永久カレンダー

永久カレンダー

機械式にプログラムされた永久カレンダーは至高の時計製造を体現しています。IWCシャフハウゼンの永久カレンダーは1980年代初頭に天才的な時計師クルト・クラウスによって設計され、それ以来継続的に開発が重ねられています。87個のパーツから構成されるこのカレンダーは、577年先までの日付、曜日、月、4桁の西暦表示、そしてさらに通常の閏年までをも正しく表示します。全カレンダー表示はリューズで簡単に調整することができます。一部のモデルには交換用のセンチュリースライドが付属しており、それを使うことによって、時計は2499年までの正しい日付を表示することが出来ます。永久ムーンフェイズ表示やデジタル日付表示をはじめ他のコンプリケーションも永久カレンダーを基盤として機能します。