その他の記事
第五章:時計のメンテナンス方法

IWCの時計をお買い上げの皆様は、至高の技術の賜物である卓越した品質を堪能されていることでしょう。

第四章:長い歴史の中で誕生したIWCのアイコンウォッチの数々

IWCの歴史は、その揺ぎないブランドバリューの基盤となっています。このビデオは、“男のための時計購入ガイド”と名付けられた IWC ビデオシリーズの第四作目です。

第三章:スタイルと時計との関わりとは?

時計は、男性が自身のスタイルを主張する際に用いる最も重要なアイテムです。

第二章:複雑機構とは?

時計の文字盤上に並ぶ小さなダイヤルは何なのだろうと不思議に思ったことはありませんか?多くの場合、それらは単なる装飾ではなく、機械式時計の卓越した性能をさらに高める複雑機構や特別な機能のために付属しています。

89800 Calibre Movement
永遠のデジタル表示

2009年に発表されたIWC製キャリバー89800は、デジタル日付表示の定義を塗り替えました。永久カレンダーのトリプルディスク機構は大型の日付表示と月表示を備え、閏年の周期がやや控えめに表示されています。

IWC's SIHH Booth 2013
SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。

インヂュニア:伝説のストーリー

1955年にIWCシャフハウゼンが発表した「インヂュニア」は、旋風を巻き起こしました。その「インヂュニア」誕生の裏には、それよりも遥か昔1888年まで遡るストーリーがあったのです。

ガラパゴス諸島に明るい未来を

「1835年9月17日。散歩の途中で2頭の大きなリクガメに出会った。どちらも、少なくとも体重200ポンドはあるだろう。1頭はサボテンを食べており、私が近づくとこちらを見つめ、不機嫌な様子でゆっくりと立ち去った。もう片方は低い唸り声を発し、甲羅に頭を引っ込めた。」

エクスペリエンス

第一章:ムーブメントとは?

男のための腕時計購入ガイド

日付 — 2012年10月26日

共有:

このビデオは、“男のための時計購入ガイド”と名付けられた IWC ビデオシリーズの第一作目です。 これから数ヶ月に渡り、IWCの時計やシャフハウゼンのマニュファクチュールで働く人々、そして高級時計製造の分野で名の知れた有名ブロガーたちを特集し、IWCコレクションを形成する様々な時計や複雑機械式機構製造の舞台裏を披露していきます。

IWCの機械式腕時計は芸術品であり、スタイルの主張であり、さらには技術的な感動でもあります。ブログHodinkeeの編集長であるベンジャミン・クライマーと、IWCコレクターズフォーラムの議長マイケル・フリードバーグが登場するこのビデオは、IWCのムーブメントおよびキャリバーとは何かを簡潔に紹介しています。次回のビデオもまもなくYouTubeおよび IWC.com でご覧いただけます。どうぞ楽しみにお待ちください。

その他の記事
第五章:時計のメンテナンス方法

IWCの時計をお買い上げの皆様は、至高の技術の賜物である卓越した品質を堪能されていることでしょう。

第四章:長い歴史の中で誕生したIWCのアイコンウォッチの数々

IWCの歴史は、その揺ぎないブランドバリューの基盤となっています。このビデオは、“男のための時計購入ガイド”と名付けられた IWC ビデオシリーズの第四作目です。

第三章:スタイルと時計との関わりとは?

時計は、男性が自身のスタイルを主張する際に用いる最も重要なアイテムです。

第二章:複雑機構とは?

時計の文字盤上に並ぶ小さなダイヤルは何なのだろうと不思議に思ったことはありませんか?多くの場合、それらは単なる装飾ではなく、機械式時計の卓越した性能をさらに高める複雑機構や特別な機能のために付属しています。

89800 Calibre Movement
永遠のデジタル表示

2009年に発表されたIWC製キャリバー89800は、デジタル日付表示の定義を塗り替えました。永久カレンダーのトリプルディスク機構は大型の日付表示と月表示を備え、閏年の周期がやや控えめに表示されています。

IWC's SIHH Booth 2013
SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。

インヂュニア:伝説のストーリー

1955年にIWCシャフハウゼンが発表した「インヂュニア」は、旋風を巻き起こしました。その「インヂュニア」誕生の裏には、それよりも遥か昔1888年まで遡るストーリーがあったのです。

ガラパゴス諸島に明るい未来を

「1835年9月17日。散歩の途中で2頭の大きなリクガメに出会った。どちらも、少なくとも体重200ポンドはあるだろう。1頭はサボテンを食べており、私が近づくとこちらを見つめ、不機嫌な様子でゆっくりと立ち去った。もう片方は低い唸り声を発し、甲羅に頭を引っ込めた。」