トゥールビヨン停止機構

トゥールビヨン停止機構

トゥールビヨン停止機構によって、トゥールビヨンをいつでも停止することが可能になります。つまり、テンプがいかなる振動状態にあっても、ケージがどのような位置にあっても停止することが可能なのです。これまでIWCのトゥールビヨンでは、巻き上げの際に、時針と分針は停止できましたが、輪列はそのまま進行していました。しかしここではテンプ自体が停まり、全ての針を含む輪列全体がストップします。リューズを引っ張ると2本のレバーがテンワをペンチのように挟み込み、機構全体を停止します。