最新技術を駆使したアイコンモデル

ポルトギーゼ・オートマティック

日付2015-01-17T08:00:05

共有:
IWC Portugieser Automatic
—Reference IW500705

IWCシャフハウゼンの時計の中で、「ポルトギーゼ・オートマティック」ほど名の知られたモデルはおそらく他にないでしょう。そのアイコニックなデザインと7日間パワーリザーブで、このモデルは「ポルトギーゼ」コレクションを象徴する存在となっています。2015年、「ポルトギーゼ」コレクションの誕生75周年を記念し、この「ポルトギーゼ・オートマティック」に新開発のIWC自社製キャリバー52010が搭載され、ストラップを取り付けるラグも最適化されました。均整の取れたデザインで名高い文字盤はそのままです。

「ポルトギーゼ・オートマティック」(Ref.5007)は、高級時計界における現代のアイコンです。そのクラシカルなデザインには、1930年代の初代「ポルトギーゼ」モデルの魅力が継承されています。端整な佇まい、バランスの良さ、そして優雅さという点で、他に類を見ないほどの完成度を誇ります。シンプルながら丁寧に仕上げられたレイルウェイ目盛り付きのチャプターリング、アップライトのアラビア数字、そしてスレンダーなリーフ針は、75年間にわたって「ポルトギーゼ」の典型的な特徴であり続け、このタイムピースに独自の個性を与えています。文字盤の左側に配置された、ギョーシェ装飾を施したスモールセコンドダイヤル、そして右側のパワーリザーブ表示は、それぞれ文字盤と同じ色をまとい、6時位置の日付表示と同様に、文字盤に自然に溶け込んでいます。これらの表示は、文字盤の明瞭さと左右対称なデザインを損なうことなく見事に調和しています。

技術面と美的要素も進化

2000年のデビュー以来、「ポルトギーゼ・オートマティック」には、最もサイズが大きく、最も優れた効率性を誇る自動巻き機構が搭載されています。今日の最高級の機械式腕時計に使用されている機構です。シャフハウゼンのデザインエンジニアたちはその優れたキャリバー50000シリーズにさらなる改良を加え、自社製キャリバー52000シリーズという形で、伝統を受け継ぐムーブメントを完成させました。この自動巻き機構の最大の特色は、実質的に摩耗しないセラミック製部品です。1つだけではなく、2つの香箱を持つIWC自社製キャリバー52010は、7日間にわたるパワーリザーブを発揮します。直径42.3mmのケースには、このムーブメントを収納するスペースが十分にあるのです。伝説の双方向ペラトン自動巻機構も、さらに進化しました。爪、自動ホイール、ローター軸受がセラミック製になり、近代の時計製造技術の中でも稀に見るメカニズムとなっています。白または黒に着色されたハイテク・セラミック(酸化ジルコニウム)により、摩耗がほぼなくなりました。しかし、それだけではありません。インデックスフリー・テンプの振動数が、4Hz(毎時28,800回)に向上しました。このテンプと、伝統的な製法で成型されたブレゲひげゼンマイと組み合わせることで、さらに優れた精度が実現しています。

IWC Portugieser Automatic

2015年、「ポルトギーゼ」コレクションの誕生75周年を記念し、
この「ポルトギーゼ・オートマティック」に新開発のIWC自社製キャリバー52010が搭載され、
ストラップを取り付けるラグも最適化されました。

新しいムーブメントの概要

時計裏面のほぼ全体を覆うサファイアガラスを通して、キャリバー52010をたっぷりと鑑賞できます。ムーブメントの改良過程で、IWCのデザインエンジニアはローターをより細くし、ゴールド製の「Probus Scafusia(プローブス・スカフージア)」メダルのプロポーションもリニューアルしました。その結果、時計の内部機構(スクリューテンプ、新しい香箱、セラミック製部品)、コート・ド・ジュネーブと円形装飾で装飾されたブリッジ、ポリッシュ加工を施したビスがよく見えるようになりました。時計の裏面からは、緩やかな輪郭を描き、ケースにフィットする形状のラグをはっきりと見ることができます。これらのパーツが、スリムな手首の方にも、さらに心地良い着用感を提供します。お客様のご期待にお応えし、ケースには見事な職人技が駆使されています。ラグ、ベゼル、そして透明なサファイアガラスを嵌め込んだ裏蓋には、華やかなきらめきを放つポリッシュ加工、そしてケースの側面にはサテン仕上げが施されています。

3気圧防水の「ポルトギーゼ・オートマティック」には、18Kレッドゴールド製ケース2種類、ステンレススティール製ケース3種類のバージョンがあります。直径42.3mmのレッドゴールド製ケースを備えるモデルには、ソリッドゴールドのアップライト・インデックスが付いたシルバーメッキまたはスレートカラーの文字盤が組み合わされ、完璧な美しさが生まれています。ステンレススティール製モデルでは、ブラックの文字盤にシルバーメッキの針とアップライト・インデックスが付いたバージョン、またはシルバーメッキの文字盤にゴールドメッキあるいはブルーの針とアップライト・インデックスを配した2種類のバージョンからお選びいただけます。どちらのタイプも針が文字盤にくっきりと映え、高い視認性を提供します。このタイムピースには、文字盤に合わせてダークブラウンまたはブラックのアリゲーター・ストラップが付きます。大型の丈夫なフォールディング・クラスプは、ケースと同じ素材です。

Further Information

IWC Schaffhausen Public Relations
E-mail press-iwc@iwc.com

ポルトギーゼ・オートマティック

IW500701 ∙ IW500702 ∙ IW500703 ∙ IW500704 ∙ IW500705

Portugieser_automatic_IW500701_front_back_972x426

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • ペラトン自動巻き機構
  • パワーリザーブ表示
  • 日付表示
  • 9時位置に秒針停止機能付きスモールセコンド
  • 縁に超精密調整カムの付いたグリュシデュール®*ベリリウム合金製インデックスフリー・テンプ
  • ブレゲひげゼンマイ
  • サファイアガラスのシースルー裏蓋
  • 18Kゴールドのメダルを配したローター

ムーブメント

  • IWC自社製キャリバー: 52010
  • 振動数:28,800回/時(4 Hz)
  • 石数: 31
  • パワーリザーブ: 7日間(168時間)
  • 巻上げ機構: 自動巻き

時計

  • 素材:
    • Ref.IW500701: 18Kレッドゴールド製ケース、シルバーメッキの文字盤、ダークブラウンのアリゲーター・ストラップ、18Kレッドゴールド製フォールディング・クラスプ
    • Ref.IW500702: 18Kレッドゴールド製ケース、スレートカラーの文字盤、ブラウンのアリゲーター・ストラップ、18Kレッドゴールド製フォールディング・クラスプ
    • Ref.IW500703: ステンレススティール製ケース、ブラックの文字盤、ブラックのアリゲーター・ストラップ、ステンレススティール製フォールディング・クラスプ
    • Ref.IW500704: ステンレススティール製ケース、シルバーメッキの文字盤、ブラックのアリゲーター・ストラップ、ステンレススティール製フォールディング・クラスプ
    • Ref.IW500705: ステンレススティール製ケース、シルバーメッキの文字盤、ブラックのアリゲーター・ストラップ、ステンレススティール製フォールディング・クラスプ
  • ガラス: 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 防水: 3気圧防水
  • 直径: 42.3mm
  • ケース厚さ: 14.5mm

* IWCシャフハウゼンは、商標「グリュシデュール®」の所有者ではありません。

その他の記事
IWC Gala SIHH 2017
来て、見て、感じるダ・ヴィンチ

国際高級時計見本市(SIHH)において、IWCシャフハウゼンが新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションを祝うガラパーティーを開催しました。 Read Article

IWC Pre Sale Da Vinci 2017
新作「ダ・ヴィンチ」ウォッチの
特別先行予約販売

IWCシャフハウゼンは、今回初めて、「ダ・ヴィンチ」コレクションの新作から厳選されたモデルを特別に先行予約販売いたします。 Read Article

IWC DA VINCI TOURBILLON RÉTROGRADE CHRONOGRAPH IW393101
クロノグラフと
トゥールビヨンの出会い

その名が示す通り、「ダ・ヴィンチ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフ」には、伝統のトゥールビヨンを、クロノグラフ、レトログラード式日付表示と一つの文字盤上にて統合するという新機構が搭載されています。 Read Article

IWC DA VINCI CHRONOGRAPH  EDITION “LAUREUS SPORT FOR GOOD FOUNDATION”  IW393402
少年の大きな夢

「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」は、新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションの中でもハイライトを飾るモデルです。 Read Article