IWCシャフハウゼンの「インヂュニア」コレクションに
2つの新モデルが登場

日付 — 2014年5月9日

共有:

シャフハウゼン、2014年5月9日 ― IWCシャフハウゼンの「インヂュニア」コレクションに、2つの新しいタイムピースが加わります。スイスの時計メーカーであるIWCは、メルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™チームの公式技術パートナーとしての経験に触発され、新たなオート・オルロジェリーモデルの開発に着手しました。例えば、1,000本限定モデル「インヂュニア・オートマティック・カーボン・パフォーマンス・セラミック」には、モーターレースの世界で広く使われている素材が採用されています。また、第二時間帯表示を備える「インヂュニア・デュアルタイム」を着用すれば、頻繁にタイムゾーンを超えて旅をするレースシーズン中でも、常に正確な時間を把握することができます。

これらの新モデルは、2種類のデザインで登場します。本格的なスポーツウォッチ仕様の「インヂュニア・オートマティック・カーボン・パフォーマンス・セラミック」(Ref. IW322404)は、フォーミュラ・ワンのモーターレースで使用される素材から着想を得たケースが特徴です。一方、ステンレススティール製ケースを備える「インヂュニア・デュアルタイム」(Ref. IW324402/IW324404)は力強い外観で、よりクラシカルなデザインを踏襲しています。どちらもIWC「インヂュニア」コレクションの60年におよぶ歴史の集大成たる正統的な風格を湛え、優れた機能と洗練されたテクノロジーを体現しています。

最先端のエンジニアリングによって実現した「インヂュニア・オートマティック・カーボン・パフォーマンス・セラミック」は
カーボン製ケースを備え、さらに新しい特徴として鏡面仕上げのセラミック製ベゼルを搭載しています。

—Reference IW322404

いざサーキットへ

周知のとおり、カーボンファイバーはモーターレースに最適な素材です。IWCシャフハウゼンは、スティールの2倍もの強度がありながら重量はわずか5分の1というこのユニークな素材の長所を活かし、ウォッチケースの構造に組み入れました。最先端のエンジニアリングによって実現した「インヂュニア・オートマティック・カーボン・パフォーマンス・セラミック」はカーボン製ケースを備え、さらに新しい特徴として鏡面仕上げのセラミック製ベゼルを搭載しています。ケース中央部は5つのビスでしっかりと固定され、レーシングカーの主要構造と同じ原理に従って組み立てられています。このタイムピースは、文字盤もカーボンファイバー製です。本物のレーシングカーと見事に特徴を一致させた外観は、立体的な深みを湛えています。IWCのデザイナーは、ケース以外のパーツにも、モータースポーツの世界から着想を得た特別な素材を採用しました。ベゼル、ビスカバー、リューズ、そしてリューズプロテクターにはセラミック、ビスや裏蓋リングにはチタニウム、ストラップにはカーフスキン製インレイ付きラバーが使用されています。ストラップを彩るグリーンの糸のステッチは、レーシングカーのウェットタイヤの外面に施されているラインを想起させます。IWC自社製キャリバー80110は、IWCがこれまで製造してきた時計の中でも屈指の堅牢性を誇り、徹底的なテストをくぐり抜けたムーブメントです。さらに、一体型耐衝撃システムを搭載し、急激な加速やブレーキ操作および強度の振動にも耐え得る、レーシングドライバーにとっても理想的なタイムピースとなっています。そしてフォーミュラ・ワンレーシングカーのピストンのシルエットを象ったローターが、デザインに完璧な調和をもたらします。「インヂュニア・オートマティック・カーボン・パフォーマンス・セラミック」は、1,000本の限定生産です。

クラシカルな表情を湛えながらも抜群の堅牢性を誇る「インヂュニア・デュアルタイム」は、
モータースポーツの世界にふさわしいタイムピースです。

世界を渡る

クラシカルな表情を湛えながらも抜群の堅牢性を誇る「インヂュニア・デュアルタイム」は、モータースポーツの世界にふさわしいタイムピースです。直径わずか43mmのケースは他の大型の「インヂュニア」モデルに比べやや控えめな印象で、ステンレススティール製のケースがエレガントな輝きを放ちます。しかし、この「インヂュニア・デュアルタイム」は、任意のタイムゾーンの現地時刻を表示できるという、他のモデルを凌駕する機能を備えています。つまり、絶え間なくタイムゾーンを越えて旅をするメルセデスAMGペトロナス フォーミュラ・ワン™チームや、世界各国を飛び回る多忙な人々にとって、時間の把握に欠かせない頼れるツールとなるのです。現在の現地時刻は、シルバープレートまたはブラックの文字盤上に、時針と分針で表示されます。国際日付変更線を越える場合でも、リューズを用いて時刻を1時間単位で進めたり戻したりすることができます。先端が赤の秒針が文字盤上で回転する一方で、先端が矢印型になっているもうひとつの針が、24時間アウターリングでホームタイムなどの第二時間帯を示します。また、午後6時から午前6時にあたるアウターリングには、午前6時から午後6時にあたる時間帯より濃い色が配されており、昼夜の区別がより分かりやすくなっています。ベゼル上に配置された印象的な穴は、時計デザイナーのジェラルド・ジェンタの発案によるものです。IWCシャフハウゼンが生んだ伝説のモデル、1976年の「インヂュニアSL」(Ref. 1832)では、ベゼルをしっかりと固定するためにケースの縁に直接5つの穴が配置されていました。これらの穴とケース全体の構造は、瞬く間に「インヂュニア」コレクションを象徴する特徴となりました。

—Reference. IW324404

Further Information

IWC Schaffhausen
Uwe Liebminger
Department Manager Public Relations
Mobile +41 (0)79 957 72 52
E-mail uwe.liebminger@iwc.com
Internet http://www.iwc.com/ja/press-area/

インヂュニア・オートマティック・カーボン・パフォーマンス・セラミック

REF. IW322404

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • ペラトン自動巻き機構
  • 一体型耐衝撃システム
  • リューズ操作による日付表示の早送り機能
  • 秒針停止機能付きセンターセコンド
  • ねじ込み式リューズ
  • 1,000本限定生産
  • グリーンの秒インデックスとストラップのステッチ
  • 裏蓋に “ONE OUT OF 1000” のエングレーヴィング

ムーブメント

  • IWC自社製キャリバー: 80110
  • 振動数: 28,800 A/h(4 Hz)
  • 石数: 28
  • パワーリザーブ: 44時間
  • 巻上げ: 自動巻き

時計

  • 素材: ケースはカーボンファイバー製、ビスカバー、リューズ、リューズプロクター、ベゼルはセラミック製、ビスおよび裏蓋リングはチタニウム製、ブラックのカーボンファイバー製文字盤、エンボス加工を施したカーフスキン製インレイが付いたブラックのラバー・ストラップ、ピンバックルはチタニウム製
  • ガラス: フラット型サファイアガラス、両面反射防止加工
  • 防水: 12気圧防水
  • 直径: 46mm
  • ケース厚さ: 14.5mm

インヂュニア・デュアルタイム

REF. IW324402 / IW324404

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • 自動巻き
  • 1時間単位で調整可能な第二時間帯表示アワー針(TZC=タイムゾーン・コレクター)
  • 24時間表示(第二時間帯)
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きセンターセコンド
  • ねじ込み式リューズ

ムーブメント

  • キャリバー: 35720
  • 振動数: 28,800 A/h(4 Hz)
  • 石数: 27
  • パワーリザーブ: 42時間
  • 巻上げ: 自動巻き

時計

  • 素材:
    • Ref. IW324402:ステンレススティール製ケース、ブラックの文字盤、ステンレススティール製ブレスレット
    • Ref. IW324404:ステンレススティール製ケース、シルバーメッキの文字盤、ステンレススティール製ブレスレット
  • ガラス: フラット型サファイアガラス、両面反射防止加工
  • 防水: 12気圧防水
  • 直径: 43mm
  • ケース厚さ: 13.5mm
その他の記事
IWCシャフハウゼンから
サンテグジュペリの最後の飛行に捧げるオマージュ

70年前、アントワーヌ・ド・サンテグジュペリはフランス上空の偵察飛行に飛び立ち、そのまま帰らぬ人となりました。そして今、IWCシャフハウゼンは有能なパイロットであり、著名な作家でもあるサンテグジュペリの最後の飛行にオマージュを捧げ、3つの特別限定モデルを発表します。 Read Article

IWCシャフハウゼンが日本初のブティックをオープン

IWC シャフハウゼンが、待望の日本初のブティックをオープンしました。 Read Article

希望を指し示す手

IWCシャフハウゼンが、ローレウス・ブルーを特徴とする限定モデルを発売することで、ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団による世界規模で繰り広げられる素晴らしい活動を支援するのも、今回で8回目となります。 Read Article

IWCとシルク・ドゥ・ソレイユが
皆さまを海中の世界にご招待

ジュネーブ、2014年1月21日 - 新しい「アクアタイマー」コレクションの発表を記念して、IWCシャフハウゼンは世界各国から集った約800人のゲストと共に、国際高級時計見本市(SIHH)にて特別な一夜を過ごしました。スイスの高級時計メーカーであるIWCシャフハウゼンは、ケヴィン・スペイシー、マーク・フォースター、ユアン・マクレガー、ルイス・フィーゴ、ファビアン・カンチェラーラ、ルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグ、カロリナ・クルコヴァ、アドリアナ・リマ、アルベルト・ザッケローニなどの著名人でありIWCにとって親しい友人である方たちと、各国から招待されたゲストを、海上と海中の世界を再現したユニークな世界に誘いました。 Read Article