その他の記事
第五章:時計のメンテナンス方法

IWCの時計をお買い上げの皆様は、至高の技術の賜物である卓越した品質を堪能されていることでしょう。

第三章:スタイルと時計との関わりとは?

時計は、男性が自身のスタイルを主張する際に用いる最も重要なアイテムです。

第二章:複雑機構とは?

時計の文字盤上に並ぶ小さなダイヤルは何なのだろうと不思議に思ったことはありませんか?多くの場合、それらは単なる装飾ではなく、機械式時計の卓越した性能をさらに高める複雑機構や特別な機能のために付属しています。

第一章:ムーブメントとは?

時計が時を告げることは誰もが知るところですが、それだけではありません。IWCの機械式時計は芸術品であり、スタイルの表現であり、さらには技術的な感動でもあります。

C. G. ユング

分析心理学の創始者として後世に名を残すC. G. ユング(1875年~1961年)。この高名な心理学者の功績は誰もが 知るところでしょうが、彼の結婚相手がシャフハウゼンに拠点をおく時計マニファクチュール、IWCの当時の オーナーの娘だったことや、それに伴い、IWCの共同経営者に就いていたことなどは、あまり知られていません。

IWC's SIHH Booth 2013
SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。

コンプリケーションが
「グランド」の名を冠するとき

いまだ人々の記憶に名を刻む著名な英国人登山家にして、三度目のエベレスト遠征で命を落としたことでも知られるジョージ・マロリーは、1924年、なぜエベレストに登るのか?と問われて、こう答えています。「そこに山があるから」 ― この答えは、登山にまつわる最も有名な言葉となりました。

雄飛する男たち

IWCの「パイロット・ウォッチ」のアイコン的地位は、決して空想の産物などではありません。IWCの価値観を体現するこれらの時計は極めて高い人気を博し、スイス時計業界においてパイロット・ウォッチというひとつのジャンルを打ち立てました。

エクスペリエンス

第四章:長い歴史の中で誕生したIWCのアイコンウォッチの数々

男のための腕時計購入ガイド

日付 — 2012年12月20日

共有:

IWCの歴史は、その揺ぎないブランドバリューの基盤となっています。このビデオは、“男のための時計購入ガイド”と名付けられた IWC ビデオシリーズの第四作目です。

IWCの時計やシャフハウゼンのマニュファクチュールで働く人々、そして高級時計製造の分野で名の知れた有名ブロガーたちを特集し、IWCコレクションを形成する様々な時計や複雑機械式機構製造の舞台裏を披露しています。

IWCの機械式腕時計は芸術品であり、スタイルの主張であり、さらには技術的な感動でもあります。ブログHodinkeeの編集長であるベンジャミン・クライマーが登場するこのビデオは、過去100年間のIWCの最も代表的な時計を紹介しています。

次回のビデオもまもなくYouTubeおよび IWC.com でご覧いただけます。どうぞ楽しみにお待ちください。

男のための腕時計購入ガイド

第一章:ムーブメントとは?

時計が時を知らせるのは万人の知るところですが、時計はそれ以上のものを内に秘めているのです。

男のための腕時計購入ガイド

第二章:複雑機構とは?

時計の文字盤上に並ぶ小さなダイヤルは何なのだろうと不思議に思ったことはありませんか?

男のための腕時計購入ガイド

第三章:スタイルと時計との
関わりとは?

時計は、男性が自身のスタイルを主張する際に用いる最も重要なアイテムです。

その他の記事
第五章:時計のメンテナンス方法

IWCの時計をお買い上げの皆様は、至高の技術の賜物である卓越した品質を堪能されていることでしょう。

第三章:スタイルと時計との関わりとは?

時計は、男性が自身のスタイルを主張する際に用いる最も重要なアイテムです。

第二章:複雑機構とは?

時計の文字盤上に並ぶ小さなダイヤルは何なのだろうと不思議に思ったことはありませんか?多くの場合、それらは単なる装飾ではなく、機械式時計の卓越した性能をさらに高める複雑機構や特別な機能のために付属しています。

第一章:ムーブメントとは?

時計が時を告げることは誰もが知るところですが、それだけではありません。IWCの機械式時計は芸術品であり、スタイルの表現であり、さらには技術的な感動でもあります。

C. G. ユング

分析心理学の創始者として後世に名を残すC. G. ユング(1875年~1961年)。この高名な心理学者の功績は誰もが 知るところでしょうが、彼の結婚相手がシャフハウゼンに拠点をおく時計マニファクチュール、IWCの当時の オーナーの娘だったことや、それに伴い、IWCの共同経営者に就いていたことなどは、あまり知られていません。

IWC's SIHH Booth 2013
SIHH 2013:IWCブースの舞台裏

「インヂュニア」シリーズをテーマとした2013年、IWCのSIHH舞台裏の様子をご覧ください。

コンプリケーションが
「グランド」の名を冠するとき

いまだ人々の記憶に名を刻む著名な英国人登山家にして、三度目のエベレスト遠征で命を落としたことでも知られるジョージ・マロリーは、1924年、なぜエベレストに登るのか?と問われて、こう答えています。「そこに山があるから」 ― この答えは、登山にまつわる最も有名な言葉となりました。

雄飛する男たち

IWCの「パイロット・ウォッチ」のアイコン的地位は、決して空想の産物などではありません。IWCの価値観を体現するこれらの時計は極めて高い人気を博し、スイス時計業界においてパイロット・ウォッチというひとつのジャンルを打ち立てました。