永遠の都ローマに新たな歴史を書き加える
IWCシャフハウゼン

日付 — 2013年4月8日

共有:

2013年4月8日、ローマ ― 世界各地にブティックをオープンした昨年に引き続いて、今年IWCシャフハウゼンは、永遠の都ローマに進出します。スイスの時計マニュファクチュールであるIWCは、ビジネスにおけるイタリアの重要性を深く認識し、首都ローマの中心にあるスペイン広場にイタリア初となるブティックを構え、ブランドの代表的モデルを販売します。

イタリア初のIWCブティックが、ローマのスペイン広場28番地にオープンしました。こちらの店舗では、IWC独自の時計コレクションが織り成す魅力的な世界を探索し、卓越した時計製造技術と華麗な高級時計の数々を体験していただけます。「ローマに行けば、ほとんどの人がスペイン広場を訪れるでしょう。」と、IWCのCEOジョージ・カーンは語っています。「このような歴史ある一等地でIWCの傑作機械式時計を披露し、当社の伝統と哲学をお伝えできることを光栄に思います。」

落ち着きのあるラグジュアリー

ローマでも指折りの歴史ある広場に位置するこの新店舗は、40平方メートルの広さがあり、大きな窓から自然光が差し込む設計になっています。まさしく、シャフハウゼン発の高級時計の展示にふさわしい環境です。IWC専属の建築家たちは、深い色合いの木材をクロム合金やレザーなどの異素材と組み合わせ、時計の外観が鮮明に見てとれるように、またブランドが誇る豊かな遺産を反映するようなエレガントな空間をつくりだしました。

革新的タイムピースのための独創的デザイン

大型スクリーンを備えたIWCシャフハウゼンの新しいウィンドウディスプレイは、動画を活用して、それぞれの時計コレクションにまつわる世界観を表現します。今年は、メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™チームとの新しいパートナーシップを記念し、生まれ変わった「インヂュニア」コレクションに焦点を当て、印象的なディスプレイを展開していく予定です。次々に移り変わる背景は、レーシングカーのパフォーマンスやシルバー・アローの堂々たるオーラを彷彿とさせます。こちらのブティックでは、幅広い時計コレクションの展示はもちろん、もうひとつの大きな楽しみとして、IWCブティック限定モデルのコレクションもご覧いただけます。

Rome Boutique Map

—Piazza di Spagna 28, 00187 Rome

地図を見る

Further Information
IWC Italy
Cristina Muzio
Public Relations Manager Italy
Tel. +39 02 302 66 54
E-mail cristina.muzio@iwc.com

IWC Schaffhausen
Uwe Liebminger
Department Manager Public Relations
Mobile +41 (0)79 957 72 52
E-mail uwe.liebminger@iwc.com
Internet www.iwc.com

その他の記事
IWC Watches&Wonders
新モデル「ポートフィノ・ミッドサイズ」の発表を祝し、
IWCシャフハウゼンが豪華なガラディナーを開催

香港の時計フェア「ウォッチズ&ワンダーズ」の初日、スイスの時計マニュファクチュールであるIWCシャフハウゼンが、「ポートフィノ・ミッドサイズ」シリーズの発表を祝う特別ガラディナーを開催しました。 Read Article

IWC_Portofino_Midsize_IW459005_mood
手首にきらめきを添える
IWCのタイムピース

IWC「ポートフィノ」コレクションの魅力をますます高める新シリーズ「ポートフィノ・ミッドサイズ」は、格別な高級感の在る小さめのタイムピースを好む時計愛好家のご期待に応えます。 Read Article

IWC_Portofino_Midsize_IW459004_mood
ダイヤモンド、月、星

IWCのデザイナーは、新モデル「ポートフィノ・ミッドサイズ・オートマティック・ムーンフェイズ」の開発にあたり、1950~60年代の、粋で華やかな雰囲気から得たインスピレーションに、極めて現代的なラグジュアリーの要素をプラスしました。 Read Article

IWC_Portofino_Midsize_IW459101_lifestyle_972x426
昼のような輝きで夜を彩る「ポートフィノ」

24時間のデイ&ナイト表示と第2時間帯を備える新モデル「ポートフィノ・ミッドサイズ・オートマティック・デイ&ナイト」には、落ち着きのあるラグジュアリーと、活動的な新世代のスマートさが融合しています。 Read Article