特集記事
ダン・ルビンスタイン

ダン・ルビンスタイン ― 隔月発行の国際的なデザイン誌『サーフェイス』の編集長。また、フリーランスのコンサルタントおよびキュレーターでもある。 Read Article

ジョシュ・スピアー

旅行で街の外にいるとき以外は、ジョシュは多忙を極めています。デザイン、ガジェット、デジタル戦略、世界的トレンドなどあらゆる分野に関する並外れた彼のアイデアを多くの人が求めるためです。 Read Article

エヴァン・オレンステン

エヴァン・オレンステン ― 革新性と創造性についてレポートするデジタル出版物『クール・ハンティング』の編集長ならびに共同創立者。また、デジタル広告ネットワークおよびサービス会社「ラージテイル」の経営パートナーでもある。 Read Article

ベン・クライマー

「大学卒業後、ニューヨークに引っ越してこなかったら、私の人生はどうなっていただろうとよく思い巡らせます。私は、ニューヨークをビジネスパートナーだと考えています。ニューヨークなしでは、今の自分はいなかったでしょう。(今の立場がどうであれ、自分ではなかなかいい状況にあると思っています。)」 Read Article

ケヴィン・P・ライアン

ケヴィン・P・ライアン ― 人気の高い商品やサービスを会員特別価格で提供する画期的なeコマース企業「ギルト・グループ」の創立者兼CEO。 Read Article

ニール・ブルメンタール

ニール・ブルメンタール ― 3人の友人と共に、新しくアイウェアブランド「ウォ―ビー・パーカー」を創立。人々の視力を矯正する手助けを行うことにやりがいを感じている。オンラインサイトwww.warbyparker.comにて、上質な眼鏡を低価格で販売 Read Article

ジェフ・ステープル

あらゆる分野で多彩な才能を発揮するジェフ・ステープルは、デザインを通じて人々と交流するという、ひとつの世界を巧みに築き上げています。 Read Article

ノリーン・マクドナルド

IWCニューヨーク旗艦店の店長を務めるノリーン・マクドナルドは、まるでタイムピースと高級ジュエリーに彩られた世界で魅惑的な旅を楽しんでいるようです。ハリー・ウィンストンでキャリアをスタートして以来、これまでにティファニー、パテック・フィリップ、ディ モドロ ミラノ、トレードショー・ネットワークなど、5番街とマディソンアベニューに軒を連ねる高級ブランドで、様々な経験を積んできました。 Read Article

マイケル・ウィリアムズ

この街に10年住めば、正式に本物のニューヨーカーと名乗ることができると言います。私はここで11年間暮らし、それなりの時間を過ごしてきましたが、自分ではまだその権利を正式に獲得していないと思っています。ニューヨークは信じられないほどに活気に満ちた多彩な都市ですが、その分把握するのに多少の時間を要する場所でもあります。 Read Article

グローブトロッター ニューヨークシティ

クレイグ・カナリック

ニューヨークに住んで20年以上になりますが、両親がこの街の出身ということもあり、
生まれてからずっとここに住んでいるような気がします。他の街で暮らすことは考えられません。

テキスト — クレイグ・カナリック 写真 — クレイグ・カナリック 日付 — 2012年4月23日

共有:
—クレイグ・カナリック

クレイグ・カナリックは、マンハッタン在住の実業家、デザイナー、アーティストです。彼が近年創立した「ニューヨーク・マウス」は、ニューヨーク市近郊の小規模業者による手作り食品、すなわちインディーフードを販売するオンラインショップです。クレイグは、先駆的なデジタルエージェンシー「レーザーフィッシュ」の共同創立者であり、前会長兼最高戦略責任者として7年以上経営に関わっていたため、こちらの肩書のほうが良く知られているかもしれません。彼がデザインを手がけた作品はサンフランシスコ近代美術館の常設展示となっており、キャンディをモチーフとする写真作品は有名なプライベートコレクションに加えられています。

「ニューヨークに住んで20年以上になりますが、両親がこの街の出身ということもあり、生まれてからずっとここに住んでいるような気がします。他の街で暮らすことは考えられません。私は欲張りな消費者であり、いつでも、好きな時に、ありとあらゆる物にアクセスしたいという欲求を抱えています。世界の中心であるニューヨークでは、他のどの場所でも実現し得ないようなレベルの高い才能、創造力、インスピレーションに出会えるのです。」

Craig's Picks

Marlow and Daughters

「私たち家族は週1回、このブルックリンの食料食品店に出向き、最高においしい食品を多く買い込みます。ここの肉売場はニューヨークでも指折りで、ソーセージと肉加工食品のクオリティは他の追随を許しません。さらに、世界中から仕入れてきた生鮮食品、チーズ、乳製品など、豊富なパッケージ食品が所狭しと並び、美食家であればこの店だけですっかり満足してしまうでしょう。また、通りを挟んで向かい側にある2軒の系列レストラン、『Diner』と『Marlow & Sons』に食材を卸していますので、食料品を大量に買い込んで自宅に戻る前に、このレストランに立ち寄ることをお忘れなく。」

詳細

—95 Broadway Brooklyn

地図

Jane’s Carousel

「地区ごとに多種多様の個性を見せるのが、ニューヨークの魅力のひとつでもあります。ブルックリンにあるダンボ地区(DUMBO:Down Under the Manhattan Bridge Overpassの略)では、まるで外国に来たかのような気分を味わえます。倉庫、石畳の道、イースト川など、多くの要素が互いに主張し合いながらも、美しく調和しています。この地区の中心部には、フィラデルフィア・トボガン社製の古いメリーゴーラウンドがあります。製造から90年を経て完全に修復され、ジャン・ヌーヴェルが設計したパビリオンに設置されました。メリーゴーラウンドとして初めてアメリカ合衆国国家歴史登録財に指定されたこの遊具は、今後も子供から大人まであらゆる年代の人々を楽しませてくれることでしょう。」

詳細

—56 Water Street

地図

Espana Streb Trapeze

「信じられないほど軽々と宙を舞う。ウィリアムズバーグにあるこの『ESPANA STREB TRAPEZE(エスパーニャ・ストレブ・トラピーズ・アカデミー)』に足を踏み入れると、いつもそんな言葉が頭に浮かびます。一般公開日である土曜日には、アクロバット器具でいっぱいの倉庫に活気が満ちあふれます。5歳以上であれば誰でも参加できます。バースデーパーティーや特別なイベントとして、あるいは冒険心に富む友人たちと一緒にこのアカデミーを訪問し、スリルを味わってみてはいかがでしょうか。驚くほど腹筋が鍛えられるワークアウトもお勧めです(棒を握るという動作は多くの筋肉を動かすのです)。ただ鑑賞するだけでも十分に刺激を受けることができます。わざわざ足を運んでも、きっと後悔しないでしょう。」

詳細

—51 North First Street

地図

特集記事
ダン・ルビンスタイン

ダン・ルビンスタイン ― 隔月発行の国際的なデザイン誌『サーフェイス』の編集長。また、フリーランスのコンサルタントおよびキュレーターでもある。 Read Article

ジョシュ・スピアー

旅行で街の外にいるとき以外は、ジョシュは多忙を極めています。デザイン、ガジェット、デジタル戦略、世界的トレンドなどあらゆる分野に関する並外れた彼のアイデアを多くの人が求めるためです。 Read Article

エヴァン・オレンステン

エヴァン・オレンステン ― 革新性と創造性についてレポートするデジタル出版物『クール・ハンティング』の編集長ならびに共同創立者。また、デジタル広告ネットワークおよびサービス会社「ラージテイル」の経営パートナーでもある。 Read Article

ベン・クライマー

「大学卒業後、ニューヨークに引っ越してこなかったら、私の人生はどうなっていただろうとよく思い巡らせます。私は、ニューヨークをビジネスパートナーだと考えています。ニューヨークなしでは、今の自分はいなかったでしょう。(今の立場がどうであれ、自分ではなかなかいい状況にあると思っています。)」 Read Article

ケヴィン・P・ライアン

ケヴィン・P・ライアン ― 人気の高い商品やサービスを会員特別価格で提供する画期的なeコマース企業「ギルト・グループ」の創立者兼CEO。 Read Article

ニール・ブルメンタール

ニール・ブルメンタール ― 3人の友人と共に、新しくアイウェアブランド「ウォ―ビー・パーカー」を創立。人々の視力を矯正する手助けを行うことにやりがいを感じている。オンラインサイトwww.warbyparker.comにて、上質な眼鏡を低価格で販売 Read Article

ジェフ・ステープル

あらゆる分野で多彩な才能を発揮するジェフ・ステープルは、デザインを通じて人々と交流するという、ひとつの世界を巧みに築き上げています。 Read Article

ノリーン・マクドナルド

IWCニューヨーク旗艦店の店長を務めるノリーン・マクドナルドは、まるでタイムピースと高級ジュエリーに彩られた世界で魅惑的な旅を楽しんでいるようです。ハリー・ウィンストンでキャリアをスタートして以来、これまでにティファニー、パテック・フィリップ、ディ モドロ ミラノ、トレードショー・ネットワークなど、5番街とマディソンアベニューに軒を連ねる高級ブランドで、様々な経験を積んできました。 Read Article

マイケル・ウィリアムズ

この街に10年住めば、正式に本物のニューヨーカーと名乗ることができると言います。私はここで11年間暮らし、それなりの時間を過ごしてきましたが、自分ではまだその権利を正式に獲得していないと思っています。ニューヨークは信じられないほどに活気に満ちた多彩な都市ですが、その分把握するのに多少の時間を要する場所でもあります。 Read Article