モーターレースのための2つの「インジュニア」

「インヂュニア・ダブルクロノグラフ・チタニウム」と「インヂュニア・デュアルタイム・チタニウム」

日付 — 2013年1月21日

共有:
Ingenieur Double Chronograph Titanium
—「インヂュニア・ダブルクロノグラフ・チタニウム」 (Ref. IW386501)

「インヂュニア・ダブルクロノグラフ・チタニウム」と「インヂュニア・デュアルタイム・チタニウム」のケースの素材は、フォーミュラ・ワン™からインスピレーションを受けました。技術的な観点から言うと、この2つの時計は、モータースポーツが最優先する理念を体現する最適なタイムピースです。ダブルクロノグラフはラップタイムの計測機能を備え、「デュアルタイム」は様々な異なるタイムゾーンへ移動する間でも、レーシングチームが常に正確な現地時刻を把握できるようサポートします。

「インヂュニア」シリーズの新しいデザインは簡単に見分けることができます。従来の特徴的な「穴」の代わりに、ベゼル上には5つのビスが備えられ、時計のスポーティーさを際立たせています。これらのビスはベゼルをケースにしっかり固定します。「インヂュニア・ダブルクロノグラフ」 (Ref.IW386501、IW386503)と 「インヂュニア・デュアルタイム」 (Ref. IW326403)のケースにはチタニウムが採用されています。チタニウムは、IWCが1980年代初頭に時計業界で初めて使用した素材であり、優れた特性を持つ素材でもあります。チタニウムは、重さがステンレススティールの1/2と軽量で、高い耐腐食性と耐磁性を誇り、あらゆる肌質に対応します。両タイムピースのリューズ、リューズプロテクター、プッシュボタンにチタニウムが使用されており、丁寧にラバー・コーティングが施されています。

チタニウムは、IWCが1980年代初頭に時計業界で初めて使用した素材であり、優れた特性を持つ素材でもあります。
チタニウムは、重さがステンレススティールの1/2と軽量で、高い耐腐食性と耐磁性を誇り、あらゆる肌質に対応します。

ダブルチャンピオンへの予選通過

フォーミュラ・ワン™のレースでは、ラップタイムから、様々な技術的パラメーターおよびレースの経過状況など大切な情報を得ることができます。予選で最速タイムを記録したドライバーが、ポールポジションと呼ばれるスタート位置の1番グリッドを獲得します。IWCとメルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™チームのパートナーシップから生まれた新「インヂュニア」シリーズにダブルクロノグラフ機能を搭載することは非常に重要でした。先端がブルーもしくはホワイトに塗られたストップウォッチ針が作動し続ける一方で、スプリット・セコンド針を止めて1分未満の2つの中間タイムを計測することができます。「10時」位置のプッシュボタンをもう一度押すと、スプリット・セコンド針がストップウォッチ針に追いつき、2つの針が再び同時に動き出します。この機能により、何度でもラップタイムの計測を繰り返すことができるのです。「12時」位置の30分積算計は、ジャンピング・ミニッツ・カウンターを備え、トライアングルの先端は1時間に2周することになります。「6時」位置に配された積算計のアワー・カウンターは、30分目盛でストップタイムを計測します。窪み込んだ積算計のデザインは、回転速度計(タコメーター)からインスピレーションを受け、均整のとれた計器の外観を呈しています。様々な表示が備わったこのタイムピースは、日付はもちろんのこと、曜日も表示します。12気圧防水の 「インヂュニア・ダブルクロノグラフ・チタニウム」 は、シルバーメッキ、もしくはブラックの文字盤の2つのモデルがあり、ラバー・ストラップにてご用意しています。

Ingenieur Dual Time Titanium
—「インヂュニア・デュアルタイム・チタニウム」 (Ref. IW326403)

時間を把握する

メルボルン、バルセロナ、モンツァ、クアラルンプール、シンガポール、サンパウロ、上海。国際的なフォーミュラ・ワン™のチームは年に20回行われるレースのために、世界中を移動します。ドライバーとチームにとって、様々な異なるタイムゾーンの現地時間を把握することは大切です。新作 「インヂュニア・デュアルタイム・チタニウム」 は、任意のタイムゾーンの現地時間を表示することによって、チームをサポートします。文字盤に表示される現地時間は、国際日付変更線を超える場合でも、時間単位で進めたり戻したりすることができます。先端がホワイトに塗られた秒針は連続的に作動し続け、ホワイト・トライアングルが24時間リング上で第2時間帯を示します。つまり、ホームタイムの現地時刻を常に読み取ることができるのです。また、午後6時から午前6時にあたる上部分が、午前6時から午後6時にあたる下部分よりも色が濃く配されており、昼夜の区別をより分かりやすくしています。 「インヂュニア・デュアルタイム・チタニウム」 には、ブラックのラバー・ストラップが付いています。

—フォーミュラ・ワン™のピットストップ中、それぞれの役割を持つメルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™チームは時計のムーブメントのように正確に作業を行います。

「インヂュニア・ダブルクロノグラフ・チタニウム」

Ref. IW386501 – IW386503

Ingenieur Double Chronograph Titanium

特徴

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • 日付・曜日表示
  • ストップウォッチ機能(時・分・秒)
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • 中間タイム計測用のスプリットセコンド針
  • ねじ込み式リューズ

ムーブメント

  • キャリバー: 79420
  • 振動数: 28,800 A/h (4Hz)
  • 石数: 29
  • パワーリザーブ: 44時間
  • 巻上げ: 自動巻き

時計

  • 素材: Ref. IW386501: チタニウム製ケース、シルバーメッキの文字盤、ブラックのラバー・ストラップ、チタニウム製ピン・バックル  
    Ref. IW386503: チタニウム製ケース、ブラックの文字盤、ブラックのラバー・ストラップ、チタニウム製ピン・バックル
  • ガラス: 両面反射防止加工を施したフラットサファイアガラス
  • 防水: 12気圧
  • 直径: 45mm
  • ケース厚さ: 16mm

インヂュニア・デュアルタイム・チタニウム

Ref. IW326403

Ingenieur Dual Time Titanium

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • 自動巻き
  • ジャンピングアワー針(TZC = タイムゾーン・コレクター)
  • 24時間表示(第2時間帯)
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きセンターセコンド
  • ねじ込み式リューズ

ムーブメント

  • キャリバー: 35720
  • 振動数: 28,800 A/h (4Hz)
  • 石数: 27
  • パワーリザーブ: 42時間
  • 巻上げ: 自動巻き

時計

  • 素材: チタニウム製ケース、チタニウムカラーの文字盤、ブラックのラバー・ストラップ、チタニウム製ピン・バックル
  • ガラス: 両面反射防止加工を施したフラットサファイアガラス
  • 防水: 12気圧
  • 直径: 45mm
  • ケース厚さ: 13mm

 

その他の記事
IW390216_lifestyle_972x426
IWCシャフハウゼンが、
ボルボ・オーシャンレースを記念する
新しい特別モデルを発表

IWCシャフハウゼンは、今回で2度目となるオフィシャル・タイムキーパーとして、この世界一過酷といわれるオフショアレースをサポートするとともに、このイベントを祝し、1,000本限定の特別モデル「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ “オーシャン・レーサー”」を発表します。 Read Article

IWC Watches&Wonders
新モデル「ポートフィノ・ミッドサイズ」の発表を祝し、
IWCシャフハウゼンが豪華なガラディナーを開催

香港の時計フェア「ウォッチズ&ワンダーズ」の初日、スイスの時計マニュファクチュールであるIWCシャフハウゼンが、「ポートフィノ・ミッドサイズ」シリーズの発表を祝う特別ガラディナーを開催しました。 Read Article

IWC_Portofino_Midsize_IW459005_mood
手首にきらめきを添える
IWCのタイムピース

IWC「ポートフィノ」コレクションの魅力をますます高める新シリーズ「ポートフィノ・ミッドサイズ」は、格別な高級感の在る小さめのタイムピースを好む時計愛好家のご期待に応えます。 Read Article

IWC_Portofino_Midsize_IW459004_mood
ダイヤモンド、月、星

IWCのデザイナーは、新モデル「ポートフィノ・ミッドサイズ・オートマティック・ムーンフェイズ」の開発にあたり、1950~60年代の、粋で華やかな雰囲気から得たインスピレーションに、極めて現代的なラグジュアリーの要素をプラスしました。 Read Article