その他の記事
Aquatimer video Screenshot
IT'S AQUA TIME
新しい「アクアタイマー」のビデオ

IWCのダイバーズ・ウォッチは進化し続けています。

次世代のIWCエンジニアたち

60年以上もの間、IWCは自社工房で研修を実施し、世代を超えて時計職人の育成に取り組んできました。 研修生には、手先の器用さと技術的な才能が要求されます。研修の終了後も、大半の研修生がスイス北東部にあるIWCに残って仕事を続けています。

Swiss National Day
8月1日、スイス ナショナルデー

IWCの時計職人の隠れた技術を見る

Ingenieur Automatic
彫刻家・デザイナー

彫刻家でありデザイナーでもある彼は、非凡な才能を備えた人物であり、たとえあなたがデザインの分野に精通していなくとも、評判は耳にしたことがあるに違いありません。彼の名前は厳格さの代名詞でもあるのです。

エンジニアであることの真髄

ガタガタと不安定な音を立ててエンジンが止まると、ベンツは手の甲で額の汗を拭いながら、我が子のように大切な金属製の機械を覗きこみました。

インヂュニア - ポールポジションからのスタート

発売に先駆け、新しいコレクションを皆様にご紹介いたします。こちらのビデオをご覧になり、間もなく登場する新コレクションをご堪能ください。

スコットランド出身の偉才

多くの病気に対する新しい治療法を発見するため、献身的に努力する優秀な研究者でもあり、勤務先のロシュ社のサッカーチームを数年にわたり指導する熱心なコーチでもある。工学的な美しさと機械式ムーブメントの精度に惹かれる時計愛好家の顔をも持つアンドリュー・トーマスは、多種多様な事柄に情熱を注いでいる。

090902-White-Mike-0112v_header
SHARKS

マイケル・ミュラーはこれまで、夢を創造するアメリカのハリウッドを舞台に、数多くの美しい人々、セレブ、才能豊かな有名人を撮影してきました。

エクスペリエンス

物語と夢を紡ぐ芸術

日付 — 2014年4月25日

共有:
Kurt Klaus

どの腕時計も、その由来、歴史、特徴、個性、伝統、文化、そして特に所有者にまつわる物語を伝えます。IWCの「アクアタイマー」を着用する男性がビジネス会議の最中に愛用の腕時計をふと見れば、ガラパゴス諸島でのスキューバダイビング旅行の思い出が蘇るでしょう。そして、ひそかに微笑みを浮かべるのです。この笑顔をつくるため、感情を呼び覚まして夢を掻き立てる魂のこもった作品をすべく、尽力した多くの人々の情熱があります。そのプロセスは、映画制作にもよく似ています。

設計、デザイン、研磨、研削、そして数百もの複雑な微細部品の製造という工程を経て、時計に生命が吹き込まれます。組み立てが終わると、卓越した機械工学と小型化技術の結晶として、抜群の精度を誇る時計が誕生します。芸術、科学、感情がひとつに溶け合い、心に響く感動的なストーリーを物語る逸品です。映画もまたストーリーを伝え、脚本、撮影、デザイン、編集など、いくつもの場面で多数のスタッフや協力者が関与します。俳優、プロデューサー、カメラマン、制作チームのメンバーが連携して仕事を進め、各シーンを仕上げていきます。それが最終的にまとまり、ひとつの作品が完成します。単なる娯楽作品と、深く胸を打ち、心に残る作品との違いを生み出すには、配役、制作、撮影、編集など、全工程でディテールへの細やかな配慮が欠かせません。

IWCは早くから、ラグジュアリーと映画の世界に類似点があり、同じ価値観を共有していることを認識していました。「ラグジュアリー業界とエンターテインメント業界の結びつきはますます強くなっています」と、IWCシャフハウゼンのCEOジョージ・カーンは言います。「映画、そしてIWCのタイムピースは、どちらも物語を伝えます。現在、人々が高級時計を買うのは、時間を知るためではありません。それらがもたらすインスピレーションに惹かれるのです。」

スイスの高級時計メーカー、IWCシャフハウゼンは、各モデルラインに合わせて特定のテーマやストーリーを設定し、お客様とのコミュニケーションを図るべく極めて画期的な方法を実践しています。アントワーヌ・ド・サンテグジュペリやトップガンのエリートパイロットのような航空分野の先駆者たち、またはボルボ・オーシャンレースが後押しする航行技術や航海の世界、あるいはクストー財団やチャールズ・ダーウィン財団が持ち続ける海洋生物と環境の保全への情熱に関する感動的な物語が、IWCというブランドを豊かに彩っています。こうしたストーリーは製産において特に必要性がないとも言えますが、ブランドに感情的な価値を付与し、それゆえに、時計製造に対する関心を超えてお客様を魅了するのです。

映画制作という芸術への貢献をさらに深めるため、IWCは多数の映画スターたちと親密な関係を構築しています。ケヴィン・スペイシー、ケイト・ブランシェット、ユアン・マクレガーを始め、多くのセレブリティがブランドの親しい友人として幾度となくレッドカーペットに登場し、同じ情熱と価値観を共有しながら、IWCの名声をさらに高めます。現在、人気のテレビシリーズ『House  of  Cards(邦題: ハウス・オブ・カード 野望の階段)』で主役を演じるケヴィン・スペイシーは「IWCは、芸術と文化を取り入れることのできるブランドで在り続けています。私がIWCの“案内人”に採用されたのは、レオナルド・ダ・ヴィンチに関する演劇の主役として、IWCが私を抜擢してくれたことがきっかけでした。これはとても素晴らしい経験でした。その夜、IWCが用意した劇場に2,000人もの観客を迎えたのです。そこでは優れた写真、映画、劇場という形でIWCが大切にする価値観が表現され、私たちの文化に深く関連する要素との確かな結びつきが感じられました」と話します。

現在、人々が高級時計を買うのは、時間を知るためではありません。それらがもたらすインスピレーションに惹かれるのです。

——IWCシャフハウゼン CEO ジョージ・カーン

夢を追い求める新進気鋭の映画制作者を支援するため、IWCはニューヨークのトライベッカ、チューリッヒ、ロンドン、ドバイ、北京にて、「フォー・ザ・ラブ・オブ・シネマ(For  the  Love  of  Cinema)」というテーマのもとに国際的な映画祭にも援助を提供しています。IWCはこれらのイベントで公式な「フェスティバルタイム」パートナーを務めるだけでなく、IWCフィルムメーカー・アワードを設定し、映画制作者がさらに知名度を高めて芸術性の追求に打ち込むための資金提供も行なっています。これまでに、アラブ首長国連邦の映画監督ワリード・アル・シェヒ、イラクの映画監督兼プロデューサーのメイスーン・パチャーチの両氏を始め、その才能を活かして映画界に大きな影響を及ぼした人々がこのアワードを受賞しています。各受賞者には特別なエングレーヴィングを施したIWCのタイムピースと共に、語り継ぐ価値のある物語の創作を続けるための資金が提供されます。「映画制作に対する支援というIWCが誇る長い伝統を受け、映画界で優秀な才能を発揮する若い人々の育成に貢献できることを嬉しく思います。物語の伝承、そして優れた技術革新を追求する姿勢は、IWCの事業のすべてに深く刻み込まれている重要な項目であり、偉大な映画制作にとっても不可欠な要素です」と、ジョージ・カーンは語ります。

ストーリーテリング、すなわち物語を伝えるというプロセス自体も重要ですが、そのメッセージを伝える様々な手段もおろそかにできません。IWCは、ブティックおよび販売店でタイムピースにまつわるストーリーをお客様に直接お伝えする一方で、その他の多彩なソーシャルメディアやデジタルメディアも利用しています。ジョン・マルコヴィッチがかつて「本物」のパイロットたちが備えていたクオリティについて語ったり、ジャン・レノが優れた航海術や航海計器に関する考察を述べたりと、特定のモデルにまつわるイメージやインスピレーションを伝える手段としてYouTubeやFacebookの動画が活用されています。

さらに、一部のIWCウォッチは映画やテレビ番組に登場し、俳優の手首の上でキャラクターの個性を描写するという重要な役割を果たしています。IWCは、監督やプロデューサーと相談して役柄の個性を最も的確に反映し、強調するモデルを決定します。『ボーン・レガシー』では、主人公の背景を物語り、工作員としての強靭な人格を表現すると同時に、その洗練された趣味と恐るべき手腕をも示唆する小道具として「パイロット・ウォッチ・ダブルクロノグラフ」が採用されました。『オーシャンズ13』、『ウォール・ストリート』、『マイアミ・バイス』などの映画でも、IWCのタイムピースは全編を通して登場人物の個性を克明に伝え、観客を別世界へと誘う演出に一役買っています。

多くの男性たちにとって、腕時計は独自のスタイルとキャラクターを完成させ、説得力のある魅力的な物語を伝達できるアイテムに他なりません。IWCシャフハウゼンは、個性を反映するエッセンスを抽出したコレクションをデザインするだけではありません。たとえほんの一瞬であろうと、時間と現実を忘れさせてくれる物語を紡ぎ、感動とインスピレーションをもたらすこともIWCの使命なのです。

パイロット・ウォッチ・ダブル・クロノグラフ

詳細を見る

その他の記事
Aquatimer video Screenshot
IT'S AQUA TIME
新しい「アクアタイマー」のビデオ

IWCのダイバーズ・ウォッチは進化し続けています。

次世代のIWCエンジニアたち

60年以上もの間、IWCは自社工房で研修を実施し、世代を超えて時計職人の育成に取り組んできました。 研修生には、手先の器用さと技術的な才能が要求されます。研修の終了後も、大半の研修生がスイス北東部にあるIWCに残って仕事を続けています。

Swiss National Day
8月1日、スイス ナショナルデー

IWCの時計職人の隠れた技術を見る

Ingenieur Automatic
彫刻家・デザイナー

彫刻家でありデザイナーでもある彼は、非凡な才能を備えた人物であり、たとえあなたがデザインの分野に精通していなくとも、評判は耳にしたことがあるに違いありません。彼の名前は厳格さの代名詞でもあるのです。

エンジニアであることの真髄

ガタガタと不安定な音を立ててエンジンが止まると、ベンツは手の甲で額の汗を拭いながら、我が子のように大切な金属製の機械を覗きこみました。

インヂュニア - ポールポジションからのスタート

発売に先駆け、新しいコレクションを皆様にご紹介いたします。こちらのビデオをご覧になり、間もなく登場する新コレクションをご堪能ください。

スコットランド出身の偉才

多くの病気に対する新しい治療法を発見するため、献身的に努力する優秀な研究者でもあり、勤務先のロシュ社のサッカーチームを数年にわたり指導する熱心なコーチでもある。工学的な美しさと機械式ムーブメントの精度に惹かれる時計愛好家の顔をも持つアンドリュー・トーマスは、多種多様な事柄に情熱を注いでいる。

090902-White-Mike-0112v_header
SHARKS

マイケル・ミュラーはこれまで、夢を創造するアメリカのハリウッドを舞台に、数多くの美しい人々、セレブ、才能豊かな有名人を撮影してきました。