コックピットのために製造された高級時計

ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”

日付 — 2012年1月16日

共有:
—ハイテク技術とオート・オルロジュリ―(高級複雑時計製造)が見事に融合して誕生した「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”」

「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”」の卓越したパワーと優れた性能は、誰の目にも明らかです。 米国ネバダ州ファロンにてエリートパイロットを養成している米海軍戦闘機兵器学校の格納庫には、最新技術の粋を集めた音速ジェット機が並んでいます。同様に、このタイムピースのハイテク・セラミック製ケースにも、時計製造分野において成し遂げられた偉大な技術革新の数々が収められています。

ハイテク技術とオート・オルロジュリ―(高級複雑時計製造)が見事に融合した「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”」(Ref. 502902)は、時計愛好者の胸を高鳴らせる特徴で満載です。ペラトン自動巻き機構を備えるIWC製キャリバー51614は、時計製造史上最も効率的な自動巻き機構の一つです。ゼンマイを搭載したローターとペラトン自動巻き機構により、わずか1960回転で7日間のパワーザーブが蓄えられます。人間が1日に腕を動かす回数は平均して約3000回ということを考慮すると、その効率の良さがはっきりとわかります。“3時”位置のサブダイヤルに配されたパワーリザーブ表示が、その性能の高さを常に思い起こさせてくれるでしょう。4桁の西暦表示が付いた永久カレンダーや、日付、曜日、月表示など搭載されている数々の複雑機構を動かすのに十分なエネルギーが、このムーブメントにより生み出されるのです。すべての表示はリューズを使って簡単に調整することができ、時間の経過に従って自動的に進みます。時計師による永久カレンダーの調整は、2100年まで必要ありません。この年は本来4年周期で閏年にあたるところが、例外的に閏年になりません。センチュリースライドには20、21、22という数字のみ刻まれています。したがって、この時計は2299年12月31日をもって最期を迎えることになるでしょう。飛行機のシルエットが2つ控え目に配された“12時”位置のムーンフェイズ表示は、南北両半球から見た月の状態を示します。実際の月の満ち欠けの周期とムーンフェイズ表示に生じる誤差は、約29.5日の太陰月毎にわずか12秒にすぎません。その他、グリュシデュール®ベリリウム合金製テンプやブレゲひげゼンマイなど、このムーブメントにはさらなる特色が隠されています。

ゼンマイを搭載したローターとペラトン自動巻き機構は、わずか1,960回転で7日間分以上のパワーリザーブを一瞬のうちに巻き上げる

歴史的な「パイロット・ウォッチ」のデザインを踏襲
「ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”」は、シリーズの先代が築き上げた輝かしい歴史を映し出しながら、その名に相応しい威容を誇っています。1940年、「ビッグ・パイロット・ウォッチ」の歴史的初代モデルが、現在私たちが目にする「パイロット・ウォッチ」の特徴的デザインの基礎を築きました。現代の息吹が吹き込まれたこの時計では、マットな黒を基調とする文字盤にコントラストの映える白のチャプターリングと矢印のマーカーを配したクラシカルな航空計器を思わせる外観、そして「トップガン」シリーズのスポーティーなデザインとが融合しています。セラミック製ケースとチタニウム製リューズは、時計製造の技術分野においてIWCシャフハウゼンが守り続けているリーダーシップの証と言えます。IWCは、すでに1980年代にケース素材としてチタニウムを採用し、時計製造業界の中で初めてセラミックを導入しました。直径48mmのケースをしっかりと固定する黒のソフト・ストラップは、丈夫さもさることながら、手首に快適にフィットする優れた着用感も提供します。

裏蓋に刻まれた「トップガン」の徽章は、このタイムピースが最高のハイテク技術を活かした傑作であり、史上最も複雑なパイロット・ウォッチであることを雄弁に物語っています。

ビッグ・パイロット・ウォッチ・
パーペチュアル・カレンダー“トップガン”

—Ref. 5029

詳細を見る

ビッグ・パイロット・ウォッチ・パーペチュアル・カレンダー“トップガン”

Ref. IW502902

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • ペラトン自動巻き機構
  • パワーリザーブ表示
  • 日・曜日・月を表示する永久カレンダー
  • 永久ムーンフェイズ表示
  • 南北両半球のダブル・ムーンフェイズ
  • 4桁の西暦表示
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • グリュシデュール®ベリリウム合金製テンプ
  • ブレゲひげゼンマイ
  • ねじ込み式リューズ

*IWCシャフハウゼンは、商標「グリュシデュール®」の
所有者ではありません。

ムーブメント

  • キャリバー: 51614
  • 振動数: 21,600回/時(3Hz)
  • 石数: 62
  • パワーリザーブ: 168時間
  • 巻上げ: 自動巻き

ウォッチ

  • 素材: セラミック製ケース、ブラックの文字盤、ブラックのソフト・
    ストラップ、ステンレススティール製フォールディング・クラスプ、
    ブラスト仕上げ
  • ガラス: 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 防水: 6気圧
  • 直径: 48mm
  • 厚さ: 16mm
その他の記事
IWC Ingenieur Automatic Edition “Laureus Sport for Good Foundation”
設計はIWC - デザインは子供たち

上海で行なわれたローレウス・ワールド・スポーツ・アワードにて、IWCシャフハウゼンが、特徴的なローレウス・ブルーの文字盤を持つ特別限定モデル「インヂュニア・オートマティック “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」を発表しました。 Read Article

IWC SIHH 2015
IWCシャフハウゼン「ポルトギーゼ」
誕生75周年を祝して

伝説的なタイムピース「ポルトギーゼ」シリーズの誕生75周年を記念して、IWCシャフハウゼンは世界各国から集まった約800人のゲストと共に、国際高級時計見本市(SIHH)にて祝賀会を開催しました。 Read Article

IWC Portugieser Hand-Wound Eight Days "75th Anniversary"
コレクション誕生75周年を祝して

「ポルトギーゼ」コレクションの誕生75周年を記念し、IWCは知られざる、しかし非常に魅力的な初代「ポルトギーゼ」にふさわしいオマージュとして、新モデル「ポルトギーゼ・ハンドワインド・エイトデイズ “75th アニバーサリー”」を発表します。 Read Article

IWC Portugieser Perpetual Calendar Digital Date-Month
45mmのケースに凝縮された
究極の製造技術

新モデル「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス “75th アニバーサリー”」は、プラチナ製が25本、レッドゴールド製は各75本の数量限定生産です。このタイムピースは、IWCシャフハウゼンだからこそ実現できる、洗練された複雑機構技術の数々を搭載しています。 Read Article