旅の必需品

パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー

日付 — 2012年1月16日

共有:
—新しい「パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー」は、「パイロット・ウォッチ・UTC」の成功を継承したモデル

急速な国際化にともない、パイロットや旅行者、国際的なビジネスマンにとって、複数のタイムゾーンをうまく操る重要性がますます高まりつつあります。新作「パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー」は、このような人々の期待に、IWC特有の洗練された実用的な解決策で応えます。もちろん、日付変更線を越える旅にも対応します。

技術発展の歴史には、解決に膨大な時間を要する問題がいくつも存在しました。まさに文字通り、「時間」そのものが問題となるケースも往々にしてあります。協定世界時(UTC)の導入がその最たる例です。ロンドン近郊の町、グリニッジの現地時間が天文航法の標準時となったのは18世紀中頃のことでした。約100年後の1884年、国際子午線会議にて、世界は24のタイムゾーンに分割されました。その出発点となる本初子午線は、グリニッジ天文台の上を通っています。このグリニッジ標準時(GMT)は、正式な標準時として認められるようになりました。おもしろいことに、この時間基準のもとでは、一日は昼12時に始まります。天文学者は夜間に仕事をする傾向があるため、天文計算の最中に日付変更を行なうことを避けたのです。しかし、午前0時に日付が変わるほうがいいと考える人のほうがやはり多数派です。いくつかの方法で試行錯誤を重ねた結果、1972年に最終的な合意に達し、協定世界時(UTC)が導入されました。現在、全世界でこの協定世界時(UTC)を基に時間が計測されています。複数の大陸、つまり異なるタイムゾーンを行き来するパイロットや旅行者、そして世界各国にいる同僚とコミュニケーションを取るビジネスマンなど、多くの人々にとって時間の把握は極めて重要な意味を持ちます。1998年、IWCは世界を股にかけて活躍する人々のために、2つの異なるタイムゾーンを扱った初のモデル、「パイロット・ウォッチ・UTC」を発表しました。文字盤上に設けられた24時間表示窓で、協定世界時(UTC)を表示しました。

協定世界時(UTC)を含む24すべてのタイムゾーンの時刻を瞬時に読み取ることが可能

瞭然たるタイムゾーン表示
新作「パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー」(Ref. 326201) は、旧作から変化を遂げ、弧状の窓で時間を表示する構造ではなくなりました。その代わり、文字盤の周囲に24時間リングを配置しました。昼夜の区別をより分かりやすくするため、このリングは白と黒で色分けがなされています。24時間リングはリューズを使って素早く簡単に調整でき、協定世界時(UTC)を含む24地域の時刻を一目で読み取ることができます。協定世界時(UTC)や飛行予定時間を確認するパイロット、故郷の現地時刻を知りたい旅行者、そしてパートナーのオフィスが位置する現地時刻を掌握する国際的なビジネスマンなど、この時計があれば、誰もが複数のタイムゾーンにまたがる時間を把握することが可能になります。このモデルは24時間リングに加え、各タイムゾーンを代表する世界23都市の名称を記した外周リングを備え、世界各地の時刻が一目瞭然となりました。“UTC”および“Date Line”の文字をシグナルレッドに色づけることで、より一層時間表示が読み取りやすくなりました。

文字盤上には、現在の現地時刻が表示されます。異なるタイムゾーンへ移動する際は、針を時間単位で進めたり戻したりすることで移動先の現地時刻を速やかに表示することができます。たとえ国際日付変更線を越える場合でも、日付はジャンピングアワー針に従って変更されます。文字盤上の時間が変更されても、24時間リングで表示されている時刻が影響を受けることはなく、変更操作の最中でもムーブメントは作動し続けます。

マットな黒の背景に配された白の数字とインデックス、そして針には夜光塗料が施され、抜群の視認性を保証します。“12時”位置の矢印のマーカー、そして整然と配置されたチャプターリングが、「パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー」につながる伝統的なパイロット・ウォッチの系譜をはっきりと物語っています。新たな特色として、3日分の日付を縦に配置した日付表示があります。これは、紛れもなく航空機のコックピット内に設置されている高度計から着想を得たデザインです。

6気圧防水を備えるステンレススティール製ケースの直径は堂々たる45mmとなり、視認性もさらに向上しました。フォールディング・クラスプが付いたブラックのアリゲーター・ストラップにより、「パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー」は手首に安定した装着感を与えます。

パイロット・ウォッチ・ワールドタイマー

Ref. IW326201

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • 自動巻き
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きセンターセコンド
  • 24時間表示のワールドタイマー機能
  • 耐磁性軟鉄製インナーケース
  • ねじ込み式リューズ
  • 急激な気圧変化にも対応するサファイアガラス

ムーブメント

  • キャリバー: 30750
  • 振動数: 28,800回/時(4Hz)
  • 石数: 31
  • パワーリザーブ: 42時間
  • 巻上げ: 自動巻き

ウォッチ

  • 素材: ステンレススティール製ケース、ブラックの文字盤、ブラックのアリゲーター・
    ストラップ、ステンレススティール製フォールディング・クラスプ
  • ガラス: 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 防水: 6気圧
  • 直径: 45mm
  • 厚さ: 13.5mm
その他の記事
IW390216_lifestyle_972x426
IWCシャフハウゼンが、
ボルボ・オーシャンレースを記念する
新しい特別モデルを発表

IWCシャフハウゼンは、今回で2度目となるオフィシャル・タイムキーパーとして、この世界一過酷といわれるオフショアレースをサポートするとともに、このイベントを祝し、1,000本限定の特別モデル「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ “オーシャン・レーサー”」を発表します。 Read Article

IWC Watches&Wonders
新モデル「ポートフィノ・ミッドサイズ」の発表を祝し、
IWCシャフハウゼンが豪華なガラディナーを開催

香港の時計フェア「ウォッチズ&ワンダーズ」の初日、スイスの時計マニュファクチュールであるIWCシャフハウゼンが、「ポートフィノ・ミッドサイズ」シリーズの発表を祝う特別ガラディナーを開催しました。 Read Article

IWC_Portofino_Midsize_IW459005_mood
手首にきらめきを添える
IWCのタイムピース

IWC「ポートフィノ」コレクションの魅力をますます高める新シリーズ「ポートフィノ・ミッドサイズ」は、格別な高級感の在る小さめのタイムピースを好む時計愛好家のご期待に応えます。 Read Article

IWC_Portofino_Midsize_IW459004_mood
ダイヤモンド、月、星

IWCのデザイナーは、新モデル「ポートフィノ・ミッドサイズ・オートマティック・ムーンフェイズ」の開発にあたり、1950~60年代の、粋で華やかな雰囲気から得たインスピレーションに、極めて現代的なラグジュアリーの要素をプラスしました。 Read Article