その他の記事
ライン川畔のアトリエ

オート・オルロジュリ―(英語ではHigh Horology)とは、その名の通り”高度な時計製造技術”を意味します。高級複雑時計製造は、ある意味において全て高水準を追求し、IWCシャフハウゼンで製造される高級時計は、技巧、技術、そして非常に細やかな手作業を要します。

コンプリケーションが
「グランド」の名を冠するとき

いまだ人々の記憶に名を刻む著名な英国人登山家にして、三度目のエベレスト遠征で命を落としたことでも知られるジョージ・マロリーは、1924年、なぜエベレストに登るのか?と問われて、こう答えています。「そこに山があるから」 ― この答えは、登山にまつわる最も有名な言葉となりました。

星空を仰ぐ時

「ポルトギーゼ・シデラーレ・スカフージア」は、IWCシャフハウゼンが高級時計業界という星空に送り出した ひときわ煌めく新星です。この見事な傑作時計には、10年にもおよぶ徹底的な研究開発が費やされ、 完成までに様々な分野における外部専門家たちの協力を得ました。

Aquatimer video Screenshot
IT'S AQUA TIME
新しい「アクアタイマー」のビデオ

IWCのダイバーズ・ウォッチは進化し続けています。

第四章:長い歴史の中で誕生したIWCのアイコンウォッチの数々

IWCの歴史は、その揺ぎないブランドバリューの基盤となっています。このビデオは、“男のための時計購入ガイド”と名付けられた IWC ビデオシリーズの第四作目です。

Ingenieur 2013 Collection
新作「インヂュニア」コレクションのご紹介

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが「インヂュニア」コレクションの新モデルを詳しくご紹介します。

ガラパゴス諸島に明るい未来を

「1835年9月17日。散歩の途中で2頭の大きなリクガメに出会った。どちらも、少なくとも体重200ポンドはあるだろう。1頭はサボテンを食べており、私が近づくとこちらを見つめ、不機嫌な様子でゆっくりと立ち去った。もう片方は低い唸り声を発し、甲羅に頭を引っ込めた。」

ケース製造の芸術と科学

スイス北部の街シャフハウゼンの郊外 ― 名高いライン滝を臨む小さな町ノイハウゼンに、スイスの時計メーカーIWCの工場がひっそりと佇んでいます。

エクスペリエンス

男のためのオート・オルロジュリー・ガイド

日付 — 2013年11月22日

共有:

ムーブメント、機能や表示、ケースなどの開発や改良こそ、1868年の創設以来、IWCの哲学としてその中核を成してきました。永久カレンダー、トゥールビヨン、 ミニッツ・リピーターといった複雑機構は、時計製造の歴史における重要な功績であるだけでなく、IWC自社における設計と開発の努力が結実したものです。

アイコニックなコレクションに捧げる7つのエピソードから構成される「男のためのオート・オルロジュリー・ガイド」では、IWCシャフハウゼンのオート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)の世界をご紹介いたします。

エピソード 1
トゥールビヨン

エピソード 2
コンスタントフォース・トゥールビヨン

エピソード 3
「ポルトギーゼ・シデラーレ・スカフージア」

エピソード 4
クロノグラフ

エピソード 5
ミニッツ・リピーター

エピソード 6
パーペチュアル・カレンダー

エピソード 7
デジタル・パーペチュアル・カレンダー

その他の記事
ライン川畔のアトリエ

オート・オルロジュリ―(英語ではHigh Horology)とは、その名の通り”高度な時計製造技術”を意味します。高級複雑時計製造は、ある意味において全て高水準を追求し、IWCシャフハウゼンで製造される高級時計は、技巧、技術、そして非常に細やかな手作業を要します。

コンプリケーションが
「グランド」の名を冠するとき

いまだ人々の記憶に名を刻む著名な英国人登山家にして、三度目のエベレスト遠征で命を落としたことでも知られるジョージ・マロリーは、1924年、なぜエベレストに登るのか?と問われて、こう答えています。「そこに山があるから」 ― この答えは、登山にまつわる最も有名な言葉となりました。

星空を仰ぐ時

「ポルトギーゼ・シデラーレ・スカフージア」は、IWCシャフハウゼンが高級時計業界という星空に送り出した ひときわ煌めく新星です。この見事な傑作時計には、10年にもおよぶ徹底的な研究開発が費やされ、 完成までに様々な分野における外部専門家たちの協力を得ました。

Aquatimer video Screenshot
IT'S AQUA TIME
新しい「アクアタイマー」のビデオ

IWCのダイバーズ・ウォッチは進化し続けています。

第四章:長い歴史の中で誕生したIWCのアイコンウォッチの数々

IWCの歴史は、その揺ぎないブランドバリューの基盤となっています。このビデオは、“男のための時計購入ガイド”と名付けられた IWC ビデオシリーズの第四作目です。

Ingenieur 2013 Collection
新作「インヂュニア」コレクションのご紹介

IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープが「インヂュニア」コレクションの新モデルを詳しくご紹介します。

ガラパゴス諸島に明るい未来を

「1835年9月17日。散歩の途中で2頭の大きなリクガメに出会った。どちらも、少なくとも体重200ポンドはあるだろう。1頭はサボテンを食べており、私が近づくとこちらを見つめ、不機嫌な様子でゆっくりと立ち去った。もう片方は低い唸り声を発し、甲羅に頭を引っ込めた。」

ケース製造の芸術と科学

スイス北部の街シャフハウゼンの郊外 ― 名高いライン滝を臨む小さな町ノイハウゼンに、スイスの時計メーカーIWCの工場がひっそりと佇んでいます。