その他の記事
We continue our #IWCTalksTo series with a talk to actress Tuba Büyüküstün
今、夢中になっているもの

トルコ人女優で初めてエミー賞にノミネートされたトゥバ・ビュユクウストゥンは、映画やテレビでの活躍でバルカン諸国から中東地域にまで知られるようになります。マリエラ・フロストラップとの「IWC Talks To」インタビューのなかで、トゥバは、衣装デザインや舞台装飾を学んだ直後に演技で成功したことがいかに思いがけなかったか、ユニセフ親善大使としての仕事にどんな意味を見い出しているか、そして、今年公開されるフェルザン・オズペテク監督の映画『Rosso Istanbul』を心待ちにしている理由について語ってくれました。

IWC Talks To Fabian Cancellara Promo
犠牲への覚悟

ファビアン・カンチェラーラがプロの自転車ロードレース選手になりたいと意識したのは、彼が初めて父のイタリア製の古い自転車に乗った時のことでした。20年以上にも渡って数々のタイトルを獲得するレース人生を送った後、彼は他を圧倒してきたそのキャリアに幕を下ろすことを発表。「スパルタクス」の異名をとったスイス出身のカンチェラーラは自分の気持ちを率直に語ることでも知られており、マリエラ・フロストラップとの対談では、人生で最も辛かった時期や、やむを得ず犠牲にしてきたものについて語っています。

IWC Talks To Sonam Kapoor Promo
演じることへの情熱

ソーナム・カプールは、インドで最もファッショナブルなセレブリティの1人であり、人気女優であると同時に多くの人に影響を与える存在でもあります。彼女がキャビンアテンダントを演じた『Neerja』は、実話を元にしたスリラー作品で、数多くの批評家から絶賛されました。このIWCTalksToシリーズでは、31歳になった彼女に、慣例に囚われない選択を繰り返してきた理由、俳優一家に生まれたにも関わらず自分の道を自分で切り拓いてきた方法、保身に対する関心が極めて低い理由などについて率直にインタビューしました。

Olga Kurylenko
どこから来たのか決して忘れない

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、女優オルガ・キュリレンコへのインタビューをお届けします。

 IWC Talks To James Marsden Promo
裸でアンソニーホップキンスと向かい合わせで座っている時。

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、俳優ジェームズ・マースデンへのインタビューをお届けします。

IWC Talks To Taylor Schilling Promo
様々な役を
見事に演じる

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、女優テイラー・シリングへのインタビューをお届けします。

Patrick Stewart
大胆不敵であれ

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、俳優パトリック・スチュワートへのインタビューをお届けします。

Uma Thurman IWC Talks To
演技することの喜び

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、女優ユマ・サーマンへのインタビューをお届けします。

IWC Talks To

人生は贈り物

ケイト・ブランシェット

日付2016-12-16T16:21:24

共有:

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、オスカー女優、ケイト・ブランシェットへのインタビューをお届けします。

バイオグラフィー

ケイト・ブランシェットはオーストラリア国立演劇学院を卒業後、1992年にシドニー・シアター・カンパニーによるデヴィッド・マメットの戯曲『オレアナ』で初舞台を踏みました。2008年から5年間、彼女は同カンパニーの共同アーティスティック・ディレクターを務め、その後、ヨーロッパやオーストラリア、アメリカにおいて、『プレンティ』や『ヘッダ・ガブラー』、『欲望という名の電車』、『Gross  und  klein  大と小』、『ワーニャ伯父さん』、『女中たち』といった錚々たる名作を演じ、『リチャード2世』では男性主人公役で話題を集めました。その受賞歴も実に華々しく、イプセン・センテニアル・コメモレイション・アワード(現国際イプセン賞)をはじめ、ヘルプマン・アワード  最優秀女優賞を4度(受賞作品:『女中たち』、『Gross  und  klein大と小』、『ワーニャ伯父さん』、『ヘッダ・ガーブレル』)、シドニー・シアター・アワード  最優秀主演女優賞を2度(受賞作品:『Gross  und  klein  大と小』、『欲望という名の電車』)、ヘレン・ヘイズ・アワード  DC外劇団部門  主演女優賞(受賞作品:『ワーニャ伯父さん』、『欲望という名の電車』)を2度も受賞しています。さらに、映画では『キャロル』や『ニュースの真相』、『シンデレラ』、『ブルージャスミン』、『ベンジャミン・バトン  数奇な人生』、『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』、『アイム・ノット・ゼア』、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』、『さらば、ベルリン』、『あるスキャンダルの覚え書き』、『バベル』、『バンディッツ』、『ライフ・アクアティック』、『アビエイター』、『コーヒー&シガレッツ』、『ヴェロニカ・ゲリン』に出演。アカデミー賞には6度ノミネートされ、2度の受賞を果たしています。また、英国アカデミー賞(BAFTA)やアメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)、映画俳優組合(SAG)、ハリウッド外国人映画記者協会からも最優秀女優賞に選出され、ヴェネチア国際映画祭の「ヴォルピ杯」も受賞しました。さらに、ケイトはUNHCRグッドウィル・アンバサダーをはじめ、オーストラリア映画協会やオーストラリア自然保護基金のアンバサダー、シドニー映画祭とサンダンス映画祭の後援者にも名を連ねています。このほか、フランス政府から芸術文化勲章を、オーストラリア政府からは演技を通じてオーストラリア社会に貢献したとしてセンテナリー・メダルを授与されました。さらに、ニューサウスウェールズ大学とシドニー大学、マッコーリー大学からは名誉博士号が与えられています。

ケイトが着用している時計

ポートフィノ・オートマティック

詳細を見る

その他の記事
We continue our #IWCTalksTo series with a talk to actress Tuba Büyüküstün
今、夢中になっているもの

トルコ人女優で初めてエミー賞にノミネートされたトゥバ・ビュユクウストゥンは、映画やテレビでの活躍でバルカン諸国から中東地域にまで知られるようになります。マリエラ・フロストラップとの「IWC Talks To」インタビューのなかで、トゥバは、衣装デザインや舞台装飾を学んだ直後に演技で成功したことがいかに思いがけなかったか、ユニセフ親善大使としての仕事にどんな意味を見い出しているか、そして、今年公開されるフェルザン・オズペテク監督の映画『Rosso Istanbul』を心待ちにしている理由について語ってくれました。

IWC Talks To Fabian Cancellara Promo
犠牲への覚悟

ファビアン・カンチェラーラがプロの自転車ロードレース選手になりたいと意識したのは、彼が初めて父のイタリア製の古い自転車に乗った時のことでした。20年以上にも渡って数々のタイトルを獲得するレース人生を送った後、彼は他を圧倒してきたそのキャリアに幕を下ろすことを発表。「スパルタクス」の異名をとったスイス出身のカンチェラーラは自分の気持ちを率直に語ることでも知られており、マリエラ・フロストラップとの対談では、人生で最も辛かった時期や、やむを得ず犠牲にしてきたものについて語っています。

IWC Talks To Sonam Kapoor Promo
演じることへの情熱

ソーナム・カプールは、インドで最もファッショナブルなセレブリティの1人であり、人気女優であると同時に多くの人に影響を与える存在でもあります。彼女がキャビンアテンダントを演じた『Neerja』は、実話を元にしたスリラー作品で、数多くの批評家から絶賛されました。このIWCTalksToシリーズでは、31歳になった彼女に、慣例に囚われない選択を繰り返してきた理由、俳優一家に生まれたにも関わらず自分の道を自分で切り拓いてきた方法、保身に対する関心が極めて低い理由などについて率直にインタビューしました。

Olga Kurylenko
どこから来たのか決して忘れない

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、女優オルガ・キュリレンコへのインタビューをお届けします。

 IWC Talks To James Marsden Promo
裸でアンソニーホップキンスと向かい合わせで座っている時。

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、俳優ジェームズ・マースデンへのインタビューをお届けします。

IWC Talks To Taylor Schilling Promo
様々な役を
見事に演じる

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、女優テイラー・シリングへのインタビューをお届けします。

Patrick Stewart
大胆不敵であれ

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、俳優パトリック・スチュワートへのインタビューをお届けします。

Uma Thurman IWC Talks To
演技することの喜び

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、女優ユマ・サーマンへのインタビューをお届けします。