SIHH 2018: IWC が時と分をデジタル形式で表示する 特別限定ポケットウォッチを発表

シャフハウゼン、2018年1月15日 – IWCシャフハウゼンは、創立150周年を記念したジュビリーコレクションの特別ハイ ライトとして、ジュネーブで開催される国際高級時計見本市(SIHH)で、ジャンピング・デジタル表示を備えたポケット ウォッチを発表しました。50個限定生産の「IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー」モデルは、1890年に歴史的な パルウェーバー・ポケットウォッチが製造中止となって以来、デジタル形式で時と分を表示する初のIWCポケットウォッ チです。このスイス高級時計のマニュファクチュールが21世紀に製造した、初めての新ポケットウォッチでもあります。

1884年、IWCは最初のパルウェーバー・ポケットウォッチを製造しまし た。回転ディスクに記された大型の数字を用いて、デジタル形式で時と 分を表示するという画期的な時計でした。IWCは創立150周年を迎 え、この功績を称える「IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー “150 イヤーズ”」(Ref. IW505101)を発表します。このポケットウォッチは 50個の限定生産となります。18Kレッドゴールド製ケースには、手作業 による精巧なギョーシェ装飾を施しました。付属のチェーンもケースと 同じ18Kレッドゴールド製です。ラッカー仕上げを施したホワイトの文 字盤は、ホワイトの表示ディスクとブルースティール製の秒針を備えて います。歴史的なパルウェーバー・ウォッチのデザインにならい、また 米国出身であったIWC創業者でのF. A. ジョーンズに敬意を表し、デジ タル表示の窓にはそれぞれ「HOURS」および「MINUTES」と表記して います。バネ式カバーには時表示と分表示の見える2つの窓が設けられ ており、フロントカバーを閉じた状態でも時刻を確認することができま す。ケースの裏側にはダストカバーが付いています。

SIHH 2018 で発表された IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー・ポケットウォッチに搭載されている時・分のデジタル表示を備えたパルウェーバー・システム
60秒ごとに表示ディスクの輪列のロックを解除し、その後再度ロックする時計の輪列に接続されたリリース機構
SIHH 2018 で発表された IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー・ポケットウォッチに搭載されている IWC 自社製キャリバー 94200
IWC 自社製キャリバー 94200

IWC自社製キャリバー94200は、専用の香箱を持つ独立した輪列を用 いて表示ディスクを動かします。そのため、時計の主輪列を伝わる駆動 力に影響を与えることなく、確かな精度と60時間ものパワーリザーブを 実現できるのです。


詳細情報

IWC 広報部門

メールアドレス press-iwc@iwc.com


IWC Tribute to Pallweber Edition “150 Years”

Ref. IW505101

特徴

  • ポケットウォッチ 
  • 機械式ムーブメント 
  • 手巻き – 大型のデジタル表示(時・分) 
  • ブレゲひげゼンマイ 
  • ムーブメントの裏に18Kゴールドのジュビリーメダル 
  • 50個限定生産

ムーブメント

  • IWC自社製キャリバー 94200
  • 振動数 28,000回/時(4Hz)
  • 石数 54個 パワーリザーブ
  • 60時間
  • 巻き方式 手巻き

時 計

  • 材質 18Kレッドゴールド製ケース、ラッカー仕上げを施したホワイトの文字盤に数字 のブラックプリント、ホワイトの表示ディスク、ブルースティール製の秒針、 18Kレッドゴールド製チェーン     
  • ガラス 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス 
  • 防水 1気圧 
  • 直径 52mm 
  • 厚さ 14.2mm 

その他の記事