IWCシャフハウゼン「ポルトギーゼ」
誕生75周年を祝して

日付2015-01-20T08:00:00

共有:

ジュネーブ、2015年1月20日 – 伝説的なタイムピース「ポルトギーゼ」シリーズの誕生75周年を記念して、IWCシャフハウゼンは世界各国から集まった約800人のゲストと共に、国際高級時計見本市(SIHH)にて祝賀会を開催しました。この祝賀イベントの夜には、多数のゲストの他、映画界より有名なエミリー・ブラント、クリストフ・ヴァルツ、周迅、映画プロデューサー兼脚本家のマーク・フォースター、モーリッツ・ブライプトロイ、スポーツ界からルイス・ハミルトン、ニコ・ロズベルグやルイス・フィーゴ、そしてアドリアナ・リマとカロリナ・クルコヴァの二人のスーパーモデル、ミュージシャンのアロー・ブラック、ローナン・キーティング、ミック・ハックネルらブランドアンバサダーが出席しました。催しはマルコ・テンペストのハイテク・アニメーションによって聴衆を宇宙の無限大へと誘い、ハックネルらによる音楽がゲストの夜を盛り上げました。

「星への旅」をテーマとしたこの一夜は、時間測定に隠された秘密、そしてIWCシャフハウゼンにおいて最も権威ある時計「ポルトギーゼ」シリーズの緻密なメカニズムに捧げられました。75年間、「ポルトギーゼ」ラインは精密かつ緻密な時計製造技術を究めてきました。「他のどのファミリーラインよりも多くの高級時計製作の傑作なる技術が結集されています」と、IWCシャフハウゼンのCEOジョージ・カーンは述べています。「洗練された複雑機構を備えるタイムピース「ポルトギーゼ」は、まさしく我々の長年の自社製造技術の歴史を体現した腕時計です。75周年を迎えた真のアイコン的存在である「ポルトギーゼ」を、ともに祝いましょう。」

多くの星が輝く夜、「シンプリー・レッド」のフロントマンとともに 

マルチメディア・マジシャンであるマルコ•テンペストは、マジックとコンピューターグラフィックスを融合した、空想的なハイテクパフォーマンスショー「星への旅」を上演し、無限に広がる宇宙を演出しました。この祝賀の一夜は、モーリッツ・ブライプトロイのナレーションで進行されました。「時間というものは存在しない、哲学者はこれまで幾度もそう繰り返してきました。時間とは、現在が過去へと変わっていく時に感じる心の動きでしかない。単なる幻想にすぎない、私たちの想像物にすぎないと考えていたためです。しかしながら、現実性と実用性に重点置く人々は、時間を目に見えるように、時間を手に入れてその軌跡を最高の精度で描けるように、永久にとどまることのない不撓不屈の精神で仕事に取り掛かりました」とドイツ人俳優モーリッツ・ブライプトロイがステージで語りました。

引き続きこの祝典には、北京五輪開会式の演奏でその名を広く世界に知られることとなった、中国北京打楽器楽団「レッド・ポピー・パーカッション楽団」が遥々中国から駆けつけました。黒子衣装をまとってセグウェイに乗る「時の執行人」によりアリーナに呼び寄せられた演者は、力強く太鼓を打ち鳴らす時計の鼓動の表現からパフォーマンスを始めました。星屑とストロボがきらめく中では、日本のエンターテイメントユニット「Enra(エンラ)」により、カンフーやクラシックバレエにて鍛えられた身体表現が映し出される映像にシンクロし、時計製造における完璧なクラフトマンシップを想像させる舞台芸術を披露しました。この夜のハイライトは、「シンプリーレッド」のボーカリストであるミック・ハックネルが彼のバンドとともに1991年に生み出した世界的ヒット曲「サムシング・ガット・ミー・スターテッド」などを歌い、客席を総立ちにさせた時に迎えました。二度のアカデミー賞受賞者であるクリストフ・ヴァルツは「IWCのゲストとして星空の一夜をともにできることを大変光栄に思います。IWCのすばらしいイベントを再び経験でき、「ポルトギーゼ」の75周年記念祝賀会に出席できることを嬉しく思います」と語りました。その後、この祝賀イベントの一夜は、国際的なパーティーシーンから一転し、最新ヒット曲を選りすぐったサントロペ出身のDJジャック・Eのパフォーマンスにより会場は熱気に包まれ大きな盛り上がりをみせました。

3Dで魅せるオート・オルロジュリー

この祝賀イベントに先駆け、SIHH会場のIWCブースにて、ブランドアンバサダーやゲストらにはIWCのCEOジョージ・カーンによってIWCシャフハウゼンの時計製造やその革新技術について紹介がなされました。ブースの様子は前年のコンセプトから大きく変化を遂げています。ひと際大きな3Dで表現された最新のポルトギーゼウォッチが、強い存在感で一瞬に皆の目を奪います。投影される様々なムーブメント、文字盤およびケース色が時計の「顔」を際限なく見せ続け、インターネットへの接続で実時間も刻みます。ジョージ・カーンは、自らブランドアンバサダーらに、記念モデル「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・デジタル・デイト/マンス “75th アニバーサリー”」(Ref.3972)モデルを始めとする新作コレクションの説明を行いました。最も注目を集めたのは新開発の「アニュアル・カレンダー」(Ref.5035)機能を搭載するモデルです。月、日付、曜日が別々に、12時位置に設けられた半円型の窓に表示されます。また、1930年代後半から1940年代初めに構築されたデザイン性を持つ「ポルトギーゼ・ハンドワインド・エイトデイズ “75th アニバーサリー”」(Ref.5102)も高い関心を集め、この素晴らしいウォッチ・ファミリーに相応しい高評をいただきました。

IWC ポルトギーゼ

 

Further Information

Clemens von Walzel
Department Manager Public Relations
Tel. +41 (0)52 635 69 29
E-mail press-iwc@iwc.com

その他の記事
IWC Gala SIHH 2017
来て、見て、感じるダ・ヴィンチ

国際高級時計見本市(SIHH)において、IWCシャフハウゼンが新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションを祝うガラパーティーを開催しました。 Read Article

IWC Pre Sale Da Vinci 2017
新作「ダ・ヴィンチ」ウォッチの
特別先行予約販売

IWCシャフハウゼンは、今回初めて、「ダ・ヴィンチ」コレクションの新作から厳選されたモデルを特別に先行予約販売いたします。 Read Article

IWC DA VINCI TOURBILLON RÉTROGRADE CHRONOGRAPH IW393101
クロノグラフと
トゥールビヨンの出会い

その名が示す通り、「ダ・ヴィンチ・トゥールビヨン・レトログラード・クロノグラフ」には、伝統のトゥールビヨンを、クロノグラフ、レトログラード式日付表示と一つの文字盤上にて統合するという新機構が搭載されています。 Read Article

IWC DA VINCI CHRONOGRAPH  EDITION “LAUREUS SPORT FOR GOOD FOUNDATION”  IW393402
少年の大きな夢

「ダ・ヴィンチ・クロノグラフ “ローレウス・スポーツ・フォー・グッド”」は、新しい「ダ・ヴィンチ」コレクションの中でもハイライトを飾るモデルです。 Read Article