IWCシャフハウゼンが次世代の映画制作者に注目

日付2014-04-18T09:16:08

共有:

ニューヨーク/シャフハウゼン、2014年4月18日 – ニューヨークで開催されたトライベッカ映画祭®にて、IWCシャフハウゼンは、才能ある若い映画制作者を支援する方針を2年連続で表明しました。高級時計マニュファクチュールであるIWCは、この映画祭の一環として「For  the  Love  of  Cinema」をテーマとする特別ディナーを主催しました。スイスに本社を置くIWCは、映画制作の世界に対する情熱の証として、IWCフィルムメーカー・アワードを授与しています。この日、同賞の受賞者が発表され、集まった約100名の著名なゲストから盛大な拍手を送られました。そして、グラミー賞を受賞した歌手のエステルによるプライベートコンサートがこの華麗な夜を輝かしく彩りました。

グリジッジ・ヴィレッジを見下ろすUrban  Zenのスタイリッシュなロフトにて、IWCシャフハウゼンは著名人を多数招待し、「For  the  Love  of  Cinema」と題した特別ディナーを主催しました。このイベントには、トライベッカ映画祭の共同創立者の一人であるロバート・デ・ニーロをはじめ、俳優のパトリック・スチュワート、ウーピー・ゴールドバーグ、スーザン・サランドン、ヘザー・グラハム、デーヴ・パテール、ジェームズ・マースデン、アーミー・ハマー、NBA選手のカーメロ・アンソニー、モデルのカロリナ・クルコヴァなど、錚々たるゲストが参加しました。この特別ディナーでの最初のハイライトとして、ジェイ・ドッケンドルフ氏にIWCフィルムメーカー・アワードが授与されました。ドッケンドルフ氏の映画プロジェクト『Naz + Maalik』は、トライベッカ・フィルム・インスティテュートのエグゼクティブ・ディレクターであるベス・ジャンソン氏、トライベッカ映画祭のエグゼクティブ・バイスプレジデントを務めるポーラ・ワインスタイン氏、昨年のアワード受賞者であるジェフ・マルムバーグ氏、そしてIWCシャフハウゼンCEOのジョージ・カーンで構成される審査員団に強い感銘を与えました。『Naz + Maalik』は、ブルックリンの路上を徘徊する2人のムスリムのティーンエイジャーにまつわる物語です。ある暑い夏の日、自らの秘密めいた行動が原因で、彼らは思いがけず対テロ戦争の標的となってしまいます。「ジェイ・ドッケンドルフ氏は、観客の知性に語りかける術をよく心得ています。そして、プロフェッショナルなストーリーテリングの方法など、リアリティを芸術的に解釈する手腕に長けています」と、ジョージ・カーンは審査員団の見解を説明しました。「審査員全員が、人生の現実を映し出す繊細な感性に深い印象を受けました。彼が制作する映画をこれからも数多く鑑賞できることを楽しみにしています」

新進気鋭の映画制作者を奨励するという目標を掲げ、スイスの時計マニュファクチュールIWCは、数年前にIWCフィルムメーカー・アワードを設立しました。IWCは北京、チューリッヒ、ロンドン、ドバイの映画祭に対する支援の一環としてこの賞を授与しています。そして今、IWCはニューヨーク市で開催されるトライベッカ映画祭において、2度目のオフィシャル・フェスティバルタイム・パートナーを務めます。新人、そしてベテランの映画制作者の支援に取り組むトライベッカ・フィルム・インスティテュートは、奨励金およびプロとしての技能開発の提供に加え、才能のある新人映画制作者に対し、IWCフィルムメーカー・アワードに脚本を応募するよう呼びかけています。芸術性溢れる革新的なアプローチで審査員を魅了した数名が、最終候補に残りました。昨年、ドキュメンタリー映画『Teatro』でIWCフィルムメーカー・アワードを受賞したジェフ・マルムバーグ氏はこう語っています。「IWCフィルムメーカー・アワードを受賞したことで、第2作目の制作に欠かせない作業を続けることができました。この賞の受賞がなければ作品は完成しなかったでしょう。映画制作者が直面している問題の一つが、制作に膨大な時間がかかることです。IWCのアワードは、映画制作者が適切な方法で物語を伝えるために必要な時間を与えてくれます」

映画業界の将来に向けた重要な貢献

IWCのCEOであるジョージ・カーンは、ジェイ・ドッケンドルフ氏に映画制作資金となる25,000米ドルの支援金と、「パイロット・ウォッチ・スピットファイア・クロノグラフ“トライベッカ・フィルムフェスティバル  2014”」(Ref.IW387810)を贈りました。IWCは、トライベッカ映画祭とのパートナーシップを記念し、この特別なタイムピースを制作しました。わずか100本の限定生産となるこのモデルは、米国内のIWCブティックでのみ販売されます。このモデル以外に、世界で唯一つの「パイロット・ウォッチ・スピットファイア・クロノグラフ“トライベッカ・フィルムフェスティバル  2014”」(Ref.IW387811)18Kレッドゴールド製モデルが、アンティコルムのオークションに出品されました。IWCシャフハウゼンは100,000米ドルにのぼる売り上げから合計で55,000米ドルの収益を獲得し、CEOのジョージ・カーンがその全額をトライベッカ・フィルム・インスティテュートのエグゼクティブ・ディレクターであるベス・ジャンソン氏に手渡しました。「IWCの多大なるご支援により、将来有望な2人の映画制作者に、各自が満足のいくプロジェクトを完成させることができるよう、制作資金ならびに有意義な専門技能開発の機会を提供することができました」と、ジャンソン氏は述べました。「メディアアーティストの創作活動を奨励するという私たちの取り組みに共感し、支援してくださるIWCに感謝いたします。こうして育成された才能が、それぞれが所属するコミュニティ、そして世界中で変化を促すきっかけを作り出すことでしょう」

さらに、IWCのCEOであるジョージ・カーンが「映画制作者は私たちに物語を伝え、伝記に命を吹き込み、別の世界に関する知識を与えてくれます」と話しました。「私たちの目標は、こうしたインスピレーションの源を後押しできるよう、いきいきとしたアイデアを持つ新進気鋭の制作者が自分たちのプロジェクトを実現し、世界中の観客と繋がれるチャンスを提供することです。技術と創造性は映画制作の中で大きな役割を果たしており、その両方が、腕時計のデザインと製造においても等しく重要な要素となっています。しかし、革新、完璧な技術、そして独創性がしっかりと調和なければ、傑作は生まれません。スクリーンの上でも高級時計製造業界の中でも、それは同じです」

IWCフィルムメーカー・アワードの授与式に続き、この夜の2つ目の大きなイベントとして、イギリス人ラッパーでありシンガーソングライダーでもあるエステルのプライベートコンサートが開かれ、感動的なパフォーマンスで彼女の個性が輝かしく発揮されました。グラミー賞とワールドミュージックアワードの受賞歴を持つエステルは、「American  Boy」、「1980」、「Free」などの力強いヒット曲で有名になりました。

IWC Presents a Star Worthy Special Edition

パイロット・ウォッチ・スピットファイア・クロノグラフ
“トライベッカ・フィルムフェスティバル 2014”

Further Information

IWC North America
Erica Kim
Manager Public Relations
Tel. +1 212 303 5066
E-mail erica.kim@richemont.com

IWC Schaffhausen
IWC Schaffhausen Public Relations
E-mail press-iwc@iwc.com

Tribeca Film Festival
Tammie Rosen
VP of Communications
Tel. +1 212 941 2003
E-mail trosen@tribecafilmfestival.org

その他の記事
IWC Gala SIHH 2017
来て、見て、感じるダ・ヴィンチ

国際高級時計見本市(SIHH)において、IWCシャフハウゼンが新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションを祝うガラパーティーを開催しました。 Read Article

IWC Pre Sale Da Vinci 2017
新作「ダ・ヴィンチ」ウォッチの
特別先行予約販売

IWCシャフハウゼンは、今回初めて、「ダ・ヴィンチ」コレクションの新作から厳選されたモデルを特別に先行予約販売いたします。 Read Article

IWC DA VINCI TOURBILLON RÉTROGRADE CHRONOGRAPH IW393101
クロノグラフと
トゥールビヨンの出会い

その名が示す通り、「ダ・ヴィンチ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフ」には、伝統のトゥールビヨンを、クロノグラフ、レトログラード式日付表示と一つの文字盤上にて統合するという新機構が搭載されています。 Read Article

IWC DA VINCI CHRONOGRAPH  EDITION “LAUREUS SPORT FOR GOOD FOUNDATION”  IW393402
少年の大きな夢

「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」は、新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションの中でもハイライトを飾るモデルです。 Read Article