トゥールビヨン

トゥールビヨン

トゥールビヨンの本来の役目は懐中時計の重心誤差を補正することにありましたが、現在では審美的な効果が第一の目的となっています。トゥールビヨンでは、テンプ、アンクル、ガンギ車が、1分周期で自転する非常に小さなケージに収まっています。この機構の開発は想像を絶する挑戦でしたが、ついに82個のパーツからなる、重量0.5グラム弱という精緻な芸術作品が生まれました。そうした芸術作品の作成を任されるのは経験のある時計師だけであり、彼らが単独で最終工程までの責任を担います。