特集記事
Gu Jiang
エピソード 4/5: グ・ジアン

グ・ジアンは、中国市場への参入を望む高級自動車メーカー各社のために、長年にわたってマーケティング戦略を構築したことで、自動車業界にその名声が広く知れ渡るようになりました。 Read Article

エピソード 3/5: ワン・シャオシュアイ

ワン・シャオシュアイは、中国第六世代と呼ばれる映画監督の一人として、主に芸術映画を製作しています。 Read Article

Alex Wong
エピソード 2/5: アレックス・ウォン

アレックス・ウォンは、香港・パークビューグループの取締役であり、2012年9月に北京にオープンした商業施設「パークビューグリーン」の総括プロジェクトマネージャーを務めています。 Read Article

Wang Luyan
エピソード 1/5: ワン・ルーヤン

ワン・ルーヤンは、1970年代終盤に現代アートの芸術家として頭角を現しました。中国における概念芸術の先駆者のひとりであり、「プロジェクト・アーティスト」として知られています。 Read Article

グローブトロッター 北京

エピソード 5/5: アレック・スー

台湾人歌手・俳優

テキスト — アレック・スー 日付 — 2013年3月26日

共有:
Alec Su
Alec Su
—アレック・スー

台湾人歌手・俳優、アレック・スー。アイドルグループ「小虎隊」の一員として15歳でデビューし、中国と台湾で一躍トップスターとなりました。「小虎隊」の解散後は俳優に転向し、2008年に映画の主役に抜擢されました。2009年10月公開の『The Message』での優れた演技により、2010年10月に開催された第30回大衆電影百花奨で助演男優賞を受賞。同年12月には第2回マカオ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞しました。また、映画界における近年の躍進が評価され、2011年8月に開催された中国電影表演芸術学会主催の第13回金鳳凰賞式典で審査員特別賞を獲得しました。現在もアーティストとしてテレビ、映画、音楽など多彩な分野で活躍しています。

Alec's Picks

Houhai

后海

700年以上も昔、北京が「元」の首都であった頃に作られた人造湖を取り囲むウォーターサイド地区、后海。今日、ここは北京随一のエンターテインメントスポットとして人気を集めています。私は古い時代の北京の雰囲気に深い関心があるのですが、そうした魅力を肌で感じるには、后海はうってつけの場所です。

様々な人種、細い路地、道沿いに並ぶバーやクラブ、北京伝統の庶民的な料理、通りを行き交う人力車…活気のある国際的な雰囲気が、かつての帝都の賑わいを感じさせてくれます。ここには、他では見ることのできない景色が広がっています。ぜひ、北京の伝統食を味わったり、家具や陶器の店を覗いたりと、昔の北京に戻ったような気分でゆったりと探索してみてください。ここは、私が心から寛ぐことのできる場所です。

湖と山々の景色を眺めながら、湖畔に沿って柳並木の下を散策することもできます。旧皇族ゆかりの地区や著名人の邸宅が並ぶ区域は、后海の歴史的特徴を形成し、古い北京の雰囲気を伝える重要な要素となっています。周辺に近代的なビルが建ち並ぶ中、伝統的な家屋である四合院も残っており、都の華やかな歴史を偲ばせてくれます。同時に、后海はバーやクラブがひしめきあう賑やかなストリートカルチャーの発信地でもあり、バーを舞台に活躍する有名歌手や、アーティストたちが集うコミュニティとして発展しています。大都市の喧騒を逃れてのんびりと街歩きを楽しみながら、悠久の歴史を抱く古都の日常に隠された秘宝を少しずつ発見してみてください。

Houhai Map

—后海

地図

Salitun Village

三里屯VILLAGE

ますます発展し続ける国際都市、北京。この街には、流行に敏感な人々を惹きつけるファッショナブルなエリアが多数あります。そのような場所の代表格である「三里屯VILLAGE」をご紹介しましょう。このオープンエアのショッピングゾーンには、世界的な高級ブランドや人気のカジュアルブランド、また個性的なオルタナティブブランドなど、ありとあらゆるブティックが軒を連ねています。ショッピングのほか、素敵なレストランで世界各国の料理を味わったり、カフェやスイーツショップでくつろいだり、最新の映画を観賞したり、あるいは散策を楽しんだりしながら、このエリアの独特の魅力を満喫してください。もしかしたら、あなたが次の最新トレンドの仕掛け人になるかもしれません。

「三里屯VILLAGE」では通りや小路のあちこちに芸術作品が展示されており、常に進化を続けています。ここでは、予想もしなかった場所で、驚くような体験に巡り会えます。とある路地を通り抜ける途中、優雅な仕草で彫刻刀を振るう彫刻家を見かけるかもしれません。または、街角でアーティストがあなたに向かって微笑み、スケッチブックを見せてくれることもありえます。スケートリンク、軽快に水を吹き上げる屋外の噴水、追いかけっこをしながら笑い声を上げる子供たち。広場ですれ違う人々は皆、北京の流行最先端のヘアスタイルをしています。ゆったりとリラックスしてのんびりと散策を楽しみ、かけがえのない優雅な時間を過ごしてはいかがでしょうか。

詳細

Sanlitun Village

—三里屯VILLAGE

地図

Prince Gong's Mansion

恭王府

北京は長い歴史を持つ古都であり、歴史的に重要な遺跡や建造物が至る所に存在しています。俳優という仕事柄、時には清朝時代の建築物について調べる必要が生じ、その時代の宮廷を訪れることがあります。恭王府は好きな宮廷のひとつです。

北京には、今日も清朝時代の宮廷が多数残っています。恭王府はその中でも最も豪華で、最良の保存状態が維持されています。7世代の清朝皇帝がここで暮らしました。乾隆帝の在位中には、汚職官吏として有名な和珅の住居としても使用されていました。隅々にまで歴史が染み込んでいるこの館は、神秘的な謎に満ちています。この恭王府だけで、清朝の壮大な歴史全体の半分を占めると言われているのも不思議はありません。館の裏には、別館と美しく整えられた庭園があり、20以上もの異なる景色を楽しむことができます。敷地内に立つと帝都の雄大な歴史に圧倒され、その優雅さに畏怖の念を感じるでしょう。人々の心を震わせる、地上の楽園とも言うべき場所です。

恭王府では清朝独特の建築的特徴が豊富に見受けられるほか、清朝時代の衣装や、値段のつけようがないほど貴重な文化遺物および文書が展示されています。歴史を想起させるこれらの品々を見ると、過ぎ去った時代と自分を隔てる距離が消え去っていくような感覚を覚えます。まるで2世紀もの時を超え、清朝の人々や場所を眺め、手で触れ、音を聞き、匂いを感じることができるような気がするのです。

The Prince Gong Mansion

—恭王府

地図を見る

National Centre for Performing Arts

中国国家大劇院

芸術愛好家の皆さまには、天安門広場の西側にある中国国家大劇院を訪問し、舞台を鑑賞することをお勧めします。きっと、忘れられない思い出になるはずです。

人造湖に囲まれたこの劇場は巨大なドーム型で、夜になると美しくライトアップされます。その姿はまるで湖水に浮かぶ真珠さながらです。京劇、オペラ、ミュージカル、演劇、コンサートとその上演作品の種類を問わず、この劇場では常に最高の芸術を堪能できます。まさに、あらゆるアーティストが憧れる一流の舞台と言えるでしょう。最先端の設備と斬新なデザインを備えるこの建物は、音響と建築という2つの芸術分野を巧みに組み合わせた傑作です。どのようなパフォーマンスであろうと、視覚と聴覚で観客を魅了します。芸術を愛する人々に喜びをもたらしてくれるこの劇場は、まさしく必見の名所です。

詳細

National Centre for Performing Arts

—中国国家大劇院

地図を見る

特集記事
Gu Jiang
エピソード 4/5: グ・ジアン

グ・ジアンは、中国市場への参入を望む高級自動車メーカー各社のために、長年にわたってマーケティング戦略を構築したことで、自動車業界にその名声が広く知れ渡るようになりました。 Read Article

エピソード 3/5: ワン・シャオシュアイ

ワン・シャオシュアイは、中国第六世代と呼ばれる映画監督の一人として、主に芸術映画を製作しています。 Read Article

Alex Wong
エピソード 2/5: アレックス・ウォン

アレックス・ウォンは、香港・パークビューグループの取締役であり、2012年9月に北京にオープンした商業施設「パークビューグリーン」の総括プロジェクトマネージャーを務めています。 Read Article

Wang Luyan
エピソード 1/5: ワン・ルーヤン

ワン・ルーヤンは、1970年代終盤に現代アートの芸術家として頭角を現しました。中国における概念芸術の先駆者のひとりであり、「プロジェクト・アーティスト」として知られています。 Read Article