キャリバー98000シリーズ

キャリバー98000シリーズ

IWCは、1930年代よりポケットウォッチのために設計されたキャリバー98を絶えず改良し続けています。大型の手巻き式腕時計に特に適していることから、「ポルトギーゼ」シリーズの歴史と強いつながりを持っています。ハイライトの一つには、1993年に発表された、テンプのための耐衝撃性を兼ね備えたキャリバー9828があります。2005年より使用されているキャリバー98290では、ゼンマイの長さを容易かつ正確に調整するための長い緩急針(「F. A. ジョーンズ・アロー」)と最新の耐衝撃性能を組み合わすことにより、伝統と先進的技術を融合しました。キャリバー98000シリーズのムーブメントは、ミニッツ・リピーターとトゥールビヨンを搭載するモデルでも採用されています。