはごくわずかな水分も見逃さずに記録します。圧力室では、15バールの水圧のもとで、ケースに浸水することなくリューズを操作できるかどうかを確かめるためのテストも実施されます。ダイビング時間の設定に使用される回転式のリングは、水中で双方向に16,000回も回されます。

市販のテスト装置がフォースターと彼のチームの要求を満たすことはめったにないため、彼らは自分たちの手で機器を開発し、製造しなければなりません。こうして完成した機器は、時には中世の拷問器具を彷彿とさせます。この作業には、非常に長い時間がかかります。空気圧式のピンでリューズを20,000回押すという、プッシュボタン式リューズのテストがその最たる例です。もうひとつの印象的な機器は、牽引・ねじりテスト装置です。2つのローラーの間に腕時計を吊り下げ、手首に装着した状態をシミュレートします。ストラップもまた、24,000回ものねじりと牽引に耐えなければなりません。フリース生地に食塩水を含ませて人工的な発汗状態を作り、追加テストを行なうこともあります。

—時計のストラップは、1分間にわたり200ニュートンの牽引力に持ちこたえることが求められます。別のテストでは、決裂するまで引っ張られます。

実生活で時計に起こり得るあらゆる状況を想定し、テストを設計することは簡単ではありません。

—ドミニク・フォースター

—ダイビング時間の設定に使用される回転式のリングは、水中で双方向に16,000回も回されます。

新モデルを対象とするすべてのテストが完了すると、ケースとムーブメントを分解し、個々の部品にごくわずかでも変化があるかどうかを調べます。この点検を円滑化するため、担当チームはナノスケールの精度で表面構造を観察できる走査型電子顕微鏡を所有しています。「こうした実験から適切な結論を導きだすことで、組み立てプロセスの改善とより堅牢な設計をするのに役立つのです」と、フォースターは説明します。

そのほかに、このテスト部門が全く別の責務を果たすことがあります。この研究所の経験豊富な専門家たちは、世界中の誰よりもIWCの時計のことをよく知っています。そのため、特に巧妙に作られた偽物の識別が必要な場合、しばしばその調査を担当します。

その他の記事
IWC Oils
規則正しく時を刻むために

どの程度の重圧や負荷にさらされてきたかによって、ムーブメントの内部機構の約50カ所に、腕時計に特化して開発されたオイルやグリースが施されます。

Sound_check_engine_AMG_972x426
音の追求

高い技術力を誇るメルセデス・ベンツの子会社が製造した、轟音を放つ大型のエンジン。力強く荒々しい音を立てて始動し、その数秒後には低く唸るような音が迫力のある爆音に変わります。

HALF_WAY_TO_THE_MOON_Trucks_972x426
その距離、実に地球から月までの半分

メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームにとって、フォーミュラ1(F1)グランプリへの参戦は、1万個ものパーツで構成される30トンに及ぶ資材と60名は下らない従業員を五大陸にまたがる世界各国のサーキットに送り込むことを意味しています。各目的地においてすべてが予定どおりに到着することを確実なものとしなければならないのは勿論のこと、そのために、システマティックであると同時に、臨機応変に状況に対処することも求められます。

Grande Complication Dial Explained
小さな世界

世界は時間とともに動いています。IWCの「ポルトギーゼ・グランド・コンプリケーション」は、そのような時間をあらゆる尺度に集約したようなデザインで、控えめながらも美しく設計されたこのタイムピースの文字盤には、傾いた地球が彫り込まれています。

89800 Calibre Movement
永遠のデジタル表示

2009年に発表されたIWC製キャリバー89800は、デジタル日付表示の定義を塗り替えました。永久カレンダーのトリプルディスク機構は大型の日付表示と月表示を備え、閏年の周期がやや控えめに表示されています。

トップシークレット

フォーミュラ・ワン(F1)マシンの設計で最も重要な部分のひとつがエアロダイナミクス(空力)です。メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™ チームの代表ロス・ブラウンは、空力こそがマシンのパフォーマンスの決め手となる最も重要な条件であると言います。風洞がマシンの開発プログラムの心臓部である理由も、まさにそこにあります。

インヂュニア:伝説のストーリー

1955年にIWCシャフハウゼンが発表した「インヂュニア」は、旋風を巻き起こしました。その「インヂュニア」誕生の裏には、それよりも遥か昔1888年まで遡るストーリーがあったのです。

インスティチュート・オブ・スイス・
ウォッチメイキング(IOSW)

高級時計の需要がますます高まるにつれ、その製造に携わる有資格の時計職人に対する需要もさらに増加をたどる一方です。