2016年4月25日

アドリアナ・リマ

自分らしくあれ

アドリアナ・リマ

自分らしくあれ

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、モデルでIWCシャフハウゼンのブランドアンバサダーを務めるアドリアナ・リマへのインタビューをお届けします。


バイオグラフィー

アドリアナ・リマは、世界で最も魅力的で、世界屈指の収入を誇るモデルの1人です。ヴィクトリアズ・シークレットの「ヘッド・エンジェル」として、また有名コスメブランドの顔として一躍有名になりました。彼女の自然体で人を惹きつけてやまない魅力は、ブラジリアン・ビューティーとして数多くの人々を魅了してきました。16歳のとき、モデルの大会で初めて優勝し、1997年にはアメリカ版『ヴォーグ』誌で表紙を飾りました。その後1999年からは、ヴィクトリアズ・シークレットのランジェリーの広告塔としてカメラの前やランウェイにも立っています。また、アドリアナ・リマは、その自然な優雅さと情熱でIWCシャフハウゼンのアンバサダーを務めています。IWCウォッチで特に気に入っているのは、1人1人の様々な個性を発揮させてくれる点だと話しています。