ジュビリーコレクション

共有:
IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー
ポルトギーゼ
ポートフィノ
ダ・ヴィンチ
パイロット・ウォッチ

IWCから創立150周年を記念する
ジュビリーコレクションが登場

IWCシャフハウゼンは創立150周年を迎えます。これを記念するジュビリーコレクションが、スイスのジュネーブで開催される国際高級時計見本市(SIHH)で発表されました。合計27種となる限定モデルは、「ポルトギーゼ」、「ポートフィノ」、「パイロット・ウォッチ」、「ダ・ヴィンチ」の新作に加え、IWC初となるデジタル式の時分表示を備えた腕時計も登場します。すでに1884年のパルウェーバー・ポケットウォッチで採用されていた表示方式です。ジュビリーコレクションの全モデルに共通するのは、ホワイトまたはブルーの文字盤にプリントを施したデザインです。何層もラッカーを塗り重ねて仕上げる表面の光沢が、パルウェーバー・ポケットウォッチに採用されていたエナメルの文字盤を想起させます。


IWCの創立150周年を記念して

1868年、大いなる開拓者精神を抱いた米国人の時計師、フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが、スイス・シャフハウゼンにインターナショナル・ウォッチ・カンパニーを設立しました。優秀なスイスの職人たちの技能と、米国の近代的な生産方式を統合し、最高の品質を誇る懐中時計の製造を目指したのです。「IWC創業者の起業家精神と、卓越した技術を追求する飽くなき情熱は、IWCに今もなお深く息づいています。そうして、精密なエンジニアリングと時代に左右されない独創的なデザインを兼ね備えるタイムピースを生み出し続けてきました。ジュビリーコレクションでは IWC の歴史を代表するモデルを取り上げ、時代を超越した共通のデザインコードを採用することで、世界に二つとない特別なコレクションを創造しました」と、IWCシャフハウゼンのCEO、クリストフ・グランジェ・ヘアは語ります。

ポルトギーゼ・コンスタントフォース・トゥールビヨン “150 イヤーズ”

—Ref. 590203

詳細を見る

IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー “150 イヤーズ”

—Ref. 5050

詳細を見る

コレクションを一つに結ぶデザイン要素

すべてのモデルに共通しているのが、ホワイトまたはブルーの文字盤です。「高品質ラッカーを最大12層も塗り重ねて研磨し、最後にブラシで加工するという非常に手の込んだ工程で仕上げた表面に、数回にわたってプリントを施します。歴史的なパルウェーバー式時計では、特別な美しさを湛えたエナメルの文字盤が採用されていました。ジュビリーコレクションのデザインはここからインスピレーションを得ています」と語るのは、IWCのクリエイティブ・ディレクター、クリスチャン・クヌープです。ホワイトの文字盤にはブルースティール製の針を、ブルーの文字盤にはロジウムメッキの針を合わせました。文字盤にプリントを施すこの手法とブルースティール製の針の採用は、1939年に発表された初代「ポルトギーゼ」(Ref. IW325)から着想を得たものです。いずれのモデルにもブラックのアリゲーター・ストラップが装着されており、メダルまたはエングレーヴィングとして「150 Years」のジュビリーマークが記されています。

ジュビリーコレクションのラインナップ

IWC トリビュート・トゥ・パルウェーバー “150 イヤーズ”」(Ref. IW505001/IW505002/IW505003)は、IWC初となる、数字が切り替わって時刻を示す腕時計です。早くも1884年からシャフハウゼンで製造されていた歴史的なパルウェーバー・ポケットウォッチと同様、回転ディスクを使用して、針の代わりに大きな数字で時と分を表示します。

—Ref. IW504501



「ポルトギーゼ・コンスタントフォース・トゥールビヨン “150 イヤーズ”」(Ref. IW590202/IW590203)では、初めてコンスタントフォース・トゥールビヨンとシングル・ムーンフェイズ表示の組み合わせが実現しました。「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン “150 イヤーズ”」(Ref. IW504501)は、永久カレンダーとトゥールビヨンが統合されたIWC初のモデルです。「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー “150 イヤーズ”」(Ref. IW503405)では、IWCの定番モデルがジュビリーコレクションのデザインで登場します。「ポルトギーゼ・クロノグラフ “150 イヤーズ”」(Ref. IW371601/IW371602)では、IWCのアイコンともいえるこのクロノグラフに、初めてキャリバー69000シリーズのムーブメントが搭載されました。「ポルトギーゼ・ハンドワインド・エイトデイズ “150 イヤーズ”」(Ref. IW510211/IW510212)は、純粋な「ポルトギーゼ」のスタイルに手巻きムーブメントを組み合わせ、ジュビリーコレクションのデザインを取り入れたモデルです。

ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー “150 イヤーズ”

—Ref. 5034

詳細を見る

ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ “150 イヤーズ”

—Ref. 5164

詳細を見る

「ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ “150 イヤーズ”」(Ref. IW516405/IW516406/IW516407)では、IWC自社製キャリバー59800の採用により、クラシカルなデザインの「ポートフィノ・ハンドワインド・エイトデイズ」にムーンフェイズ表示が統合されました。「ポートフィノ・クロノグラフ “150 イヤーズ”」(Ref. IW391023/IW391024)と「ポートフィノ・オートマティック “150 イヤーズ”」(Ref. IW356518/IW356519)もまた、特別なジュビリーデザインで登場します。


「ビッグ・パイロット・ウォッチ・アニュアル・カレンダー “150 イヤーズ”」(Ref. IW502708)は、IWC自社製キャリバー52850を搭載した、ジュビリーコレクションの中で唯一アニュアル・カレンダーを備えたモデルです。「ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト “150 イヤーズ”」(Ref. IW510503/IW510504)にはIWC自社製キャリバー59235を搭載し、「ビッグ・パイロット・ウォッチ」に初めて「12時」位置の大型日付表示を配置しました。「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ “150 イヤーズ”」(Ref. IW377725)は、人気の高い「パイロット・ウォッチ・クロノグラフ」にジュビリーコレクションの特別デザインを採用したモデルです。





「ダ・ヴィンチ・オートマティック “150 イヤーズ”」(Ref. IW358101/IW358102/IW358103)では、「6時」位置にスモールセコンドを備えた新しいIWC自社製キャリバー82200がデビューを飾ります。そしてIWCは、「ダ・ヴィンチ・オートマティック・ムーンフェイズ 36 “150 イヤーズ”」(Ref. IW459304/ IW459309)で、1990年代に人気を博したジュエリー・ウォッチの伝統を甦らせます。ケースと手首に合わせて動くラグを透明度の高い206個のダイヤモンド(2.26カラット相当)が埋め尽くします。

ダ・ヴィンチ・​オートマティック・ムーンフェイズ 36 “150 イヤーズ”

—Ref. 3581

詳細を見る

その他の情報

コレクション

ポートフィノ・ハンドワインド・エイトデイズ

ポートフィノ・シリーズのフラッグシップ・モデルであるこの時計には、新たに開発されたIWC自社製ムーブメントキャリバー59210とパワーリザーブ表示を搭載、自動的に停止するまで8日間正確に作動します。スレートカラーの文字盤にゴールドインデックスを備えたレッドゴールド製ケース、シルバーメッキを施した文字盤とゴールドメッキのインデックス、またはブラックの文字盤にロジウムメッキのインデックスを備えたステンレススティール製ケースからお選びいただけます。

ニュース

来て、見て、感じるダ・ヴィンチ

国際高級時計見本市(SIHH)において、IWCシャフハウゼンが新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションを祝うガラパーティーを開催しました。

エクスペリエンス

2017年「ダ・ヴィンチ」コレクション、
その純粋なる美の形

動画を見る