シンプルを極め、輝く

丸型のケースと、フォルムが独特のラグが際立つ「ダ・ヴィンチ・オートマティック」には、1980年代の「ダ・ヴィンチ」モデルの象徴的なデザインが受け継がれています。男性にも女性にも魅力的なエレガントなタイムピースは、スレートカラーの文字盤にステンレスティール製ブレスレットを合わせたモデルと、シルバーメッキの文字盤にブラックのアリゲーター・ストラップを合わせたモデルの2種類で登場します。

直径40mmのケースで、シンプルな美しさが際立つクラシックな3針デザインを採用したダ・ヴィンチ・オートマティック(Ref.IW356601/IW356602)は、男性と女性のどちらをも魅了します。

可動のラグは、細めの手首でもしっくりくる付け心地を可能にし、特に女性にとっては魅力的なメカニズムです。IW356601ではピン・バックルが、IW356602では新開発のバタフライ・フォールディング・クラスプが、時計をしっかりと固定します。人目を引くアラビア数字とランセット型の針が、「6時」位置に日付表示を配した文字盤デザインに美しく映え、丸型ケースに合わせて丸みをもたせたリューズが、全体の印象にぴったりと調和しています。いずれのモデルも3気圧防水で、42時間のパワーリザーブを備えた、定評ある自動巻きキャリバー35111を搭載しています。

IW356602では、ステンレススティール製のケースにスレートカラーの文字盤と、ロジウムメッキの針とインデックスを組み合わせました。ステンレススティール製のブレスレットには、ポリッシュ仕上げが施されています。全体をステンレススティールで統一したこのモデルと対照をなすのがIW356601で、文字盤にはシルバーメッキを、時針と分針、そしてインデックスにはゴールドメッキを採用しました。ブルーの秒針が美しいカラーコントラストを奏で、人の手により丁寧に染められたブラックのサントーニ社製アリゲーター・ストラップがエレガンスな外観を完成しています。

「ダ・ヴィンチSLオートマティック」に捧げるオマージュ

ステンレススティール製ケース、手首に沿って動くラグ、二段式フレームのベゼルといった新しい「ダ・ヴィンチ・オートマティック」の特徴は、1990年代後半にラインナップされていた「ダ・ヴィンチSLオートマティック」(Ref.3528)のデザインを現代に新解釈したものです。SLコレクションが生まれたのは、1976年のことでした。生産数が非常に限られていたため、SLコレクションのモデルは今なお人気のコレクターズアイテムです。


詳細情報

IWC 広報部門

メールアドレス press-iwc@iwc.com


ダ・ヴィンチ・オートマティック

REF. IW356601

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • 自動巻き
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きセンターセコンド

ムーブメント

  • キャリバー:35111
  • 振動数:28,800回/時(4Hz)
  • 石数:25
  • パワーリザーブ:42時間
  • 巻上げ方式:自動巻き

時計

  • 素材:ステンレススティール製ケース、シルバーメッキの文字盤、サントーニ社製ブラックのアリゲーター・ストラップ、ステンレススティール製ピン・バックル
  • ガラス:両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 防水:3気圧
  • 直径:40mm
  • ケース厚さ:10mm

ダ・ヴィンチ・オートマティック

REF. IW356602

特徴

  • 機械式ムーブメント
  • 自動巻き
  • 日付表示
  • 秒針停止機能付きセンターセコンド

 

ムーブメント

  • キャリバー:35111
  • 振動数:28,800回/時(4Hz)
  • 石数:25
  • パワーリザーブ:42時間
  • 巻上げ方式:自動巻き

時計

  • 素材:ステンレススティール製ケース、スレートカラーの文字盤、ステンレススティール製ブレスレットとバタフライ・フォールディング・クラスプ
  • ガラス:両面反射防止加工を施したドーム型サファイアガラス
  • 防水:3気圧
  • 直径:40mm
  • ケース厚さ:10mm

その他の記事