header.skiplinktext header.skiplinkmenu

IWCシャフハウゼン

国や地域を選択して、お住まいの場所でご利用いただけるコンテンツやオンラインショップをご覧ください。

場所を選択
    • 地域: jp JP
    • Menu
    地域を変更する
    地域を検索
    選択された国
    結果
    すべてのロケーション
    すべてのロケーション
    • ANDORRA / €
    • AUSTRALIA / AUD
    • AUSTRIA / €
    • BELGIUM / €
    • BRAZIL / R$
    • CANADA / CAD
    • CHINA / CN¥
    • CROATIA / €
    • CYPRUS  / €
    • CZECH REPUBLIC / €
    • DENMARK / kr
    • ESTONIA / €
    • FINLAND / €
    • FRANCE / €
    • GERMANY / €
    • GREECE / €
    • HONG KONG SAR, CHINA / hk$
    • HUNGARY / €
    • ICELAND / KR
    • IRELAND / €
    • ITALY / €
    • JAPAN / ¥
    • KOREA / KRW
    • LATVIA / €
    • LITHUANIA / €
    • LUXEMBOURG / €
    • MACAU SAR, CHINA / MOP
    • MALAYSIA / MYR
    • MEXICO / Mex$
    • NETHERLANDS / €
    • NORWAY / NOK
    • POLAND / €
    • PORTUGAL / €
    • REST OF THE WORLD
    • ROMANIA / €
    • RUSSIA  / ₽
    • SINGAPORE / SGD
    • SLOVAKIA / €
    • SLOVENIA / €
    • SPAIN / €
    • SWEDEN / kr
    • SWITZERLAND / CHF
    • TAIWAN, CHINA / NT$
    • THAILAND / THB
    • TURKEY / TRY
    • UAE / AED
    • UNITED KINGDOM / £
    • UKRAINE  / UAH
    • USA / $
    • INDONESIA / Rp
    • PHILIPPINES / ₱
    iwc-ppc-language-
    ショッピングバッグ
    IWC に登録

    IWCシャフハウゼン

    IWCシャフハウゼン

     

     

    ブーム・スーパーソニック

     

    IWCシャフハウゼンとブーム・スーパーソニックは新たなパートナーシップを結びました。IWCとブーム社とのパートナーシップは、両社に固有の3つの主要な柱に基づいています。すなわち、「時間」との特別な関係、優れたエンジニアリングの追求、サプライチェーン全体に持続可能性を組み込む努力です。

     

     


    2014年に米国コロラド州デンバーで設立されたブーム・スー パーソニック社は、持続可能な超音速飛行によって民間による空の旅を刷新することを目指しています。現在同社は超音速旅客機オーバーチュアを開発中です。ネットゼロカーボンで、100%持続可能な航空燃料(SAF)を使用し、現在最速のジェット旅客機の 2倍の速度で飛行することができます。ブーム社のオーバーチュ アは、2025 年にロールアウトし、2026 年に飛行を開始し、 2029年までに乗客を運ぶことを予定しています。

     

    IWCとブーム社のパートナーシップは、両社に共通する3つの重要な柱、すなわち「時間」「技術」「持続可能性」に基づいています。まず、両社とも「時間」との特別な関係をもっています。IWCは時間を計測するための精密機器を製造して来たのに対し、ブーム社の使命は、新しい時代の超音速の空の旅の到来を告げることで、世界へのアクセスの可能性を劇的に高めることです。ロンドンからニューヨークまで、従来の6時間30分ではなく、まもなく3時間30分で移動できるようになれば、時間の概念や 時の進み具合が根本的に変化することでしょう。第二に、IWCとブームの両社はエンジニアリングの頂点に位置し、技術的に可能な限界を押し広げています。両社とも、最先端材料の分野でも独自のノウハウを蓄積しています。最後に、両社とも、バリューチェーン全体に持続可能性を組 み込むことを最優先課題の一つとしています。ブーム・スー パーソニックのオーバーチュアは、初のネットゼロカーボンの長距離民間航空機メー カーとなることが期待されています。たとえばオーバーチュアは、燃料効率に優れた設計を備え、100%持続可能な航空燃料(SAF)を使用できるでしょう。IWCの機械式時計は、何世代にもわたって使用できる ように設計されているという点で、本質的に持続可能性を備えています。しかし、それらは責任を持って製造されなければなりません。時計業界の持続可能性を担うリーダー的存在として、IWCは自社製品の設計、製造、流通、修理の各要素を一貫して改善しています。IWCもブーム社も、サプライチェーン全体を通して持続可能な製造の実践に尽力しています。



    その他の記事