映画と高級時計製造の世界には数多くの共通点があります。どちらも長い伝統を礎としながらもパイオニア精神を大いに発揮し、専門的な技術と知識を駆使して次々に新しい傑作を創り出しています。

 

ニューヨーク、北京、チューリヒ、ロンドン、ドバイと、世界各地で開催される国際映画祭への支援を通して映画制作に対する情熱を表明する IWC は、時計製造と映画製作、2つの世界の間には強い絆があると信じています。

 

こういった取り組みの他に、IWC は長年にわたってエンターテインメント業界を代表する人々と親密な関係を持ち続けています。その中には、ケイト・ブランシェットやサー・パトリック・スチュワート、ロザムンド・パイク、デーヴ・パテール、周迅(ジョウ・シュン)、ジェームズ・マースデンといった有名俳優に加え、映画監督のマーク・フォスターなどが名を連ねています。

IWC の時計は、映画や米国のテレビシリーズに幾度となく登場しています。具体的な例を挙げると、金融サスペンスの名作『ウォール街』、世界的な大ヒット作『オーシャンズ13』、アクションコメディ『RED/レッド』、スリリングなスパイアクション『ボーン・レガシー』などの映画で、主人公たちが IWCシャフハウゼンの時計を身に着けていました。また、『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』、『プライベート・プラクティス』、『グッド・ワイフ 彼女の評決』といった米国テレビシリーズの主演俳優たちも IWC のタイムピースを愛用しています。

 

前途有望な映画制作者の知名度を向上しようと、IWC は数年前に IWCフィルムメーカー・アワードを設立しました。あらゆるジャンルを対象とするこの賞は、単なる映画制作という枠を超えた作品の作り手に授与され、そのビジョンを奨励することを目的としています。ディテールへのこだわりと、既存の概念にとらわれない独創的な方法でメディアを巧みに操る表現者たちが創造する作品は、聴衆に忘れられない感覚的体験を提供します。IWC は、映画祭への支援の一環としてこのアワードを授与しています。


BFI ロンドン映画祭

ロンドン(10月)

 

英国映画協会(BFI)は文化的でクリエイティブな活動を促進する業界屈指の機関であり、BFI ナショナル・アーカイブや BFI ルーベン・ライブラリーの運営、BFI サウスバンクや BFI  IMAX への映画の配給、その上映と教育、さらには出版や映画祭といった活動を統括しています。BFI は、ロイヤル・チャーターが運営する慈善団体です。

 

1933年に創立され、英国の映画界を牽引する存在として、創造性、戦略、資金提供に関して業界および主要人物との多岐にわたる関係を維持し、教育、観客、映画制作、映画遺産への投資を促進しています。

 

現在は BFI のパートナーであり、2014年、2015年、2016年, 2017年 2018年にはアメリカン・エキスプレスと協力して BFI ロンドン映画祭のパートナーも務めました。

 

 


チューリッヒ映画祭

チューリッヒ(9月)

 

チューリッヒ映画祭の目的は、世界各国の前途有望な映画制作者を観客に紹介し、一流の映画関係者、クリエイティブな才能を持つ人々、そして観衆との意見交換を促進することです。新進気鋭の映画監督たちにとっては、全ドイツ語圏の観客に向けて自分たちの作品を披露できる絶好のチャンスとなります。この映画祭には、新旧の映画制作者のほか、映画の取引業者やメディア関係者、そして業界のリーダーなど、世界中から多数の人々が参加します。

 

チューリッヒ映画祭は 2005年10月に始まり、その後、非常に短期間で国内外の映画業界において確固たる評価を確立し、現在も急速な成長を続けています。2014年には、約 7万9,000人の観客と 500人を超える認定ジャーナリストの来場が記録されています。

 

2014年、IWC はチューリッヒ映画祭のパートナーとして初めて共同事業に参加し、同映画祭の 10周年を祝いました。


トロント国際映画祭

トロント - 9月

 

2017年、IWCとトロント国際映画祭®(TIFF) は、映画をこよなく愛する人たちのためにカナダを初めとして世界各国の最高の映画を紹介するというTIFFの継続的なミッションをより強固なものとするための新しいパートナーシップを発表しました。IWCは、30ヵ国を超える16の言語の59本の短編映画が対象となった2017年のTIFFの最優秀短編映画賞(Short Cuts Award for Best Short Film)のスポンサーを務めています。

 

40年前にスタートしたトロント国際映画祭は、世界で最も重要な映画人が出席する映画祭の1つへと成長を遂げ、1年を通して様々なプログラムが実施されています。

 

® トロント国際映画祭の許諾を得て使用

その他の記事