その他の記事
Kurt Klaus
物語と夢を紡ぐ芸術

どの腕時計も、その由来、歴史、特徴、個性、伝統、文化、そして特に所有者にまつわる物語を伝えます。

Aquatimer video Screenshot
IT'S AQUA TIME
新しい「アクアタイマー」のビデオ

IWCのダイバーズ・ウォッチは進化し続けています。

次世代のIWCエンジニアたち

60年以上もの間、IWCは自社工房で研修を実施し、世代を超えて時計職人の育成に取り組んできました。 研修生には、手先の器用さと技術的な才能が要求されます。研修の終了後も、大半の研修生がスイス北東部にあるIWCに残って仕事を続けています。

Swiss National Day
8月1日、スイス ナショナルデー

IWCの時計職人の隠れた技術を見る

Ingenieur Automatic
彫刻家・デザイナー

彫刻家でありデザイナーでもある彼は、非凡な才能を備えた人物であり、たとえあなたがデザインの分野に精通していなくとも、評判は耳にしたことがあるに違いありません。彼の名前は厳格さの代名詞でもあるのです。

インヂュニア - ポールポジションからのスタート

発売に先駆け、新しいコレクションを皆様にご紹介いたします。こちらのビデオをご覧になり、間もなく登場する新コレクションをご堪能ください。

スコットランド出身の偉才

多くの病気に対する新しい治療法を発見するため、献身的に努力する優秀な研究者でもあり、勤務先のロシュ社のサッカーチームを数年にわたり指導する熱心なコーチでもある。工学的な美しさと機械式ムーブメントの精度に惹かれる時計愛好家の顔をも持つアンドリュー・トーマスは、多種多様な事柄に情熱を注いでいる。

090902-White-Mike-0112v_header
SHARKS

マイケル・ミュラーはこれまで、夢を創造するアメリカのハリウッドを舞台に、数多くの美しい人々、セレブ、才能豊かな有名人を撮影してきました。

エクスペリエンス

エンジニアであることの真髄

ロルフ・ドベリ

テキスト — ロルフ・ドベリ 日付 — 2013年2月18日

共有:

ガタガタと不安定な音を立ててエンジンが止まると、ベンツは手の甲で額の汗を拭いながら、我が子のように大切な金属製のマシンを覗きこみました。そしてあちこちのネジを回し、ボルトを締め、燃料を足し、2本のシリンダーにしっかりと油が差してあることを確認したのです。作動開始のハンドル操作も、もはや何百回となく繰り返してきました。エンジンが命を吹き返し、これまでにないほど長い時間、作動音を響かせています。音が止まる気配はありません。とうとうエンジンが作動したのです!1879年、カール・ベンツはエンジンの発明で特許を取得しました。それから数年後、2ストロークエンジンから発展した4ストロークエンジンが開発され、1886年にそのエンジンを搭載した世界初の一般販売向け自動車が登場しました。技術者として、また実業家として、実践をモットーとするベンツが歴史にその名を刻んだのです。

彼は、資料を読んで理論を探すことはありませんでした。専門家や自動車工学の権威に相談することもなく、書物にすら目を通しませんでした。彼はただ、自らの発明に没頭し、果てしなく長い時間を費やしてきたのです。実験を繰り返しながら改良を重ね、想像を超えた最高の品質を目指してひたすら努力を続けました。エンジン設計に関する学術的な理論が登場したのは、それから数十年後のことでした。

ライト兄弟は4年の歳月をかけ、1903年12月17日に史上初の動力飛行を成功させました。彼らは自分たちの夢だけでなく、人類全体の夢を実現させたのです。ライト兄弟もまた、科学的な論文を研究したわけではありません。彼らの場合もまた、当時はこの分野に関する理論そのものが存在していなかったのです。この偉業から30年を経てようやく基礎的な航空工学理論が芽吹き始めました。

ハンス・フォン・オハインは、弱冠23歳にして自費でジェットエンジンを製作しました。技術的なサポートを提供したのは、彼がいつも愛車の修理を依頼していた工場の整備士でした。作業場で何年も実験を繰り返し、1937年に遂にこの発明の特許を取得。1939年には世界初のジェット飛行機が離陸に成功したのです。

自動織機、蒸気エンジン、電球、腕時計を発明したのは誰でしょうか? 理論家でも、公的な研究機関でもありません。すべて、何もかも自分の手でやらないと気が済まない、独立独歩の男たちによる成果です。アイデアや製品、そして技術は理論の研究や思考ではなく、主に経験に基づいて生まれます。水泳法の本をいくら読んでも、泳げるようにはなりません。経済活動を実践しているのは経済学者ではなく、民主主義を支えているのも政治科学の教授ではありません。要するに、大学が社会に繁栄をもたらしているのではなく、繁栄する社会が資金を提供して大学を存続させているのです。この点においては、大学はオペラハウスのようなものです。

エンジニアの本質を理解するには、こうした観点を忘れてはなりません。エンジニアは、理論が確立されていない分野で実力を発揮します。既知のテリトリーの限界を超え、自らの道を一歩一歩切り拓いて未開の荒野を進むのです。従うべき地図はなく、地図を作る意図もありません。案内船に操られて港を目指すのではなく、自らを頼りに航海を続けます。暗礁や浅瀬を導く水先案内人もいません。エンジニアの方法論は試行錯誤に基づいています。何度も失敗を重ねてようやく正解に辿り着くのです。

エンジニアは実務的な人間です。手で物を作り、実行し、リスクを恐れません。彼らが活躍する舞台は実社会であり、紙の上ではありません。物を製造し、実験し、目標を達成するエンジニアたちのことを、わたしたちはあまりに長い間、正当に評価していませんでした。今こそ、彼らにスポットライトを当てるべき時ではないでしょうか。今日、セレブと呼ばれるのは、企業の経営者、映画スター、スポーツ選手、大手銀行の支配人、ヘッジファンドマネージャー、CEOたちです。しかし、エンジニアが最後に脚光を浴びたのはいつのことでしょうか?そして、彼らは今もどこかで活躍しているのでしょうか?その答えは一目瞭然です。周囲を見渡してみてください。あなたの部屋にある物のうち、本に書かれている知識によって完成した物はいくつありますか?そして、試行錯誤の末に誕生したものは?身の回りの物のうち、壮大な戦略計画に基づいて開発されたものはいくつありますか?また、純粋な情熱の産物は?どれがいわゆる管理職の作品で、どれが裏方の職人たちの作品でしょうか?率直に言って、ボールペン、机のデザイン、頭上の電球など、あなたの部屋にあるあらゆる品々が、エンジニアたちが気が遠くなるほどの時間を費やして創造したものです。あなたのコンピュータで作動するプログラムや iPhone のアプリケーションも、すべて彼らの創意工夫から生まれたはずです。

こうした技巧に対する敬意を、私たちは忘れてしまったのでしょうか?「現場のスター」たちに対する尊敬の念はどこにいったのでしょう?エンジニアの業績が認識されない理由は、おそらく彼らの名前が表に出ないせいでしょう。100年前、トーマス・エジソンは「組織などない。私自身が組織だ」と公言しました。レオナルド・ダ・ヴィンチなら、同じことをこう表現するでしょう―「私こそが天才である!」と。現在、大きな声でそう宣言することは不可能です。エンジニアの仕事はチームワークであり、個々のエンジニアは大衆の関心を引かないのです。

エンジニアは、理論が確立されていない分野で実力を発揮します

トゥールビヨン

フォーミュラ・ワンのレーシングカーが良い例です。エンジン、コックピット、ノーズ、アクセル、タイヤ、ハンドル、変速ギア、ブレーキ機構など、様々な部位があります。私たちが日常的に運転している乗用車は、個々の部品がレゴブロックのように組み合わされてできています。乗用車のエンジニアは、エンジン性能に影響を与えることなく車台を修正できます。また、イグニッションに関係なくタイヤを交換することも可能です。レーシングカーはそれとはまったく違います。フォーミュラ・ワンのレーシングカーはレゴブロックのような構造ではなく、全体が有機的に連携しています。違うタイプのペイントを施すつもりであれば、担当エンジニアは停止状態からの加速度やタイヤの溝形を調整しなければなりません。エンジン速度を上げる場合は、燃料噴射装置を改良する必要があります。その噴射装置に手を加えるならば、クラッチの性能も再考しなければならないでしょう。クラッチを手直しすると、最適な車輪スリップ、つまり駆動輪の回転速度と移動速度の割合に影響が生じます。このように、すべてが連動し、お互いに影響しあっているのです。生物学の表現を引用するなら、「たったひとつだけを変えることは不可能」というわけです。

物事を結びつけて考えることのできる思考力こそ、現代のエンジニアと単なるマニアを分かつ才覚です。マニアはひとつの分野に固執します。シリンダーヘッドの最適化について何でも知っていたとしても、彼が持つ知識の総体はそれだけにすぎません。シリンダーヘッドの最適化以外には興味がないのです。それに対し、専門分野における第一人者であっても、エンジニアは全体を見通す視点を常に忘れません。自分の仕事と、他分野のエンジニアの仕事の統制が必要であることを理解しています。それが、妥協のない完璧な結果を達成するための唯一の手段です。

その他の記事
Kurt Klaus
物語と夢を紡ぐ芸術

どの腕時計も、その由来、歴史、特徴、個性、伝統、文化、そして特に所有者にまつわる物語を伝えます。

Aquatimer video Screenshot
IT'S AQUA TIME
新しい「アクアタイマー」のビデオ

IWCのダイバーズ・ウォッチは進化し続けています。

次世代のIWCエンジニアたち

60年以上もの間、IWCは自社工房で研修を実施し、世代を超えて時計職人の育成に取り組んできました。 研修生には、手先の器用さと技術的な才能が要求されます。研修の終了後も、大半の研修生がスイス北東部にあるIWCに残って仕事を続けています。

Swiss National Day
8月1日、スイス ナショナルデー

IWCの時計職人の隠れた技術を見る

Ingenieur Automatic
彫刻家・デザイナー

彫刻家でありデザイナーでもある彼は、非凡な才能を備えた人物であり、たとえあなたがデザインの分野に精通していなくとも、評判は耳にしたことがあるに違いありません。彼の名前は厳格さの代名詞でもあるのです。

インヂュニア - ポールポジションからのスタート

発売に先駆け、新しいコレクションを皆様にご紹介いたします。こちらのビデオをご覧になり、間もなく登場する新コレクションをご堪能ください。

スコットランド出身の偉才

多くの病気に対する新しい治療法を発見するため、献身的に努力する優秀な研究者でもあり、勤務先のロシュ社のサッカーチームを数年にわたり指導する熱心なコーチでもある。工学的な美しさと機械式ムーブメントの精度に惹かれる時計愛好家の顔をも持つアンドリュー・トーマスは、多種多様な事柄に情熱を注いでいる。

090902-White-Mike-0112v_header
SHARKS

マイケル・ミュラーはこれまで、夢を創造するアメリカのハリウッドを舞台に、数多くの美しい人々、セレブ、才能豊かな有名人を撮影してきました。