特集記事
ダン・ルビンスタイン

ダン・ルビンスタイン ― 隔月発行の国際的なデザイン誌『サーフェイス』の編集長。また、フリーランスのコンサルタントおよびキュレーターでもある。 Read Article

ジョシュ・スピアー

旅行で街の外にいるとき以外は、ジョシュは多忙を極めています。デザイン、ガジェット、デジタル戦略、世界的トレンドなどあらゆる分野に関する並外れた彼のアイデアを多くの人が求めるためです。 Read Article

クレイグ・カナリック

クレイグ・カナリック ― マンハッタン在住の実業家、デザイナー、アーティスト。ニューヨーク市近郊の小規模業者による手作り食品、すなわちインディーフードを販売するオンラインショップ「ニューヨーク・マウス」は近年創立したばかり。 Read Article

エヴァン・オレンステン

エヴァン・オレンステン ― 革新性と創造性についてレポートするデジタル出版物『クール・ハンティング』の編集長ならびに共同創立者。また、デジタル広告ネットワークおよびサービス会社「ラージテイル」の経営パートナーでもある。 Read Article

ベン・クライマー

「大学卒業後、ニューヨークに引っ越してこなかったら、私の人生はどうなっていただろうとよく思い巡らせます。私は、ニューヨークをビジネスパートナーだと考えています。ニューヨークなしでは、今の自分はいなかったでしょう。(今の立場がどうであれ、自分ではなかなかいい状況にあると思っています。)」 Read Article

ケヴィン・P・ライアン

ケヴィン・P・ライアン ― 人気の高い商品やサービスを会員特別価格で提供する画期的なeコマース企業「ギルト・グループ」の創立者兼CEO。 Read Article

ニール・ブルメンタール

ニール・ブルメンタール ― 3人の友人と共に、新しくアイウェアブランド「ウォ―ビー・パーカー」を創立。人々の視力を矯正する手助けを行うことにやりがいを感じている。オンラインサイトwww.warbyparker.comにて、上質な眼鏡を低価格で販売 Read Article

ジェフ・ステープル

あらゆる分野で多彩な才能を発揮するジェフ・ステープルは、デザインを通じて人々と交流するという、ひとつの世界を巧みに築き上げています。 Read Article

ノリーン・マクドナルド

IWCニューヨーク旗艦店の店長を務めるノリーン・マクドナルドは、まるでタイムピースと高級ジュエリーに彩られた世界で魅惑的な旅を楽しんでいるようです。ハリー・ウィンストンでキャリアをスタートして以来、これまでにティファニー、パテック・フィリップ、ディ モドロ ミラノ、トレードショー・ネットワークなど、5番街とマディソンアベニューに軒を連ねる高級ブランドで、様々な経験を積んできました。 Read Article

グローブトロッター ニューヨークシティ

マイケル・ウィリアムズ

創造性が生み出すニューヨークの魅力

テキスト — マイケル・ウィリアムズ 写真 — マイケル・ウィリアムズ 日付 — 2012年4月18日

共有:
—マイケル・ウィリアムズ

「ア・コンティニュアス・リーン(ACL)」の創立者マイケル・ウィリアムズはオハイオ州クリーブランドで育ち、伝統とクオリティを尊重する価値観を身に付けました。より具体的に言うと、私たちの生活を取り巻く様々な物が作られる過程と、それら物にまつわる真実の物語を大切に思うようになったのです。2007年に創立されたACLは、最先端のデザインセンスを持った男性をスタイリッシュにサポートするディスカバリー・エージェントです。ウィリアムズはニューヨーク在住であり、ソーホーにある自身のマーケティング会社「ポール+ウィリアムズ」で毎日を過ごしています。

「この街に10年住めば、正式に本物のニューヨーカーと名乗ることができると言います。私はここで11年間暮らし、それなりの時間を過ごしてきましたが、自分ではまだその権利を正式に獲得していないと思っています。ニューヨークは信じられないほどに活気に満ちた多彩な都市ですが、その分把握するのに多少の時間を要する場所でもあります。ここで生活するうちに、ニューヨークという街の駆動力は、純粋に人々の創造性だけから生まれているのだと理解するようになりました。」

「以下は、ニューヨークでの生活を興味深いものにしてくれる私のお気に入りスポットです。ニューヨークのストリートを闊歩しているクリエイティブな人々がつくりだした場所です。」

Michael's Picks

—「STOCK VINTAGE」は、他に類を見ないビンテージスタイルを提供するニューヨーク一番の店

Stock Vintage

「ニューヨークは大いにショッピングを楽しめる街ですが、他の街と一線を画しているのは、何と言っても独立した専門店の存在です。」

「もしあなたが私と同じ趣味をお持ちなら、ビンテージの衣類に備わる歴史と格式を理解されていることでしょう。アバクロンビー&フィッチがアウトドアショップだった頃の完璧なキャンバスバックや、いい風合いに馴染んだ古いレザージャケットをお探しの方には、ニューヨークでも最高のユニークなセンスを誇る『STOCK VINTAGE』をお勧めします。」

詳細

—「STOCK VINTAGE」 143 E 13th St #2

地図

—ドイツに飛ぶよりも簡単で、同じくらい美味

Sigmund’s Pretzels

「ニューヨークでレストランを選ぶには、無限の選択肢があります。料理に対してどんな嗜好があれ、その要望を満たしてくれるコミュニティが存在するのです。」

「イースト・ビレッジの『SIGMUND’S』の天才的なシェフたちのおかげで、ニューヨークの多彩な食文化は、焼き立てのプレッツェルも提供します。街中を荒々しく運転するイエローキャブに手を振り、運転手に『3丁目、アベニューB』と住所を告げるだけでいいのです。ドイツに行くより簡単に、同じくらい美味しいプレッツェルを食べることができます。」

詳細

—「SIGMUND’S PRETZELS」 at 29 Avenue B

地図

—どちらを向いてもデジタル全盛の今、なすべきことはたったひとつ:アナログでいこう

Terrapin Stationers & Printing Company

「どちらを向いてもデジタル全盛の今、なすべきことはたったひとつ:アナログでいこう。」

「連絡先をデジタル送信するよりも、エングレーヴィングが入った昔ながらの名刺を手渡すほうが好きです。ニューヨークに住んでいてとても素晴らしいと思うのは、世代を越えて手工芸を継承する職人が今も存在するという事実です。『TERRAPIN STATIONERS』は、文房具にひとつずつ丁寧に手作業でエングレーヴィングを入れる数少ない店のひとつです。」

詳細

—「TERRAPIN STATIONERS」 313 W 37th St #700

地図

—都市の喧騒から逃れられる、ニューヨーク州ビーコンの素敵な穴場

Dia: Beacon

「ニューヨークで一番素晴らしい美術館に行きたければ、42丁目のグランド・セントラル・ステーションに向かって進み、メトロノース鉄道に乗って緑あふれるビーコンを訪問し、モダンアートの豊富なコレクションを誇る『DIA: BEACON』で一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。」

「以前は292,000平方フィートのナビスコのパッケージ工場であった場所が、慌ただしい都会から逃れることのできる素敵な場所に変貌しています。ここでは日常を忘れ、アンディ・ウォーホール、ソル・ルウィット、ゲルハルト・リヒター、リチャード・セラなどの偉大なアート作品を心ゆくまで堪能できます。」

詳細

—「DIA: BEACON」 3 Beekman Street (ニューヨーク州ビーコン)

地図

—「21 CLUB」 はニューヨークを象徴する場所

21 Club

「映画『ウォール街』のゴードン・ゲッコー(『タルタルステーキを注文したまえ。メニューにはないが、ルイスが特別に作ってくれる』)が贔屓にしていたこの店は、私のお気に入りでもあります。」

「特に正統派を好む人たちにとって、『21 CLUB』はニューヨークを象徴する場所です。レストランはクラシックであるべきだという意見なら、まさにこの店こそうってつけです。料理は美味しく、ドリンクは強めで、格式高い雰囲気が漂っています。ただ、テニスシューズを履いていかないように気を付けてください。おそらく、丁寧に門前払いされるでしょう。この店は、そうでなければいけません。」

詳細

—「21 CLUB」 21 West 52nd Street

地図

特集記事
ダン・ルビンスタイン

ダン・ルビンスタイン ― 隔月発行の国際的なデザイン誌『サーフェイス』の編集長。また、フリーランスのコンサルタントおよびキュレーターでもある。 Read Article

ジョシュ・スピアー

旅行で街の外にいるとき以外は、ジョシュは多忙を極めています。デザイン、ガジェット、デジタル戦略、世界的トレンドなどあらゆる分野に関する並外れた彼のアイデアを多くの人が求めるためです。 Read Article

クレイグ・カナリック

クレイグ・カナリック ― マンハッタン在住の実業家、デザイナー、アーティスト。ニューヨーク市近郊の小規模業者による手作り食品、すなわちインディーフードを販売するオンラインショップ「ニューヨーク・マウス」は近年創立したばかり。 Read Article

エヴァン・オレンステン

エヴァン・オレンステン ― 革新性と創造性についてレポートするデジタル出版物『クール・ハンティング』の編集長ならびに共同創立者。また、デジタル広告ネットワークおよびサービス会社「ラージテイル」の経営パートナーでもある。 Read Article

ベン・クライマー

「大学卒業後、ニューヨークに引っ越してこなかったら、私の人生はどうなっていただろうとよく思い巡らせます。私は、ニューヨークをビジネスパートナーだと考えています。ニューヨークなしでは、今の自分はいなかったでしょう。(今の立場がどうであれ、自分ではなかなかいい状況にあると思っています。)」 Read Article

ケヴィン・P・ライアン

ケヴィン・P・ライアン ― 人気の高い商品やサービスを会員特別価格で提供する画期的なeコマース企業「ギルト・グループ」の創立者兼CEO。 Read Article

ニール・ブルメンタール

ニール・ブルメンタール ― 3人の友人と共に、新しくアイウェアブランド「ウォ―ビー・パーカー」を創立。人々の視力を矯正する手助けを行うことにやりがいを感じている。オンラインサイトwww.warbyparker.comにて、上質な眼鏡を低価格で販売 Read Article

ジェフ・ステープル

あらゆる分野で多彩な才能を発揮するジェフ・ステープルは、デザインを通じて人々と交流するという、ひとつの世界を巧みに築き上げています。 Read Article

ノリーン・マクドナルド

IWCニューヨーク旗艦店の店長を務めるノリーン・マクドナルドは、まるでタイムピースと高級ジュエリーに彩られた世界で魅惑的な旅を楽しんでいるようです。ハリー・ウィンストンでキャリアをスタートして以来、これまでにティファニー、パテック・フィリップ、ディ モドロ ミラノ、トレードショー・ネットワークなど、5番街とマディソンアベニューに軒を連ねる高級ブランドで、様々な経験を積んできました。 Read Article