「ポルトギーゼ」に新しい2つのモデルが登場

日付 — 2013年3月26日

共有:
Sailing

シャフハウゼン、2013年3月27日―スイスの時計マニュファクチュール、IWCの「ポルトギーゼ」コレクションは、精緻な技術が生んだ傑作です。 70年以上にわたり世界中の時計愛好家の皆様に愛されてきたこのコレクションは、機械式時計の歴史にその名を刻んでいます。高い人気を誇る同コレクションに、エレガントでスタイリッシュな新しい2つのモデル、「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」および「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド」が登場します。

初めて発表されて以来、「ポルトギーゼ」コレクションは時を超越したエレガントなフォルムと、比類なき完成度の高さが融合した、正統派たるシンプルな魅力を放っています。そして、気まぐれに移り変わる流行には決して左右されない、確かな趣味の良さを表現します。IWC「ポルトギーゼ」にまつわる物語は、新世界発見に挑んだ船乗りたちが使用した精密な航海用計器にまで遡ります。その大航海時代から500年以上を経た1930年代、2人のポルトガル人時計商がシャフハウゼンの工場を訪れ、マリン・クロノメーターに匹敵する精度を持つ腕時計の製作を注文しました。こうして、1939年にポケットウォッチ・ムーブメントを搭載した初代「ポルトギーゼ」が誕生したのです。それから70年以上にわたり、「ポルトギーゼ」はIWCを代表するコレクションとして発展し、その大型のサイズ、精度、複雑機構により、世界中の時計愛好家に喜びをもたらしてきました。

Portuguese Chronograph Classic
—ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック、Ref. 3904

クラシックなエレガンス

新しい 「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」 (Ref. 3904)は、際立つエレガンスとクラシックなデザインを特長としながらも、新たなデザインによって驚くほどに独創的なタイムピースとなり、人気の「ポルトギーゼ」コレクションに新しい風をもたらしました。このモデルは同コレクションにおける3つ目の「クロノグラフ」であり、1930年代につくられた伝説的な初期モデルに由来するアイデンティティと文化的な遺産を受け継いでいます。アップライトのアラビア数字、レイルウェイタイプの目盛りが付いたチャプターリング、そしてスレンダーなリーフ針が、このタイムピースを完成させています。フロントのサファイアガラスはエッジがアーチ型になっており、スリムで美しい直径42mmのケースをさらにすっきりと小さく見せています。この伝統的な形状のサファイアガラスは、均整の取れたクラシカルな印象を与え、全体的なフォルムバランスを整えて統一感を生み出します。「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」に搭載されているのは、IWC製キャリバー89361です。このムーブメントは、サブダイヤルで最長12時間までの時間を記録するために開発されました。時計を読むように積算時間を簡単に知ることのできる明確なデザインでつくられています。サファイアガラスの裏蓋からは、キャリバー89361とコート・ド・ジュネーブ装飾が施されたローターを鑑賞することができます。「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」は、18Kレッドゴールド製またはステンレススティール製ケースのモデルが用意されました。どちらのバージョンでも、シルバーメッキまたはスレートカラーの文字盤からお選びいただけます。

Portuguese Chronograph Classic
ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック

—Ref. 3904

詳細を見る

ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド
—ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド、Ref. 5463
Portuguese Tourbillon Hand-Wound
ポルトギーゼ・トゥールビヨン・
ハンドワインド

—Ref. 5463

詳細を見る

華麗なる制御機構トゥールビヨン

「ポルトギーゼ」コレクションは、伝統的な航海用計器と近代的なデザインの融合、そして最先端のメカニズムを有することで知られています。「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド」(Ref. 5463)は、このコンビネーションをさらに磨き上げて洗練を極めたモデルです。このモデルのような大型の手巻き式腕時計にふさわしいキャリバー98900は、シャフハウゼンがこれまでに創作した数多くの手巻きムーブメントの頂点に立つものです。18Kホワイトゴールド、または18Kレッドゴールド製の端正でシンプルなケースは、余計な装飾を必要としない究極のミニマリズムを体現しています。しかしながら、9時位置のトゥールビヨンは、このタイムピースが、IWCが誇る時計製造技術を見事に反映した最高級の部品で構成されているという事実を明示しています。このトゥールビヨンは、軸を中心として60秒で1回転します。一平面全体に重力誤差を均等に分散させることにより、テンプとゼンマイを備えた振動機構に不可避の重力誤差を補正することができます。「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド」はエッジがアーチ型になった新しいフロントガラスを備え、均整のとれたクラシックなラインがより美しく際立ち、すっきりとスリムな印象に仕上がっています。18Kホワイトゴールド製ケースにはスレートカラーの文字盤、18Kレッドゴールド製ケースにはシルバーメッキの文字盤が採用されています。サファイアガラスのシースルー裏蓋からは、入念な装飾が施されたニッケルシルバー製の3/4輪列受を備えるIWC製キャリバー98900ムーブメントを鑑賞することができます。キャリバー98000シリーズは1920年代から製造されており、伝統と最新技術を組み合わせながら進化を遂げているムーブメントです。「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド」のために、IWCのエンジニアたちはテンプの振動数を28,800回/時に向上させ、優れた精度を実現しました。

サントーニ社製ストラップはひとつひとつがハンドメイドで入念に仕上げられ、独特な古艶ある光沢と美しい色合いが特徴です。

豊かな伝統に支えられたサントーニのクラフツマンシップ

「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」と「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド」は、どちらも高級靴メーカーのサントーニ社製の高級レザーストラップを備えています。このブランドはイタリアにある家族経営の企業であり、絶妙なニュアンスを表現するレザー染色を専門としています。サントーニ社製ストラップはひとつひとつがハンドメイドで入念に仕上げられ、独特な古艶ある光沢と美しい色合いが特徴です。このような仕上がりを完成させるため、サントーニの職人はレザーの表面に様々なペースト材を用いて、望み通りの色合いと完璧な艶が生まれるまで磨き上げるのです。サントーニのエレガントなレザー製品は、秀逸なクラフツマンシップと最高級の素材の結晶です。

レザーストラップ
—格別な古艶と美しい色彩のグラデーションは、
サントーニ社のレザー製品ならではの魅力です

ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック

Ref. IW390402 – IW390403 – IW390404 – IW390405

Portuguese Chronograph Classic

特徴

  • 機械式クロノグラフ・ムーブメント
  • 自動巻き
  • IWC自社製パワーリザーブ(完全に巻き上げられた場合):68時間
  • 日付表示
  • ストップウォッチ機能(時・分・秒)
  • 12時位置に同軸上に組み合わされたアワー・カウンターとミニッツ・カウンター
  • フライバック機能
  • 秒針停止機能付きスモールセコンド
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋

ムーブメント

  • キャリバー: 89361
  • 振動数: 28,800 A/h(4Hz)
  • 石数: 38
  • パワーリザーブ: 68時間
  • 巻上げ: 自動巻き

時計

  • 素材: Ref. IW390402: 18Kレッドゴールド製ケース、シルバーメッキの文字盤、ダークブラウンのサントーニ社製アリゲーター・ストラップ、18Kレッドゴールド製ピンバックル
  • Ref. IW390405: 18Kレッドゴールド製ケース、スレートカラーの文字盤、ブラックのサントーニ社製アリゲーター・ストラップ、18Kレッドゴールド製ピンバックル
  • Ref. IW390404: ステンレススティール製ケース、スレートカラーの文字盤、ブラックのサントーニ社製アリゲーター・ストラップ、ステンレススティール製フォールディング・クラスプ
  • Ref. IW390403: ステンレススティール製ケース、シルバーメッキの文字盤、ブラックのサントーニ社製アリゲーター・ストラップ、ステンレススティール製フォールディング・クラスプ
  • ガラス: アーチ型のエッジと両面反射防止加工を施したサファイアガラス
  • 裏蓋: サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 防水: 3気圧
  • 直径: 42 mm
  • ケース厚さ: 14.5 mm

ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド

Ref. IW546301 – IW546302

ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ハンドワインド

特徴

  • IWC自社製機械式手巻きポケットウォッチ・ムーブメント
  • 9時位置に64個の部品で構成されるフライング・ミニッツ・トゥールビヨン
  • 6時位置にスモールセコンド
  • ニッケルシルバー製の地板および3/4輪列受け

ムーブメント

  • キャリバー: 98900
  • 振動数: 28,800 A/h(4Hz)
  • 石数: 21
  • パワーリザーブ: 54時間
  • 巻上げ: 手巻き
  • トゥールビヨン重量: 約0.801g

時計

  • 素材: Ref. IW546301: 18Kホワイトゴールド製ケース、スレートカラーの文字盤、ダークブラウンのサントーニ社製アリゲーター・ストラップ、18Kホワイトゴールド製フォールディング・クラスプ
  • Ref. IW546302: 18Kレッドゴールド製ケース、シルバーメッキの文字盤、ダークブラウンのサントーニ社製アリゲーター・ストラップ、18Kレッドゴールド製フォールディング・クラスプ
  • ガラス: アーチ型のエッジと両面反射防止加工を施したサファイアガラス
  • 裏蓋: サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 防水: 3気圧
  • 直径: 43 mm
  • ケース厚さ: 11 mm
その他の記事
IWCシャフハウゼンの「インヂュニア」コレクションに
2つの新モデルが登場

IWCシャフハウゼンの「インヂュニア」コレクションに、2つの新しいタイムピースが加わります。 Read Article

IWCシャフハウゼンが日本初のブティックをオープン

IWC シャフハウゼンが、待望の日本初のブティックをオープンしました。 Read Article

希望を指し示す手

IWCシャフハウゼンが、ローレウス・ブルーを特徴とする限定モデルを発売することで、ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団による世界規模で繰り広げられる素晴らしい活動を支援するのも、今回で8回目となります。 Read Article

IWCとシルク・ドゥ・ソレイユが
皆さまを海中の世界にご招待

ジュネーブ、2014年1月21日 - 新しい「アクアタイマー」コレクションの発表を記念して、IWCシャフハウゼンは世界各国から集った約800人のゲストと共に、国際高級時計見本市(SIHH)にて特別な一夜を過ごしました。スイスの高級時計メーカーであるIWCシャフハウゼンは、ケヴィン・スペイシー、マーク・フォースター、ユアン・マクレガー、ルイス・フィーゴ、ファビアン・カンチェラーラ、ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグ、カロリナ・クルコヴァ、アドリアナ・リマ、アルベルト・ザッケローニなどの著名人でありIWCにとって親しい友人である方たちと、各国から招待されたゲストを、海上と海中の世界を再現したユニークな世界に誘いました。 Read Article