2017年1月4日

ユマ・サーマン

演技することの喜び

ユマ・サーマン

ユマ・サーマン

#IWCTalksToシリーズでは引き続き、女優ユマ・サーマンへのインタビューをお届けします。


バイオグラフィー

米国人女優であるユマ・サーマンは、演技の才能が見出される前はモデルとして活躍していました。『ヘンリー&ジューン/私が愛した男と女』のジューン・ミラー役で注目を集めたのち、1994年、クエンティン・タランティーノ監督の『パルプ・フィクション』にて自己破壊的なマフィアの愛人、ミア・ウォレスを演じてアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされ、世界的に名を馳せました。2003年にはテレビドラマ『ユマ・サーマンの運命の人を探して』においてゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞。さらに『ガタカ』では優美な存在感を示し、クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル』では報復の天使を演じて脚光を浴びました。