IWCシャフハウゼンから10代目の
ローレウス特別限定モデルが登場

日付2016-04-19T10:20:27

共有:
IWC Portofino Automatic Moon Phase 37 Edition “Laureus Sport for Good Foundation”
—「ポートフィノ・オートマティック・ムーンフェイズ 37 “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」 (Ref. IW459006)

シャフハウゼン、2016 年4 月19 日 ― ベルリンで開催されたローレウス・ワールド・スポーツ・アワードの授賞式に合わせ、IWCシャフハウゼンが「ポートフィノ・オートマティック・ムーンフェイズ 37 “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」を発表しました。1,500本限定生産の同モデルは、IWCがこれまで財団、「ローレウス・スポーツ・フォー・グッド」への支援の一環として製作してきた特別モデルの10代目となる時計です。裏蓋には、IWCが主催する子供絵画コンテストで昨年最優秀賞に輝いた作品が刻まれています。この特別なエングレーヴィングは、売り上げの一部が同財団の社会的なプロジェクトを支援するために役立てられていることの証です。

スポーツを通じて隔たりをなくし、自信を与え、チームワークを養う。これがローレウス・スポーツ・フォー・グッドのモットーです。この財団は、人と人とを結び付けるスポーツの力を信じ、これを活用してより良い社会づくりに努め、恵まれない環境におかれた子供や若者たちの明るい未来に向けた活動を行っています。IWCシャフハウゼンは2006年から毎年、限定モデルを発表し、同財団の活動を支援しています。「ローレウスとのパートナーシップは、弊社が進める社会貢献活動の大切な基盤の一つです。財団ならびに財団のアンバサダーを務める世界中のトップアスリートたちは、社会の改善に心血を注ぎ活動をすすめています。決して欠かすことのできない、この意義ある活動を、私たちも今回で10代目となる特別限定モデルを通じてサポートできることを心から誇りに思っています」と、IWCシャフハウゼンのCEO ジョージ・カーンは語ります。

今年は、「ポートフィノ」シリーズから特別モデルが誕生しました。「ポートフィノ・オートマティック・ムーンフェイズ37  “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」(Ref.IW459006)は、世界で1,500本の限定生産です。文字盤とムーンフェイズ表示は特徴的なローレウス・ブルーで彩られており、時計に独特の立体感や奥行きを与えています。さらにインデックスにセットされた12個のダイヤモンドと、サントーニ社製ブルーのアリゲーター・ストラップが高貴な外観を演出しています。ケース直径は37mmと控えめなので、スリムな手首の時計愛好家にも理想的なデザインです。駆動部を担うのは機械式自動巻きムーブメントのキャリバー35800で、42時間のパワーリザーブを備えています。

IWC Portofino Automatic Moon Phase 37 Edition “Laureus Sport for Good Foundation”

子供が描いた絵が裏蓋のデザインに

印象的なブルーの色合いに加え、裏蓋に施されたエングレーヴィングもまた、ローレウス特別モデルの特徴となっています。IWCシャフハウゼンは、財団との共同プロジェクトとして毎年、子供や若者を対象にした絵画コンテストを開催しています。専門家からなる審査委員会が応募作品の中から最優秀作品を選び出し、その絵が時計の裏に刻まれるのです。10代目となる今回の特別モデルには、キプロス在住のエレーニ・パタッキさん(16歳)の絵が採用されました。「Time for Sport(スポーツのとき)」というコンテストのテーマに基づいて、彼女の作品にはボールで遊ぶ少年少女の姿が描かれています。エレーニ・パタッキさんは「ピースプレイヤーズ・インターナショナル」(PPI)のキプロスでの活動に参加しています。彼女が参加するプロジェクトでは、ギリシャ系キプロス人とトルコ系キプロス人の少年少女が、バスケットボールを通じて互いの友好を深めています。

Further Information

IWC Schaffhausen Public Relations
E-mail press-iwc@iwc.com

IWCのブランドアンバサダーが授賞式に出席

ローレウス・ワールド・スポーツ・アワードの授賞式は、今回初めてベルリンで開催されました。国際的にも評価の高いこの賞は、ローレウス・スポーツ・フォー・グッドの設立年である2000年から毎年個人や団体に贈られているもので、様々なカテゴリーが設けられています。受賞者は、ローレウス・ワールド・スポーツ・アカデミーにより選出されます。同アカデミーには現在50名強の会員が所属しており、米国の元陸上競技選手、エドウィン・モーゼスやドイツの元フィギュアスケート選手、カタリナ・ヴィットといった、かつてのトップアスリートたちが名を連ねています。ベルリンの授賞式会場には、IWCのブランドアンバサダーを務めるニコ・ロズベルグやオリバー・ビアホフ、アレクセイ・ネモフといった著名人の姿も見受けられました。

IWCシャフハウゼンは、2005年からローレウス・スポーツ・フォー・グッドのグローバルパートナーを務めています。2007年には、メルセデスベンツ・スイスと共同で「ローレウス財団スイス支部」を設立しました。昨年11月にスイスのデューベンドルフで開催された第9回ローレウス・チャリティーナイトでは、110万スイスフランの寄付金が集まりました。このイベントに合わせて一点ものとして製作された「ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール・レトログラード “ローレウス・チャリティーナイト”」もオークションに出品され、大いに貢献しました。集まった寄付金は、「ローレウス・ガールズ・イン・スポーツ」や「ローレウス・ストリートサッカー」といったスイス国内の様々なプロジェクトの運営資金として活用されます。

IWC Laureus Illustration 2016
—10代目となる今回の特別モデルには、キプロス在住のエレーニ・パタッキさん(16歳)の絵を採用。「Time for Sport(スポーツのとき)」というコンテストのテーマに基づいて、彼女の作品にはボールで遊ぶ少年少女の姿が描かれている。

ポートフィノ・オートマティック・ムーンフェイズ 37
“ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”

REF. IW459006

IWC Portofino Automatic Moon Phase 37 Edition “Laureus Sport for Good Foundation”

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • ムーンフェイズ表示
  • 秒針停止機能付きセンターセコンド
  • 裏蓋に子供絵画コンテスト「Time for Sport(スポーツのとき)」の最優秀作品をエングレーヴィング
  • ステンレススティール製1,500本限定生産

ムーブメント

  • キャリバー: 35800
  • 振動数: 28,800回 / 時( 4Hz)
  • 石数: 25
  • パワーリザーブ: 42時間
  • 巻上げ方式: 自動巻き

時計

  • 素材: ステンレススティール製ケース、ダイヤモンド12個をセットしたブルーの文字盤、サントーニ社製ブルーのアリゲーター・ストラップ、ステンレススティール製ピン・バックル
  • ガラス: 両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 防水: 3 bar
  • 直径: 37 mm
  • ケース厚さ: 11 mm
その他の記事
IWC Gala SIHH 2017
来て、見て、感じるダ・ヴィンチ

国際高級時計見本市(SIHH)において、IWCシャフハウゼンが新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションを祝うガラパーティーを開催しました。 Read Article

IWC Pre Sale Da Vinci 2017
新作「ダ・ヴィンチ」ウォッチの
特別先行予約販売

IWCシャフハウゼンは、今回初めて、「ダ・ヴィンチ」コレクションの新作から厳選されたモデルを特別に先行予約販売いたします。 Read Article

IWC DA VINCI TOURBILLON RÉTROGRADE CHRONOGRAPH IW393101
クロノグラフと
トゥールビヨンの出会い

その名が示す通り、「ダ・ヴィンチ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフ」には、伝統のトゥールビヨンを、クロノグラフ、レトログラード式日付表示と一つの文字盤上にて統合するという新機構が搭載されています。 Read Article

IWC DA VINCI CHRONOGRAPH  EDITION “LAUREUS SPORT FOR GOOD FOUNDATION”  IW393402
少年の大きな夢

「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」は、新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションの中でもハイライトを飾るモデルです。 Read Article