進化論の父を讃えるブロンズ

アクアタイマー・クロノグラフ “エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”

日付 — 2014年1月20日

共有:
アクアタイマー・クロノグラフ “エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”
—「アクアタイマー・クロノグラフ "エクスペディション・チャールズ・ダーウィン"」(Ref. IW379503)において、IWCシャフハウゼンはブロンズを初めてケースに採用し、革新的かつ現代的なダイバーズ・ウォッチを開発してきたその伝統を守っています。

「アクアタイマー・クロノグラフ “エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”」は、IWCシャフハウゼンの現代的かつ革新的なダイバーズ・ウォッチの進化の歴史において、新しい一章となります。また、IWCシャフハウゼンは、かつて主な造船素材のひとつであったブロンズを初めてケースに採用しました。このスポーティなタイムピースは、名高い自然学者チャールズ・ダーウィンにオマージュを捧げるものです。彼はガラパゴス諸島で生物多様性に関する基礎的な洞察をまとめました。

1835年10月。4年にわたる世界周航の後、英国の測量船HMSビーグル号は南米本土から1000キロ離れたガラパゴス諸島に錨を下ろしました。乗船していた若い研究者チャールズ・ダーウィンは、「フィンチの変種」について旅行記にメモを残しました。「最も興味深い事実は、種によってくちばしの大きさに完璧な分類があることだ。この諸島の少数の鳥の中からひとつの種が持ち出され、別の種へと変化したのかもしれない。」そしてこの自然科学者は、他の動物種へも興味を向けたのでした。当時のダーウィンは、この観察や他の観察結果から得られた「世の中は不変ではなく、むしろ絶え間ない適応の連続である」との発見が、自然科学を根底から揺るがすことになるとはまったく気づいていませんでした。種の適応性と共通の祖先からの分岐というダーウィンの理論は、このガラパゴス諸島で生まれたのです。2014年、IWCシャフハウゼンは特別なダイバーズ・ウォッチ、「アクアタイマー・クロノグラフ“エクスペディション・チャールズ・ダーウィン“」(Ref. IW379503)を、この歴史的なガラパゴス探検に捧げます。

IWC初のブロンズ素材

チャールズ・ダーウィンのスペシャルエディションは、2014年の新しい「アクアタイマー」コレクションにとって大変特別なものであるだけでなく、シャフハウゼンを拠点とするマニュファクチュールIWCにとっても非常に重要な存在です。なぜならば、IWCが初めてブロンズをケース素材に使用したタイムピースだからです。人類が5千年もの間使用してきた長い歴史を持つ素材の採用は、ダーウィンを乗せて航海した有名な船からインスピレーションを得たものです。耐腐食性の高いブロンズは、ステンレススティールが発明されるまで舷窓や接続金具、時鐘、航海計器など、造船におけるあらゆる部品に使われていました。「変化ほど不変なことはない」というダーウィンの認識の通り、ブロンズは使いこむうちに趣きのある古艶を生じ、深い色合いに変わっていきます。それが時計に独特の魅力をもたらします。純粋な銅は比較的軟らかいものですが、IWCが高度な技術で開発したブロンズ合金はアルミニウムを含み、より硬度があり安定しています。また、ブロンズは頑丈で耐摩耗性に富んでいるため、探検やダイビング用にデザインされた堅牢性の高い腕時計に最適です。ケースと新しいデザインの回転式アウター/インナーベゼルはブロンズ製です。針、インデックス、そして回転式インナーベゼルの15分目盛の夜光塗料も、温かみのあるブロンズトーンで統一されています。マットブラックのラバーコーティングが施されたリューズとプッシュボタンがダイナミックなコントラストをもたらし、堅牢な素材がクロノグラフの操作に安定した使用感を与えます。特許を取得した新しいIWCブレスレットクイック交換システムを採用したストラップも、同様のブラックラバー製です。

ブロンズ製「アクアタイマー・クロノグラフ "エクスペディション・チャールズ・ダーウィン"」(Ref. IW379503)は、
ガラパゴス諸島での観察から種の多様性に関する根本的な結論を導いた、
このクロノグラフにその名が冠された偉大な自然科学者にIWCシャフハウゼンが捧げるトリビュートです。

新開発のIWCセーフダイブ・システム付き回転式アウター/インナーベゼル

新世代の「アクアタイマー」全モデルと同様に、このクロノグラフにも革新的なIWCセーフダイブ・システム付き回転式アウター/インナーベゼルが採用されています。ダイビングやその他のイベントのスタート時にベゼルを回し、インナーベゼル上のトライアングルと分針を合わせます。カチッという音とともに1分単位で正確な時間設定が可能です。ダイビング中もインナーベゼルの目盛を読むだけで、潜水開始からの経過時間を知ることができます。セーフダイブ・システムでは、インナーベゼルは反時計回りにしか回転しません。これにより、ベゼルを誤って動かしてしまっても限界時間を超過することはなく、十分な酸素量内で安全に水面まで戻ることができるようになっています。新しいデザインのスライディング・クラッチ・システムにより、ベゼルの動きがケース内部に伝達されます。9時位置にある洗練されたメカニズムには保護カバーが付き、新世代「アクアタイマー」の特徴となっています。

クロノグラフ機能を搭載した“エンジンルーム” には、IWCの工房で全てを製造された自社製キャリバー89365が搭載されています。IWCならではの効率の良い二重爪巻上げ機構を備え、耐衝撃性の高いこの時計は、厳しい環境下の様々な条件にも耐えうる完璧なデザインです。秒針停止機能付きスモールセコンド、12時位置のサブダイヤルのミニッツ・カウンターに加え、リセットボタンを押すとクロノグラフ秒針がゼロ位置に戻り、瞬時に再計測を始めるフライバック機能も備えています。6時位置にあるスモールセコンドは、時計が正常に機能していることを示します。また停止して同期させることも可能です。裏蓋にはチャールズ・ダーウィンのポートレートがエングレーヴィングされています。彼が唱えた進化論は、人々の考え方を永遠に変えることとなりました。30気圧防水機能を備えたこのスペシャルエディションは、陸海を問わず、現代の冒険にふさわしいタイムピースです。

チャールズ・ダーウィン財団とのパートナーシップ

IWCシャフハウゼンは2009年よりチャールズ・ダーウィン財団のパートナーとなり、多大なスポンサーシップによって、この非利益団体に支援を提供しています。100人を超える職員が人間の定住や観光業の拡大、密漁、相次ぐ外来種の侵入などからガラパゴス諸島を保護するために尽力しています。今日、島の固有種は、動植物の侵入種により本来の生態系が破壊されるという脅威にさらされています。 ダーウィンフィンチの亜種のひとつであるマングローブフィンチは、ハエの外来種により絶滅の危機に瀕しています。 道具を使って餌を捕食することさえできるこの利口な鳥は、現在わずか70羽しか生存していません。このすばらしい進化の見本を、絶滅の危機から救うための時間は限られています。不屈の研究者チャールズ・ダーウィン(1809-1882)は、かつて「1時間を無駄に費やす人は、人生の価値を理解していない」と述べました。彼が生涯を懸けた貴重な研究は、ガラパゴス諸島のかけがえのない生物多様性を保護するために、私たちが全力で取り組まねばならないことを雄弁に伝えてくれます。

アクアタイマー・クロノグラフ “エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”
—IWCシャフハウゼンが贈る「アクアタイマー・クロノグラフ "エクスペディション・チャールズ・ダーウィン"」(Ref. IW379503)の裏蓋には、この英国人自然科学者のポートレートがエングレーヴィングされています。

アクアタイマー・クロノグラフ
“エクスペディション・チャールズ・ダーウィン”

IW379503

Aquatimer Chronograph Edition Expedition Chatles Darwin Ref. IW379503

特徴

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • IWCセーフダイブ・システム付き機械式回転式アウター/インナーベゼル
  • 日付表示
  • ストップウォッチ機能(分・秒)
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • 夜光塗料が塗布された針、 文字盤、および回転式インナーベゼル
  • ねじ込み式リューズ
  • 裏蓋にエングレーヴィング
  • IWC特許取得の ブレスレットクイック交換システム

 

 

ムーブメント

  • IWC自社製キャリバー: 89365
  • 振動数: 28,800 A/h (4 Hz)
  • 石数: 35
  • パワーリザーブ: 68時間
  • 巻き上げ機構: 自動巻き

時計

  • 素材: ブロンズ製ケース、ブラックの文字盤、ブラックのラバー・ストラップ、ブロンズ製ピン・バックル
  • ガラス: 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 防水: 30気圧防水
  • 直径: 44 mm
  • ケース厚さ: 17 mm

お問い合わせ

IWC Schaffhausen
Uwe Liebminger
Department Manager Public Relations
Mobile +41 (0)79 957 72 52
E-mail uwe.liebminger@iwc.com

その他の記事
IW390216_lifestyle_972x426
IWCシャフハウゼンが、
ボルボ・オーシャンレースを記念する
新しい特別モデルを発表

IWCシャフハウゼンは、今回で2度目となるオフィシャル・タイムキーパーとして、この世界一過酷といわれるオフショアレースをサポートするとともに、このイベントを祝し、1,000本限定の特別モデル「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ “オーシャン・レーサー”」を発表します。 Read Article

IWC Watches&Wonders
新モデル「ポートフィノ・ミッドサイズ」の発表を祝し、
IWCシャフハウゼンが豪華なガラディナーを開催

香港の時計フェア「ウォッチズ&ワンダーズ」の初日、スイスの時計マニュファクチュールであるIWCシャフハウゼンが、「ポートフィノ・ミッドサイズ」シリーズの発表を祝う特別ガラディナーを開催しました。 Read Article

IWC_Portofino_Midsize_IW459005_mood
手首にきらめきを添える
IWCのタイムピース

IWC「ポートフィノ」コレクションの魅力をますます高める新シリーズ「ポートフィノ・ミッドサイズ」は、格別な高級感の在る小さめのタイムピースを好む時計愛好家のご期待に応えます。 Read Article

IWC_Portofino_Midsize_IW459004_mood
ダイヤモンド、月、星

IWCのデザイナーは、新モデル「ポートフィノ・ミッドサイズ・オートマティック・ムーンフェイズ」の開発にあたり、1950~60年代の、粋で華やかな雰囲気から得たインスピレーションに、極めて現代的なラグジュアリーの要素をプラスしました。 Read Article