躍進するクラシカルモデル

新作「パイロット・ウォッチ・クラシック」コレクション

日付 — 2012年1月16日

共有:
—伝統的なのコックピットデザインを継承する「クラシック」コレクション

IWCシャフハウゼンは、70年以上にわたり、パイロットや乗務員など航空プロフェッショナルのためのタイムピースを製造し続けています。2012年、IWCの「パイロット・ウォッチ・クラシック」コレクションに、伝統的なコックピットデザインを取り入れた5つの新作モデルが加わります。精度、機能性、信頼性という、時を超越して受け継がれる品質はそのままに、クラシックな魅力を湛えるモデルです。

1936年、シャフハウゼンを拠点とする時計マニュファクチュールIWCは、最初の「IWCスペシャル・パイロット・ウォッチ」を発表しました。この初代モデルはすでに、頑丈なガラス、短時間計測用の矢印マーカーを備えた回転式べゼル、耐磁性脱進機、さらに鮮やかなコントラストが目を引く夜光性塗料を施した針と数字を備えていました。続いて1940年に登場した「ビッグ・パイロット・ウォッチ」には、懐中時計用ムーブメントと秒針停止機能がついた大型センターセコンドが搭載されていました。こうした機能を備えた「ビッグ・パイロット・ウォッチ」は、秒単位の精度で時刻を合わせることを可能にしたため、パイロットと航空士の間で特に高い人気を博しました。直径55mmのケースは、IWCが今まで製造した腕時計のなかでも、群を抜いた最大のサイズを誇っています。そして、最も有名なIWCの「パイロット・ウォッチ」といえば、1948年に製造された「マーク11」でしょう。手巻きキャリバー89を搭載し、プロフェッショナルのためのパイロット・ウォッチとして要求される厳しい基準に応えうるモデルでした。この時計のムーブメントは、耐磁性軟鉄製インナーケースに収納されていました。

精度、機能性、信頼性という時を超越して受け継がれる品質はそのままに、クラシックな魅力を湛えるモデル

生き続ける伝説
1930年代から1940年代にかけてIWCのタイムピースが打ち立てた伝説は、現在の「パイロット・ウォッチ」コレクションに息づいています。「ビッグ・パイロット・ウォッチ」「パイロット・ウォッチ・マークXVII」「パイロット・ウォッチ・ダブル・クロノグラフ」「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ」「パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー」など、このコレクションには数々の名作が揃っています。「ビッグ・パイロット・ウォッチ」は例外として、他のモデルはすべて先代モデルと比較した場合に最も顕著な相違点は、“3時”位置の日付表示です。3日分の日付が整然と縦に並び、横にシグナルレッドのトライアングル・ポインターが配されています。この形状はかつてコックピットで使用されていた高度計からインスピレーションを得たもので、航空計器を想起させるデザインをより際立たせています。2012年も引き続き、「ビッグ・パイロット・ウォッチ」は伝統的なデザインと、高い性能を誇るIWC製51111キャリバーを備えて登場します。「パイロット・ウォッチ・マークXVII」のケース直径は、先代モデル「マークXVI」より2mm大きな41mmになりました。「パイロット・ウォッチ・ダブル・クロノグラフ」は、新しい特徴的なデザインとして赤をアクセントに配し、さらに魅力的になりました。また、46mmという大型ケースのおかげで、視認性も大きく向上しています。「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ」のステンレススティール製ケースも、1mm拡大されて43mmになりました。「パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー」は24時間リングを備え、協定世界時(UTC)を含む24地域の時刻を読み取ることを可能にしました。外周リングには、各タイムゾーンを代表する世界23都市の名称が記されています。文字盤では現地時刻が表示されます。異なるタイムゾーンへ移動するときは、時針を時間単位で進めたり戻したりすることができ、移動先の時刻に速やかに変更できます。たとえ日付変更線を越えた場合でも、日付も準じて変更されます。

パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー

—Ref. 3262

詳細を見る

—伝説の戦闘機、Ju 52型機の機能的なコックピット計器のデザインからインスピレーションを得たIWCの「パイロット・ウォッチ」

「パイロット・ウォッチ・マークXVII」および「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ」の新しいメタル・ブレスレットは、長さの微調整が可能なクラスプを搭載しています。これにより、素早く簡単に、そして何よりも正確に、手首にフィットさせることが可能になりました。すなわち、外気温の変動などによって手首周囲に微妙な変化があっても、道具を使わずに調整していつでも快適な着け心地にすることができます。ブレスレットを延長するには、フォールディング・クラスプのIWCボタンを押すだけで、6段階、最大6mm延長することが可能です。また、希望の長さになるまでブレスレットを押し込めば、簡単に短縮できます。ピン・バックルとフォールディング・クラスプのデザインも、大型のケース直径に合わせてわずかに拡大されました。

その他の記事
IWC Ingenieur Automatic Edition “Laureus Sport for Good Foundation”
設計はIWC - デザインは子供たち

上海で行なわれたローレウス・ワールド・スポーツ・アワードにて、IWCシャフハウゼンが、特徴的なローレウス・ブルーの文字盤を持つ特別限定モデル「インヂュニア・オートマティック “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」を発表しました。 Read Article

IWC SIHH 2015
IWCシャフハウゼン「ポルトギーゼ」
誕生75周年を祝して

伝説的なタイムピース「ポルトギーゼ」シリーズの誕生75周年を記念して、IWCシャフハウゼンは世界各国から集まった約800人のゲストと共に、国際高級時計見本市(SIHH)にて祝賀会を開催しました。 Read Article

IWC Portugieser Hand-Wound Eight Days "75th Anniversary"
コレクション誕生75周年を祝して

「ポルトギーゼ」コレクションの誕生75周年を記念し、IWCは知られざる、しかし非常に魅力的な初代「ポルトギーゼ」にふさわしいオマージュとして、新モデル「ポルトギーゼ・ハンドワインド・エイトデイズ “75th アニバーサリー”」を発表します。 Read Article

IWC Portugieser Perpetual Calendar Digital Date-Month
45mmのケースに凝縮された
究極の製造技術

新モデル「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス “75th アニバーサリー”」は、プラチナ製が25本、レッドゴールド製は各75本の数量限定生産です。このタイムピースは、IWCシャフハウゼンだからこそ実現できる、洗練された複雑機構技術の数々を搭載しています。 Read Article