IWCシャフハウゼン

メインコンテンツに移動する
地域: jp JP
  • メニュー
header.menu.profile.text

お問い合わせ

  • お問い合わせ
    月曜日~金曜日:午前11時~午後7時
    0120-05-1868
  • メールでのお問い合わせ
    1営業日以内にご返信いたします。
    メールを送信する
  • ご来店

    最寄りのIWCブティック、またはIWCのサービスセンターにお越しいただければ、スタッフがご対応させていただきます。

    ブティック検索
  • ご来店予約

    最寄りのブティックへのご来店を予約する

    ご来店予約
  • フィードバック

    貴重なご意見をお聞かせください こちらからご送付いただけます。

地域を変更する

閉じる
地域を検索
選択された国
結果
すべてのロケーション
すべてのロケーション
iwc-ppc-language-

ショッピングバッグ

閉じる

IWC に登録

閉じる

IWCシャフハウゼン

インヂュニア・オートマティック 40 FORM UND TECHNIK インヂュニア・オートマティック 40
FORM UND TECHNIK

Ingenieur Automatic 40 Titanium Dial

未来を見据えて

未来を見据えて


1970年代にジェラルド・ジェンタが手がけたアイコニックな「インヂュニアSL」の大胆な美的要素に、卓越した人間工学、上質な仕上げ、優れた汎用性が融合。ケースと一体化したブレスレットを備える、21世紀のスポーツウォッチ。新しい「インヂュニア・オートマティック 40」の登場です。

詳細を見る

フォルム フォルム
リューズプロテクター リューズプロテクター


「インヂュニア・オートマティック 40」には、新開発のリューズプロテクターが採用されています。このプロテクターがリューズを保護し、あらゆる衝撃や誤った操作を防ぎます。同時に、印象的なデザインディテールが本格的なスポーツウォッチとしての魅力を際立たせ、ケースのデザインコードと完璧に調和します。

Ingenieur Automatic 40 Mechanics
Ingenieur Automatic 40 Mechanics

技術 技術
軽量かつ圧倒的な耐久性 軽量かつ圧倒的な耐久性


「インヂュニア・オートマティック 40」に使われているグレード5チタンは、スティールより約45%軽く、丈夫で肌に優しい素材です。一方で、チタンは機械加工が極めて難しい金属でもあります。ケースとブレスレットの制作、そして全部品の仕上げには、卓越したエンジニアリング技術の証として、さまざまな表面仕上げのテクニックが駆使されています。

ジェラルド・ジェンタ ジェラルド・ジェンタ
デザインの天才 デザインの天才


1931年5月1日にジュネーブで生まれたジェラルド・ジェンタは、金細工師として見習いを終えた後、時計デザイナーとしてキャリアを開始。それまでは存在しなかった職業を確立しました。ジェンタがデザインした伝説的なスティール製高級スポーツウォッチは、ケースと一体化したブレスレットを持ち、1970年代のスイス時計業界では未知であった製品カテゴリーを打ち立てました。

Genta
CAMPAIGN PLACEHOLDER

インヂュニアSL

IインヂュニアSL


IWCがジェラルド・ジェンタに「インヂュニア」のデザインを依頼したのは、1970年代のこと。1976年に、ジェンタによる「インヂュニアSL」(Ref.1832)が発表されました。5つの穴でビス留めされたベゼル、特別な構造の文字盤、ケースと一体化したH型リンクのブレスレットなどの特徴的な美的要素は、今日にいたるまでIWC「インヂュニア」の歴史に刻み込まれています。

インヂュニア・オートマティック 40

インヂュニア・オートマティック 40

 

• チタン製ケース
• チタン製ブレスレット
• グレーの文字盤
• ケースと一体化したH型リンクのブレスレット
• IWC自社製キャリバー32111
• 磁場の影響からムーブメントを保護する軟鉄製インナーケース
• 10気圧防水

TITANIUM DIAL

 

 

これまでに経験したことのないIWC

拡張現実(AR)を使って時計を試着する。新しいコレクションを見る。ポッドキャストを聴く。舞台裏を覗く。ゲームを楽しむ。IWCのアプリをダウンロードしていただくと、そのすべてが可能です。App StoreGoogle PlayHuawei AppGalleryからダウンロードできます。

詳細を見る

app

IWCシャフハウゼン